関西ファミリーフィッシングの雑記帳

楽しく釣って美味しく食べる みんなで楽しむ関西の釣り情報

釣った小アジの食べ方 ーサビキで釣れたアジのおすすめレシピー

アジフライ

ファミリーフィッシングといえばサビキ釣り。これには異論ないでしょう。

サビキ釣りは小さな青魚を中心に色々な魚を釣ることができて楽しい釣りです。そんな多種多様な魚が釣れるサビキ釣りですが、皆さん主に何を狙っているかというとやはりアジではないでしょうか。

なぜアジが人気かというと「美味しいから」。これに尽きると思います。イワシやサバも時期やサイズや調理方法によっては美味しく食べられることに間違いはありません。でもアジ、とりわけマアジの味は頭一つ(?)抜きん出ています。しかもサイズや時期によってそれほど美味しさに差が出ない安定感もあります。

それゆえアジはレシピも豊富。ありとあらゆる調理方法を受け入れて美味しく食べることが出来ます。それゆえ万能食材ともいえるアジですが、これが定番という食べ方を紹介します。

サビキでよく釣れるアジは2種類いる

釣具屋の釣果情報などで「アジ」という名前を見かけることがあると思います。でも実はアジには種類がいくつもあって、大阪湾で釣れるアジは主に2種類。

一種類はマアジ、もう一種はマルアジです。どちらもたいへん良く似た外観ですが、正確に見分ける方法があります。詳しくはこの記事をご覧ください。

釣れる時期で味が変わりますが、どちらかというとマアジのほうが美味しいことが多い。でも豆アジを丸揚げや南蛮漬けにするならマアジもマルアジも大差ないかなと思います。

小アジの基本的な下処理

小アジの上手な持ち帰り方

小アジを始めとした小魚はキンキンに冷えた海水で氷締めして持ち帰るのが定番です。こちらの記事で具体的な方法を解説しております。 

自分で釣ったアジは内臓を取るべき

10センチ未満で豆アジと呼ばれるサイズのアジだと、内臓の処理などせずそのまま丸揚げにして食べるという方もいます。でも私はどんなに小さいサイズでもエラと内臓は取り除きます。

サビキ釣りだとアミエビをジャンジャン撒くわけで、それを食べたアジを食べるということは間接的にアミエビを食べるのと同じわけで…。そこに抵抗があるんで個人的に内臓の処理は必須。

どう調理するかによって下処理の手順が変わることもありますが、基本的な下処理をみていきましょう。

以下は10センチから15センチ程度の、いわゆる小アジを処理する場合の手順となります。秋ぐらいによく釣れるサイズですね。10センチ未満の豆アジならもっと簡単な方法があるので後ほど紹介します。

【下処理1】頭を落とす

処理をする前に水道水で表面のヌメリを洗ってください。臭みの除去と食中毒の予防に役立ちます。 

もし刺し身や煮つけ的な料理にするのならここで軽くウロコを取りましょう。油で揚げるのならそのままで問題ないです。

次に包丁を入れていきましょう。

エラの上部にある黒い斑点の下あたりに中骨があるので、それをギリギリに断ち切るイメージで包丁のアゴ(刃の根元部分)を斑点に置いてアジの身の上半分を切ります。

f:id:digic:20170808094840j:plain

【下処理2】頭と内臓を取り除く

次に頭を下方向に引っ張ります。すると胸ビレ、エラ、内臓を一気に取り除くことができます。 

f:id:digic:20170808094904j:plain

【下処理3】水で流しながらお腹を掃除する

 この段階ではお腹の中に一部の内臓と黒い腹膜が残っているので、水道など流水にさらしながらお腹の中をゴシゴシこすって掃除します。歯ブラシを使うと便利です。

f:id:digic:20170808094918j:plain

基本はこれで完了です。

10センチ程度のアジを油で揚げて食べるなら中骨もゼイゴもそれほど気にならないと思いますが、気になるようなら三枚におろしたり、ゼイゴを削ぎとるなどしてください。

豆アジの処理ならもっと簡単

豆アジなら包丁を使わずに内臓とエラをとることが可能です。 南蛮漬け用に豆アジを処理するときに有用。

エラぶたを開いて、いわゆる「カマ」の部分とエラを指でつまんでください。そしてそれをつまんだまま斜め下方向へゆっくり引っ張ると…

f:id:digic:20170808094941j:plain

上手くいくとエラとカマと内臓のほとんどを一気に取り除くことができ、下の写真のような状態にすることができます。

f:id:digic:20170808094955j:plain

開いたお腹の部分には多少内臓が残っているので流水で洗っておきましょう。頭はつけたまま丸揚げ。サクサクで美味いです。

実はこの処理方法、ついさっき釣ったばかりという超新鮮な状態だとなかなか上手くいきません。皮や内臓がしっかりし過ぎていて引っ張っても途中で切れると思います。夕まずめに釣ったアジなら翌日処理するなど、半日程度おいておくと適度に皮や内臓が柔らかくなって処理しやすいはずです。

続いて基本的な食べ方を見ていきましょう。

豆アジを「丸揚げ」にして頭から食べる 

丸揚げは10センチ以下ぐらいの「豆アジ」サイズにぴったりの食べ方です。

f:id:digic:20170808095011j:plain

下処理したアジに片栗粉をまぶして油で揚げるだけ。中はホクホク外はサクサク。味付けは揚がったあとに塩コショウやレモンをかけるだけでOK!ビールのお供に最高です!揚げることで頭やゼイゴや骨もサクサクになるので、子どもウケも大変いい調理方法です。 

アジの丸揚げのレシピ

  1. 下処理をして内臓とエラを取る(頭とゼイゴはとらなくていい)
  2. 軽く水気をとる
  3. 片栗粉を入れたビニール袋にアジを入れて軽くふる→片栗粉がいい感じにまぶされる
  4. キツネ色になるまで油で揚げる
  5. 揚げたてに塩コショウなどを振って味を調整する
  6. 美味い!

余った丸揚げは三杯酢に漬けて「南蛮漬け」に

豆アジは一度に100匹以上釣れることも珍しくはありません。丸揚げにしてもぜんぶ食べきれないと思います。

そんなときは丸揚げにしたアジを南蛮漬けにしちゃいましょう。豆アジ料理における定番中の定番です。

f:id:digic:20170808095028j:plain

酢の作用でゼイゴや中骨はさらに柔らかくなります。食欲の出にくい梅雨や暑い夏の時期もサッパリと食べられるメニュー。玉ねぎやにんじんなどの根菜や緑黄色野菜との相性もいいです。

豆アジの南蛮漬けのレシピ

  1. 酢、みりん、醤油を混ぜて三杯酢を作る→比率はお好みだが私は酢3、みりん2、醤油1が好き
  2. 玉ねぎやにんじんなどお好みの野菜を細切りにして三杯酢に漬ける
  3. 下処理したアジを丸揚げする
  4. 揚げたてのアジを三杯酢にジュワッっと漬ける
  5. 一晩ほどおいておくと味が馴染んで骨やゼイゴも柔らかくなる
  6. 美味い!

サクサクふわふわ「アジフライ」

実際のところ、6月~7月ぐらいに釣れる10センチ以下の豆アジは丸揚げと南蛮漬けぐらいしか料理方法がなかったりします。

でも日に日にサイズが増し、秋には15センチ程度の「小アジ」と呼べる成長しているはず。そしたらバリエーションが広がります。

それぐらいのサイズならば、これもアジ料理の定番中の定番、アジフライにして楽しめます。

f:id:digic:20170808095119j:plain

ゼイゴをとったり開いたりと、ちょっと処理が面倒ではありますが、文句なしに美味い。タルタルソースをつけて食べると最高!

余ったらパンに挟んで朝食に。

アジフライのレシピ

  1. 下処理したアジを開く→腹開き背開きはお好みだが私は腹開き派
  2. ゼイゴをすきとる
  3. 開いたアジの中骨と腹骨をすきとる
  4. 小麦粉、卵、パン粉を順につけて衣をつける
  5. キツネ色になるまで油で揚げる
  6. タルタルソースなどをつけて食べる
  7. 美味い!

10センチを越えてくると「刺し身」でも食べられる

サビキで釣れるような小魚って油で揚げるぐらいしか食べ方がないと思ってませんか?でも意外と刺し身にして食べると美味い魚もいるんです。その代表格がアジ。とりわけマアジ。

小アジの刺し身

マアジなら小さくともちゃんと刺し身が美味い。私はアジが10センチを超えてくると刺身で食べることを検討し始めます。ほんと美味いんだよこれが。ちゃんとアジなんだよこれが。

それを伝えるべく、小アジの刺身について記事を書いています。ぜひご覧ください。

 この刺し身は市販のソースなどを使ってカルパッチョにするのもおすすめ。

ご飯のお供に「アジのなめろう」

刺し身にするべく取った身は薬味と混ぜてたたいてなめろうにするのもあり。

なめろう

ホカホカご飯に合います。お茶漬けにして食べても美味い。サラサラ食べられてこれまた美味い。

アジのなめろうのレシピ

  1. 刺身用に取ったアジの身を細かく切る
  2. 大葉、しょうが、ねぎ、みょうがなどの薬味を細かく切る
  3. アジと薬味と味噌をまな板の上において酒を少々ふりかける→薬味の種類と分量はお好みで
  4. おもむろに包丁で叩く
  5. 叩く
  6. 叩く!
  7. ひたすら叩く!
  8. ご飯にのせる!
  9. 美味い!

残った骨は干して揚げて「骨せんべい」

調理方法によっては3枚におろすことがあり、そうなると大量に骨が残ることもあります。これは骨せんべいにしちゃいましょう。

アジの骨せんべい

おろしたばかりならそのまま低温の油でじっくり揚げ、油から上げる直前で高温にするとカラッと揚がります。味付けは揚がったあとに塩コショウを。

揚げる前に一晩ほど干してから揚げると、よりパリッとキツネ色にあがってより旨みが増します。

アジの骨せんべいのレシピ

  1. 中骨の水分を軽くとっておく
  2. まずは低めの温度にした油でじっくり揚げる
  3. キツネ色になってきたら油の温度を上げてカラッと揚げる
  4. 塩コショウなどで味付けする
  5. 美味い!

なお、中骨をレンジでチンするだけで骨せんべいっぽいものを作ることができます。レンジ内がかなり魚臭くなりますが。

骨を出汁にして「かき玉汁」に

また、骨は出汁取りにも使えます。昆布との合わせ出汁にすると非常にいい出汁がでます。私はそれをかき玉汁にすることが多いです。

 

f:id:digic:20170808095150j:plain

市販の乾燥出汁では出ない豊かな旨みがあります。

アジは万能食材

アジは味にくせがないしどうやっても美味い部類の魚だと思います。

皆さんそれをなんとなく知ってるから、サビキ釣りでも主なターゲットに据えているのかと。ここで紹介した以外にもいろいろなレシピがあるはずなので、ぜひお気に入りのアジ料理を見つけてください。

私個人として一番好きな食べ方は刺し身ですね~。

当サイトは「Amazon.co.jpアソシエイト」に参加し商品の宣伝を行っています