魚の食中毒対策

釣った魚を美味しく安全に食べるためには食中毒への知識と対策が不可欠です。基本的なことを知れば恐れるに足りません。

初心者向け魚料理特集

氷締めはアニサキス対策になるのか?

氷締めは、冷たい海水に生きた魚を直接入れることで締めと冷やしこみが同時にできるシンプルで優れた処理方法です。 保冷剤や氷でキンキンに冷やした海水を潮氷と呼びますが、塩分による氷点降...
初心者向け魚料理特集

アナゴの毒を知りアナゴの刺身を食べる

誰しも食べたことがあるアナゴ。あまり知られていませんが、実は血と粘液に毒を持っている魚です。 熱を通せば容易に毒性が消えるため、天ぷらや煮物を食べる分には全く気にする必要はありませ...
初心者向け魚料理特集

釣った魚を刺身で食べるためのアニサキス対策

自分で釣った魚を刺身で食べるときに気をつけなければいけないのが食中毒。 海水中にいる腸炎ビブリオによる食中毒や青魚のヒスタミンによる食中毒が知られていますが、最も広く知られているの...
初心者向け魚料理特集

釣ったサバの刺身をなるべく安全に作る方法

サバを生で食べるのは食中毒のリスクがあるから危険。これは広く知られていることです。 しかし食中毒になる要因とその対処方法を知れば、他の魚と比べて特に危険な魚だという認識はなくなりま...
初心者向け魚料理特集

刺身で食べよう!大型ニジマスのさばき方

管理釣り場に放流されているニジマスは20センチ前後が主流。塩焼きで食べたりから揚げで食べたりと、使い勝手の良いサイズです。 一方で50センチ近い大物も混ぜて放流されていることがあり...
初心者向け魚料理特集

釣ったアナゴの締め方と毒への対応

夕方から夜にかけてエサ釣りをしていると不意にアナゴが釣れることがあります。 初めて触る生きたアナゴ。アジやサバなどとは全く違う姿かたち、そして動きなので、扱いに戸惑うのは無理もあり...
初心者向け魚料理特集

照らして探せ!365nmのブラックライトでアニサキス対策

激しい腹痛をともなう寄生虫アニサキスによる食中毒。 対策のひとつに「目視で探して取り除く」という方法があります。小さく半透明なため素人では判別が困難ですが、体がブラックライトに反応...
魚の食中毒対策

ニジマスは刺身で食べられる!養殖魚なら寄生虫の心配なし

管理釣り場で釣れるニジマス。 レギュラーは20センチ台ですが、40センチを超えるような大物を混ぜて放流してくれる場合も。強い引きを楽しむことができ、釣り上げた達成感もひとしおです。...
初心者向け魚料理特集

釣った魚を刺身で食べるのは危険?釣り人が答えます

素人が魚の刺身を作るなんて危険だ。かつての私はそう考えていました。 しかし海釣りを始めてその考えが一変します。年間釣りと魚料理を続けた今、刺身は最も手間のかからない魚料理になりまし...
初心者向け魚料理特集

鮮度抜群!サビキで釣れた小魚は氷締めで持ち帰ろう

堤防や海釣り公園からのサビキ釣りで釣れるアジやサバは、20センチぐらいまでの小魚がレギュラーサイズになります。 小魚といっても立派な釣果。釣ったからにはできるだけ美味しく食べたいも...
初心者向け魚料理特集

釣った魚で食中毒になる3つの原因と対策

釣った魚を自分で調理するって恐くないですか?ましてや生のまま食べるなんてとんでもない! でも釣った魚でもお店で売ってる魚でも食中毒のリスクはそれ相応にあります。これはもう知識を付け...
初心者向け魚料理特集

サバにあたるってどういうこと?サバ食中毒の原因と対策

釣ったサバを食べるにおいて注意しなければいけないのが食中毒。 魚の食中毒はサバに限った話ではありませんが、サバは特に食中毒になりやすい、あたりやすいというイメージがあるんじゃないで...
スポンサーリンク