PR

ひと目で分かるマアジとマルアジの見分け方

釣りコラム

日本の近海で釣れる主なアジはマアジマルアジの2種類。

いずれもアジの特徴であるトゲトゲしたゼイゴとくりっとした大きな目を持ち、一見するとほとんど同じ魚に見えます。しかしそれぞれ身質が違い味わいも異なるのため、区別ができるにこしたことはありません。

ひと目でわかるマアジとマルアジのかんたんな見分け方があります。

スポンサーリンク

ヒレのあるなしで見分けられるマアジとマルアジ

小さなヒレのあるなしで簡単に区別できる

ヒレがある ヒレがない

マアジとマルアジを見分ける最も簡単で確実な方法は、尾びれの付け根にある小さなヒレを確認すること。これがあるかないか確認することで、ひと目で見分けることができます。

尾ビレの近くにある小離鰭を探そう

尾ビレ付近に小さなヒレを持つのがマルアジ

尾ビレの根本付近に上下一対の小さなヒレをもつアジがマルアジです。

この小さなヒレの名前は「小離鰭(しょうりき)」。このヒレがあるかないかで簡単に見分けられます。

マルアジの小離鰭
マルアジの小離鰭

小離鰭がないのがマアジ

尾ビレの根本付近に小さなヒレをもたないアジがマアジ。尾ビレ付近がすっきりしており小離鰭が見当たりません。

小離鰭をもたないマアジ
小離鰭をもたないマアジ

マルアジとマアジの見分け方は他にもいくつかあるのですが、2種を並べて比較しないと分かりにくい。見慣れればすぐ区別がつきますが、経験が少ない初心者には判断が難しい見分け方がばかり。

ゼロかイチかで判断できる小離鰭を目印にするのが確実です。尾びれ付近に小さなヒレがあるのがマルアジ、ないのがマアジ。まずはこれだけ覚えておけば区別できます。

小さなヒレがあるマルアジ 小さなヒレがないマアジ

ヒレ以外でのマアジとマルアジの見分け方

一般的に言及されるマアジとマルアジの見分け方として、色や体型などの違いを見るという方法があります。こちらも覚えおくと更に見分ける精度が上がります。

ゼイゴの形で見分ける

2種類を並べれば違いが分かる

アジの見分け方として最も一般的なのがゼイゴの形の違い。

下の写真を見てもらえればゼイゴのカーブの曲がり具合が明らかに違うことが分かります。

ゼイゴのカーブが異なる

でもこれは2種類を並べて比較するからこそ分かるもの。いきなり1匹だけ見せられてどっちかと言われても迷うはず。

体色で見分ける

ほとんど同じ色に見える場合がある

体色による判断も一般的に知られている見分け方。

マアジは黄色っぽい体色だから黄アジとか赤アジと呼ばれ、マルアジは青っぽい体色だから青アジと呼ばれる。ではこちらの写真をご覧ください。

同じ体色にみえるマアジとマルアジ
同じ体色にみえるマアジとマルアジ

それぞれの体色の特徴や違いが分かるでしょうか?小離鰭の有無とゼイゴのカーブで分かるように上がマアジ、下がマルアジです。

正直言って私はどっちも同じ傾向の色に見えます。

黄色っぽいマルアジもいる

ではもう一枚の写真をご覧ください。

黄金色に輝くマルアジ
黄金色に輝くマルアジ

背中が黄金色に輝くアジだから黄アジ、つまりマアジだと思いきや、小離鰭があるのでマルアジなんです。屋外だと太陽の傾き加減で色は違って見えますし、室内だと照明の違いもある。色の違いはあまりあてになりません。

ただし傾向として色の違いがあるのは確かなこと。色別の呼び名を覚えておいて損はありません。色の傾向で分類すると以下のようになります。

アジの色別の呼び名

この中で最も人気があるアジは間違いなく黄アジ。人気があるから呼び名のバリエーションも多い。その理由はのちほど。

体型で見分ける

スマートなマアジもいる

アジの体型で見分ける方法も一般的。

マアジは平アジという名前で売られていることがあります。

正面から見たときマルアジ(丸アジ)より体高が高く平べったく見えるから平アジというわけです。90度回転させて横から見ると、マアジよりマルアジがスマートで細長い体型に見えます。

ではこちらの写真をご覧ください。同じ場所同じ日に釣った同じ大きさのアジです。体型をヒントにしてどちらがマルアジか分かるでしょうか?

スマートなマアジとふっくらしたマアジ
体型は違うけどどちらもマアジ

上のアジのほうがスマートに見えるのからマルアジっぽいなと思いきや、小離鰭がないのでどちらもマアジです。

個体差はあるけど数をこなせば一目で分かる

釣りに慣れてくれば分かりますが、同じ時間同じ場所で釣った同じ魚でも個体差があります。デブもいればガリガリもいる。色白もいれば色黒もいる。

意外なほど個性があるため体型や色で判断するのは確実ではありません。小さな小アジサイズだと特に見分けがつきにくくなります。

最初に紹介した小離鰭の確認が、やはり最も確実な見分け方です。

鬼アジとオニアジ

平アジや丸アジと並んで「鬼アジ(オニアジ)」と呼ばれるアジがいます。

釣り業界で一般的に知られている鬼アジは40センチを超えるような超大型サイズのマアジのことで、遊漁船で釣りの対象魚となっています。独立した種ではなく、あくまでマアジの別名として用いられている「オニアジ」です。

一方で独立した種としてオニアジという正式名称を持つアジも存在します。アジという名の通りゼイゴがありますが、マアジ・マルアジに比べて包丁ですき取ることが困難なほど強靭なゼイゴを持つのが特徴です。皮が厚くカツオに似た赤い身も特徴的。

どちらかというと南方系で漁獲量も少ないレアなアジですが、近年は大阪湾などに回遊することもあるので覚えておくと役に立つかもしれません。(オニアジを画像で確認する

マアジとマルアジはどちらが美味しいのか?

マアジとマルアジは身質が異なる

見た目で分かる身質の違い

なぜマアジとマルアジを見分ける必要があるのか。

それは身の質に違いがあり味わいも異なるからです。見た目にも違いがあるので実際に見比べてみましょう。サイズ的に小アジの段階ですが、上がマアジで下がマルアジです。

マアジとマルアジの身質比較
上がマアジで下がマルアジ

マルアジのほうが黒っぽく見えますが、これは血合いの色が濃いためです。また、マルアジは身の水分量が多く柔らかい傾向です。

マアジの方が美味しいとされる

一般的にはマアジのほうが人気

一般的にはマアジの方が人気で、アジといえばマアジのことを指します。

マアジは豆アジだろうが30センチを超えるような大アジだろうが安定して美味しい。

脂がのった黃アジはもう絶品。あまり回遊せず狭い範囲にとどまるから黄アジは瀬付きアジとも呼ばれ、大分の関アジなど各地でブランド化されているほど美味い魚です。

大阪湾でもメクリアジと呼ばれる黄アジタイプの瀬付きアジがいて、やはりこれも絶品です。

釣れて喜ばれるアジは間違いなくマアジです。

脂ののったマアジの刺身
脂がのったマアジの刺身

マルアジはマルアジで美味しい

マルアジは濃い血合いの色のイメージ通り、ちょっと血の気が多いワイルドな味。

だからといって不味いというわけではありません。旨味が強い傾向にあり好みの問題かと思います。

マルアジの旬は夏。私は秋の入り口とも言える時期に私も30センチサイズのマルアジを釣って刺身で食べたことがあります。これも十分に美味しいといえるものでした。旬を過ぎたせいか脂はあまりのっていなかったのですが、歯ごたえと旨みがしっかりありました。

マルアジの刺身
マルアジの刺身

違いを知って美味しく食べよう

マアジとマルアジの見分け方、そしてその味わいの違いについてまとめました。

どちらかというと敬遠されがちなマルアジですが、時期や食べ方次第でちゃんと美味しい魚です。くせのある味も水分量の多さも、例えば干物にすればそれはプラスに働きます。食べ方次第。そうそう不味い魚なんていない。

今度アジが釣れたらしっかり観察して見極めてみてください。そしてその魚にあった食べ方をして美味しくいただきましょう。