PR

ヤゴはどんなエサを食べる?プールで採れたヤゴにはアカムシを与えよう

ヤゴのエサってなに?
メダカビオトープ

プール開きを前に小学校では学校のプール清掃が行われます。

そこで全国的に行われているのがヤゴ救出大作戦と称したヤゴの保護と家庭での飼育。今まさに小学生の子どもが「プールで採れたヤゴ」を持ち帰ってきて扱いに困っている最中ではないでしょうか?

家でヤゴを育てるときに一番重要かつ難しいのがエサやり。適切なエサをあげてトンボに羽化するまでエサをあげ続けなければなりません。どんなエサをどのように与えればいいのでしょうか?

スポンサーリンク

家で飼育するヤゴに最適なエサはアカムシ

生きたアカムシを与えるのが最も簡単で確実

ヤゴは肉食だから動いているエサしか食べない

プールで採れたヤゴにおすすめのエサは「生きたアカムシ」です。与えやすさと入手しやすさを考慮するとこれがベスト。

ヤゴは肉食性の昆虫で動いているものをエサとして認識するから、生きているということが重要。金魚のように人工の固形エサをばら撒いておけば勝手に食べてくれるということは期待できないのです。

アカムシは1センチ程度の小さな幼虫

アカムシはとある虫の幼虫。小さなミミズのような形態をしており、大きなものでも1センチ程度の長さしかありません。

アカムシ
小さなミミズのような姿をしたアカムシ

死んだアカムシを食べさせるのは難しい

アカムシは観賞魚のエサとして定番なので、冷凍や半生、乾燥状態に加工されたものがペットショップで買えます。

加工されたアカムシは当然ながら死んでいるので動きません。解凍しても水で戻しても生き返りません。

ピンセットでつまんでヤゴの前でゆらゆらと動かせば生きていると誤認して食いついてくれることもありますが、かなり根気のいる作業です。ヤゴの警戒心を解きつつ食い気を誘うのが難しい。

アカムシが動くからエサだと認識できる

重要なのが”生きた”アカムシであること。生きていれば勝手に動いてヤゴにアピールしてくれるので、エサだと認識して食べてくれます。

プールのヤゴもアカムシを食べて育ってきた

そもそもプール育ちのヤゴもアカムシを食べて大きくなった可能性が高い。

しかしどこからヤゴのエサになるアカムシが湧いたのか?

アカムシを沸かせたのはユスリカという昆虫です。夕方に校庭で遊んでいるとなぜか頭の上に群れて蚊柱を作るあの蚊みたいな虫。そのユスリカの幼虫こそがアカムシなのです。水面付近の壁に産み付けられたゼリー状の卵が孵ってプールの底にアカムシが湧き、それがヤゴのエサとなっていたはずです。

冬のプール
休止中のプールの底には何千何万匹のアカムシがいる

どこに売ってる?生きたアカムシの入手方法

釣具屋で釣りエサ用のアカムシを買う

アカムシは川釣りの定番エサ

アカムシは観賞魚のエサらしいから生きたアカムシもペットショップで売られてるはず。

と思いきや売られているのは意外な場所。それは釣具店です。

釣具店
あなたのお家に近くにも釣具店、釣りエサ店があるはず

川や池などの淡水でテナガエビや小魚釣りをする際の定番エサなので、活きエサを売っている釣具店や釣り餌店があれば入手できます。売場ではミミズなどと一緒に縦型透明冷蔵庫に陳列され、価格は1パック200~300円ぐらい。ヤゴの飼育には十分な量が入ってます。

プール清掃の時期は売り切れることもあるのでお早めに。

釣具屋で買ってきた赤虫
釣具屋で売っているアカムシ

家の周りでアカムシを採取する

家の周りの水がある場所にいる

アカムシはあなたの家の周りにも生息しています。例えば水が溜まった植木鉢の水受けとか放置された水槽とか。

底に深緑で長細い糞のような塊があったら、それはアカムシの巣(棲管)です。掘り出したら真っ赤なアカムシがでてきます。同じような場所に湧きがちなボウフラもヤゴのエサになります。

戸建てなら雨水桝の底にいる

戸建住宅であれば外構にいくつかある「雨水桝」の蓋を開けてみてください。たぶん蓋の持ち手部分に穴が空いた蓋があるはず。その穴からユスリカが侵入してアカムシが湧きます。

雨水桝の蓋
この蓋を開けて中を底を確認しましょう

中に溜まっている水は雨樋から伝ってきた雨水なので汚いものではありません。今まで開けたことがなければいい機会です。

初めて空けたなら枡の底に砂が溜まっているはず。その砂からアカムシが顔を出してユラユラしてる1ことがあります。見えないなら掃除ついでに砂をすくい上げてみましょう。かす揚げみたいなものがあれば便利です。

5月や6月ぐらいの暖かい時期なら高確率で砂の中にアカムシが潜んでいます。

バケツに水を貯めて放置すれば湧く

暑い時期に水を貯めたバケツを外に放置しておけば、たぶん2週間後ぐらいにはアカムシが水底に湧いているはずです。アカムシは泥の中などに含まれる有機物を食べるデトリタス食性なので、その辺の土を薄く水に溶いておけば成長も早くなるでしょう。

初期はお店で買わざるをえませんが、今後に備えて用意しておくといいかもしれません。

アカムシの与え方と保存方法

ヤゴの前に放り込むだけ

アカムシの動きがヤゴにアピールをする

ヤゴへのエサやりは簡単です。

数匹をピンセットなどでつまんでヤゴの前に落とすだけ。アカムシが勝手にクネクネしてヤゴにアピールをしてくれるので、ヤゴに食い気があれば折りたたみ式の顎を瞬時に伸ばして食べます。

もうご存知のようにアカムシはもともと水の生き物なので、食べ残しがあってもそのままその環境で生きます。放っておいて構いません。またヤゴに見つかれば食べられるだけ。あげすぎに注意するぐらいです。

アカムシの保存方法

冷蔵庫で保存する

残ったアカムシは冷蔵庫に入れて保存できます。

お店で買ったアカムシは湿らせた紙のような素材の中に入っているので、乾かないように水を足してやればしばらくの間生き続けます。どれぐらい持つか正確なことは言えませんが、少なくとも2週間ぐらいは大丈夫。時々水換えを行ってください。

水を入れた容器に入れて保存する

あんな気持ち悪い虫を冷蔵庫に入れるなんてとんでもない!

そんな場合は適当な容器に水を貯めてそこに移しておきましょう。高温で茹だってしまわないよう必ず日陰に設置を。

ただしこの場合、幼虫であるところのアカムシがユスリカに羽化して成虫になる可能性があります。名前に”カ”がつくものの蚊ではなく血を吸われることもないのですが、少なくとも部屋の中には置かないほうがいいでしょう。

アカムシ以外にヤゴのエサになるもの

メダカの稚魚をエサにする

プール清掃とメダカの繁殖時期は重なる

昨今のメダカブームから、ご家庭でメダカを飼育しているかもしれません。

プール清掃の時期とメダカの繁殖時期は重なります。熱心にメダカを飼育している人なら、メダカの稚魚である”針子”のお世話に忙しい時期。

生まれたばかりのメダカの稚魚はヤゴのエサとして有効です。そもそも屋外でメダカを飼う場合、ヤゴはメダカを食べる憎き敵として扱われがち。

しかしエサとして扱うことができるかどうかはあなたのお気持ちしだい。私は否定も肯定もしません。

メダカの稚魚
この子たちをエサとして扱えるかどうか

その他に有効なヤゴのエサ

ごく小さなミミズ

その他私が試して成功したエサを挙げておきます。

生まれたてとおぼしき小さくて細いミミズであれば食べてくれます。釣りエサにつかうような太さのミミズだとヤゴが怯えて食べてくれません。

イトトンボのヤゴ

小さなヤゴ。弱々しいイトトンボのヤゴは食べます。なおヤゴ自体も同種で共食いをしやすいので、複数のヤゴを飼う場合は注意が必要です。

イトミミズ

流れが緩やかで淀んでいるような水路には、水底に大量のイトミミズが発生している場合があります。見た目やサイズはアカムシと近いので、これもヤゴのエサになります。

ミジンコ

田んぼが多い地域ならちょうど田植えシーズン。水が入ると土の中で休眠していたミジンコの卵が孵って田んぼの中に群れていることがあります。100均で売ってる目の細かなネットで掬えるので、田んぼの持ち主に許可をもらってから採取しましょう。

ヤゴを持ち帰って来たその日の対応について

ヤゴは突然やってくる

エサについては理解していただけたはず。

しかしヤゴは予告なく突然家にやってきます。心構えをする余裕もなくやってきます。エサをやる以前にお迎えの用意をせねばなりません。持って帰ってきた当日はどうすればいいでしょうか?

広い容器にヤゴを移しておく

酸欠に注意する

たぶん子どもは小さなビニール袋やペットボトルにヤゴを入れて持って帰ってくると思うので、そのままだと酸欠で死んでしまいます。ヤゴの糞などで水も汚れているはずです。

入っていた水は一旦捨てて適当な容器に水を溜めてからヤゴを移しましょう。水はさしあたり水道水を使って構いません。

ヤゴはエラ呼吸2する生き物なので水に溶けた酸素が必要です。

なるべく多くの酸素が取り込めるよう、容器は口の広いものがいいでしょう。深めの皿とかでもいいです。水量が多いほど水が汚れるスピードは遅くなります。

塩素を抜いた水を用意しておく

水道水は塩素が気になりますがヤゴに対して大きな影響がないことがほとんど3。しかし塩素を抜いた水道水で飼育するにこしたことはないので、今後の飼育に備えて初日に下準備をしておきましょう。

家の中で魚を飼っているご家庭には塩素を中和するカルキ抜きを常備されていると思いますので、それを使えばすぐ飼育用の水が用意できます。

なければとりあえずバケツなどに水を汲んで屋外に置き太陽光にさらしてください。6月ぐらいの日差しなら半日も置けば塩素は抜けます。太陽光に当てずとも夜の間放置すれば問題ないレベルまで塩素が抜けます。

水換えをする

プール育ちでエサをもりもり食べていたヤゴはもりもりと糞をしますし尿も出しています。

このまま放っておくと水が汚れて死んでしまうので、透明度が高くてきれいに見えるようでも数日おきに水換えをしておきましょう。

飼育環境を用意しよう

エサの調達と並行して飼育環境も整えていきましょう。

羽化の時期が分からないためこの飼育がすぐ終わるか長丁場になるのかは分かりませんが、ヤゴにとって快適な環境をつくるのが大事です。特に羽化という最終段階で必須になるとまり木の設置が最重要。

ヤゴはどれぐらいの期間でトンボに羽化するのか?

早ければ数日後に羽化する

ヤゴの種類と羽化の時期

飼育するのはいいけど、いつまでエサの調達や水換えを続けないといけないのか?

それを知るためには、ヤゴの種類を知ることが必要です。

なぜならヤゴの種類、つまりトンボの種類によって羽化の時期がある程度決まっているからです。プールのような水の流れていない止水域で採取される代表的なヤゴは以下3種で羽化の時期もかぶります。

プールで採れる主なヤゴの種類
  • シオカラトンボ(4~9月に羽化)
  • アキアカネ(4~9月に羽化)
  • ウスバキトンボ(6~9月に羽化)

とはいえこの3種のヤゴ、見た目が似てるので区別はつきにくい。ヤゴの段階ではなんのトンボか見分けるのは諦めて「プールで採れたヤゴはだいたい9月ぐらいまでには羽化するんだな」ぐらいの理解をしつつ希望を持っておきましょう。

明日羽化するかもしれないし数ヶ月後かもしれない

最も遅い場合が9月というだけで、早いヤゴだと一週間以内に羽化して大空へ旅立っていくものもいます。なんにしろ羽化するまでの期間限定飼育なので、ヤゴの飼育には明確なゴールがあります。それは思ったより近いかもしれません。

いつまで経っても羽化せず、やっと羽化したらもう夏休みが終わってましたというパターンも有り得るます。それはそれで頑張って最後まで付き合いましょう。

羽化の直前になると水面から出てきて木によじ登ったりするようになります。水面近くに顔を出して上の様子をうかがったり。同時にエサをとらなくなります。

これによって数日前に羽化を予測することができます。

羽化直前 止まり木にのぼるヤゴ
羽化直前 止まり木にのぼるヤゴ

そういう状態になったらなるべく環境を変えずに見守るようにしましょう。ゴールは近いはずです。

トンボの羽化について

羽化は夜から早朝に始まる

ヤゴの種類によって異なるかもしれませんが、羽化の時間帯は基本的に夜間の暗い時間から早朝に始まります。羽化の一部始終を見届けるのはなかなか難しい。

殻から出て体を乾かしている途中
殻から出て体を乾かしている途中

羽化直後は白っぽく水分の多い体をしていますが、みるみるうちに乾いて色が濃くなり、午前中の早い時間には飛び立っていきます。

羽化後カーテンにつかまっていたウスバキトンボ
羽化後すっかり体が乾いて飛び立つ寸前のウスバキトンボ

根気よく羽化まで見守ろう

ヤゴの飼育で最も難しいエサやりを中心に解説しました。

トンボに限らず虫の羽化というのは総じて神秘的で美しいものです。見た事が無いという人がいればぜひ見てほしいし、子どもにも見せてあげてほしい。そのためにエサやりは重要です。

ヤゴの飼育は子どもに達成感を感じさせてあげるのにうってつけ。飼育という過程の先に羽化という明確なゴールがあるので、他の生き物を飼うよりもそれは大きいと思います。

初夏に子どもがヤゴを持って帰ってきたら、それはあなたにとっても子供にとっても貴重な機会だと思ってぜひ挑戦してみてください。

  1. 幼虫であるアカムシが水底で体を揺するような動きをすることがユスリカ(揺すり蚊)の語源といわれています ↩︎
  2. ヤゴのエラは頭部ではなくお尻にあります。直腸内のエラで呼吸をするため、お腹を膨らませたり縮めたりといった動きをしているのが観察できます。 ↩︎
  3. 地域の水道の質や季節によって塩素濃度が変わるのため影響の度合いは一概にいえません。 ↩︎
この記事は関西在住の釣り人が書きました

1978年大阪生まれ大阪育ち大阪在住。

家族共通の趣味を持つべく2014年に20年ぶりの釣りを再開。京阪神の海にて活動する小物ハンター。釣りの目的は現実逃避とおかずの確保。海は大きい、自分で釣った魚は美味しい。それでいい。

当サイトのアクセスは年間のピークの時期で月間35万PV程度(2020年8月実績)。

当サイトは「Amazon.co.jpアソシエイト」に参加し商品の宣伝を行っています

レビュー依頼や連絡等がありましたらこちらから

文章や画像の引用についてはこちら

Fam Fishingをフォローする
スポンサーリンク
Fam Fishingをフォローする