PR

エサ&ルアー両対応の万能ロッド!86MLで釣りをはじめよう

ロッド・釣り竿初心者向け釣具特集

新しい趣味として釣りをはじめるから自分の釣竿を買いたい。エサ釣りもルアー釣りもなんでも1本できる万能な安い釣り竿があれば最高。

初心者の希望としては当然です。趣味として続くかどうかも分からないし、最初から高い道具に手を出すのはためらってしまう。

そこでこの記事では、釣り初心者用最強の万能ロッドとして「ハチロク」を提案します。

スポンサーリンク

おすすめは品番86MLのルアーロッド

86MLという品番のルアーロッドがおすすめ

ハチロクならエサもルアーも万能に対応できる

初心者におすすめの万能ロッドを最初に紹介します。それは各釣り具メーカーが取り扱う「86ML」という品番が付いたルアーロッド全般。たとえばこのシマノルアーマチック。

通称ハチロク…と言われるほどその呼び方が浸透しているわけではないですが、ここではそう呼ぶことにします。このロッドなら1本でエサ釣りもルアー釣りも幅広く万能に対応できます。

なぜこの品番のロッドをおすすめするのか?今の釣り業界を取り巻く状況を知ることで、より深く理解することができます。

海のルアーフィッシング人気が拡大している

釣りのトレンドは変化している

この10年ほどの期間で釣りのトレンドは変化していきました。

そのひとつとして挙げられるのは、海でやるルアーフィッシング、いわゆるソルトルアー人気が拡大したこと。釣りにブランクがある人はルアーといえばブラックバスだろうというイメージがあると思いますが、海にいる魚の多くはルアーで釣ることができます。

バス釣りの衰退とソルトルアーの躍進

SDGsや生物多様性の保全というトピックもあり、それまでバスフィッシングに偏っていたルアーメーカーが、海のルアーフィッシング、いわゆるソルトルアーに注力するようになってきました。

おおやけにメーカーが発言することはないですが、今後縮小していく可能性が高いバス釣り市場に対してのリスクヘッジだと推測されます。

結果として、鉛でできた重いルアーを投げてブリやサワラなどの青物を狙うショアジギング、伝統的な漁具である餌木を発展させたルアーでイカを狙うエギング、小さなジグヘッドとワームでアジを狙うアジングなどが台頭していきました。

メタルジグというルアーで釣ったサバ

エサ釣り用の竿ではルアーに対応できない

磯竿の選択肢が減っている

堤防でエサ釣りをするのに使われるのが磯竿と呼ばれる竿。構造上、ルアーフィッシングをするのは難しい。長く柔らかい竿ではルアーを動かしにくいからです。やはりルアー釣りはルアーロッドでやるべき。

このような変化を受けてか、大手メーカーが販売する初心者向けのリーズナブルな磯竿も次第に選択肢が減っていきました。初心者なら低コストで始めるべきなのに、おすすめできる低コスト高コスパな磯竿を提案するのが難しい状況です。

ルアーもエサもやったほうが釣りを楽しめる

こだわりを捨てたら釣りはもっと楽しくなる

私は9年の釣りを通して確信しています。ルアーもエサもこだわらずにやった方が釣り自体を楽しめると。

どちらか一方の釣りで学んだことやそのとき現場で得た情報は、ルアー釣りエサ釣り相互に活かすことができます。エサ釣りで釣れている魚のサイズからその日に使うルアーのサイズを選んだり、今日は魚の活性が低くてルアーへの反応が悪いからエサの方が確実だなという判断ができたり。

より深く釣りを楽しむことができ、釣果へつながる確率も上げることができるというわけです。

どうせ釣りを始めるならルアーもエサも分け隔てなくやった方が楽しい。

「自分の釣り」を見つけるために

そんな節操のない釣りをしていく中で、これこそ自分の釣りだというものが見つかるはず。それがルアー釣りなるのかエサ釣りなるのかは分かりません。そうなったらその釣りに特化したロッドなりリールなりを揃えていけばいい。きっと最初に買ったものより満足するものが手に入るはず。

そこに至るまでに使う「初心者用なんでも万能ロッド」として86MLのルアーロッドを提案したいのです。

それはステップアップするための「踏み台」かもしれないし、本命が見つかるまでのつなぎかもしれません。それはそれでいいんじゃないでしょうか。粗末に扱うわけでないなら。思う存分使い倒してやりましょう!

これはルアーで釣ったメジロだけどこの魚はエサ釣りでも狙える

86MLのロッドを万能ロッドとしておすすめする理由

なぜ86MLのルアーロッドを初心者におすすめするのか。何をもって万能なのか。こんな理由があります。

86MLのロッドをおすすめする理由
  • 初心者にも扱いやすい長さと重さだから
  • 幅広い重さのルアーに対応していて色々なルアーフィッシングができるから
  • 幅広い重さのオモリを扱えて色々なエサ釣りができるから
  • エサ釣りとルアー釣り両方に対応できるから
  • 10センチ程度の小魚から50センチ程度の大物まで対応できるから
  • 2ピースロッドなら磯竿などと比べて手入れが楽だから
  • リーズナブルに手に入るモデルがあるから

やりたい釣りが見つかれば何するにも中途半端な存在になってしまうかもしれませんが、それまでにできるだけ色々な釣りを体験するのにうってつけの万能ロッドといえます。だから初心者におすすめしたいのです。

初心者にも扱いやすい長さと硬さ

86は8.6ft≒2.59m

86MLという品番から長さと硬さが読み取れます。

86という数字はロッドの長さ。

これは8フィート6インチ(8ft6inch)ということ。メートルに換算すると約2.59メートルです。1ft=30.48センチで8ft=243.84センチ。1inch=2.54センチで6inch=15.24センチ。243.84+15.24=259.08センチ。つまり約2.59メートル。

MLはMedium Light

MLはMedium Lightという意味。

これはロッドの強さあるいは硬さ。扱えるルアーやオモリの重さ、釣り上げられる魚の大きさととりあえず解釈しておきましょう。弱い方から強い順にXUL、UL、L、ML、M、MH、Hといったようなランクがあります。そういった意味でMLは中ぐらいの強さという位置づけ。ほら、やっぱり万能っぽい立ち位置じゃないですか?

実際にいろいろな釣りをこなせる絶妙なポジションなのです。

スピニングリール対応のS

メーカーによっては「S86ML」など品番の頭に「S」がついている場合があります。このSはSPINNINGのS。つまりスピニングリール用のロッドということ。

品番のSはスピニングリール対応の目印

これに対して頭にBがついている場合はベイトリール、両軸リール用のロッド。初心者は扱いのカンタンなスピニングリールから始めることをおすすめします。

幅広い重さのルアーやオモリが扱える

5グラムから30グラム程度のルアーが投げられる

ロッドのメーカーによって多少異なってきますが、86MLで扱えるルアーの重さはだいたい5グラムから30グラム程度の範囲になっています。ロッドにそれが記載されている場合もあります。

「CAST:6-30g」は投げられるルアーやオモリの重さのこと

例えばメタルジグならこんな小さなルアーも問題なく投げられます。

小さなサバなどを釣るのに楽しいルアーです。

青物を狙えるような30グラムのメタルジグもにも対応します。

ルアーロッドでエサ釣りをしてもいい

86MLでサビキ釣りもできる

86MLのルアーロッドであれば色々なエサ釣りをすることが可能です。

その釣りに最適かどうかはひとまず置いておくとして、エサ釣りとして最もポピュラーなサビキ釣りも86MLで対応可能。

86MLであれば竿先も「そこそこ柔らかい」ので、ウキで魚のアタリをとらないミャク釣りにも対応できます。例えばそれは堤防の際を胴突き仕掛けにつけたエサで狙う探り釣りだったり、テトラのすき間をねらう穴釣りだったり。86MLは一般的な磯竿より短いですが、探り釣りや穴釣りではむしろそれが武器になります。

86MLにエサ釣り仕掛けをつけてアサリをエサにして釣ったカワハギ

ちょい投げでキス釣りもできる

そもそもルアーロッドはキャスティング性能に長けた釣竿なので、サビキ釣りと並んで初心者人気の高いちょい投げ釣りにも最適。

ゴカイなどの虫エサを使った砂浜でのキス釣りなどもたのしめます。

86MLで出来る釣りと釣れる魚

86MLのロッドとして最も売れているルアーマチックS86MLを例にして、どんな釣りができてどんな魚が釣れるかをまとめました。結論としてはエサとルアーを含めたあらゆる釣りに対応できます。

各メーカーおすすめの86MLロッド

初心者には低コストで初めて欲しいのでここではシマノとダイワを中心に、その他初心者向けの高コスパなロッドを扱うメーカーのおすすめ86MLロッドを紹介します。

どれもおおよそ7,000円前後で買えるコストパフォーマンス抜群のロッドです。

シマノ ルアーマチック S86ML

初心者向け釣具に力を入れているシマノ

ここ数年、初心者向けのリーズナブルな釣り具に力を入れてきているのがシマノ。

自転車のパーツでも有名な会社です。あなたがのっている自転車のギアに「SHIMANO」の文字があるかもしれません。

近年最も売れているるルアーロッド

86MLというロッドのカテゴリの中で、おそらく最も売れたのではないかと思われるのがルアーマチックS86ML。現行モデルは23年発売の新モデルです。

10年ほど同じモデルが売られ続けてロングセラーになっていたのですが、2023年にリニューアルされデザインが一新されました。こういった低価格のシリーズがリニューアルされるのは釣り具業界において珍しいこと。人気の証といえるでしょう。

シマノ シエナコンボ S86ML

ルアーとリールが組み合わされた万能セット

ここで紹介しているロッドは基本的にロッド単体で販売されているものです。リールについては自分で選ばないといけません。それはそれで道具を選ぶ楽しみなのですが、右も左も分からない初心者にとってはちょっとしたハードル。

そこで86MLのロッドとそれに合うリールが最初からセットになったのがシマノのシエナコンボ。

このセットがあれば、あとは釣り糸の先に仕掛けを結ぶだけで釣りができてしまいます。

また、ここで紹介するロッドで唯一、2ピースではなくテレスコピックタイプのロッド。振り出し竿とも呼ばれ、ラジオのアンテナのようにスルスルと伸ばしていくタイプ。2ピースに比べて準備やお手入れはちょっと手間になりますが、コンパクトに収納できるので自転車移動がメインの人などにぴったり。

ダイワ ルアーニスト S86ML

経験者の2本目にもおすすめしたい

シマノと双璧を成す国内釣り具総合メーカーがダイワ。

ルアーマチックの人気を意識したであろうシリーズを後発で発売しました。それがこちらのルアーニストS86ML。

86ML以外にも幅広いルアーフィッシングに対応できるモデルを網羅しているので、これから新しいジャンルに手を出したい経験者が選ぶ2本目3本目としても頼もしいシリーズ。

メジャークラフト ファーストキャスト 862ML

ソルトルアー躍進の立役者

近年における海のルアー釣り、つまりソルトルアーの普及に大きく貢献したメーカーがメジャークラフト。

細かいニーズを満たす商品はもちろんリーズナブルな商品も数多くあるので、ベテランにも初心者にもやさしいルアーフィッシングメーカーだといえます。

リール以外の釣り具をほとんどすべて網羅しているメーカーなのでもちろんロッドもあります。最も廉価なファーストキャストシリーズには、ほぼ86MLな862MLがラインナップされています。

メジャークラフト ソルパラ SPS-862ML

多くの人をルアーの世界に引きずり込んだソルパラ

同じく廉価なロッドで多くの釣り人をソルトルアーの世界に引きずり込み続けているのがソルパラシリーズ。船での釣りを含めて多くのルアーフィッシングをカバーするバリエーションがあります。

これもファーストキャストとおなじく862MLがラインナップされています。

ファーストキャストより1ランク上の位置付けになるシリーズですが、Amazonだとファーストキャストとソルパラがほぼ同じ価格になっているタイミングもあります。

アブガルシア ソルティーフィールド SFS-832ML

デザイン性が高いメーカー

海外メーカーですが、日本にローカライズされた商品も数多く出しているアブガルシア。

バッグなどのアパレルも幅広く扱っていてデザイン性が高いのが特徴です。ロゴを含めてアブガルシアのデザインが大手釣具メーカーのなかで一番洗練されています。

86MLよりちょっとだけ短いソルティーフィールド832MLが最廉価モデル。

といっても6~7センチ短いだけなのでこれが目立って不利になることもありません。

Amazonのセール時はアブガルシアを要チェック

Amazonでたびたび開催されるセール時に安くなることが多いアブガルシア。このロッドは6,000円台になってたらチャンスです。迷わず買いましょう。

激安の無銘ロッドとメーカー製ロッドの違い

無銘メーカーのロッドは壊れやすい

以上、代表的な釣り具メーカーが出している86MLのロッドを紹介しました。価格の変動はありますが、いずれも7,000円前後で買えるものばかりです。

一方で釣具屋の店先などを見ると、これよりずっと安い86MLのロッドが売られているかもしれません。Amazonでも売っていたりするでしょう。3,000円とかそれぐらいで。

それぐらいのロッドで十分なのでは?やっぱり7,000円は高いよ!と思うかもしれません。でも無銘メーカーの激安ロッドはこんなデメリットがあります。

無銘メーカーの激安ロッドにあるデメリット
  • 耐久力が低く短い期間で壊れやすい
  • 壊れた時に修理できない可能性が高い

やはり素材やパーツ、組み立て精度のレベルは価格に反映されます。

メーカー製なら修理時の対応も安心

今回紹介したメーカーのロッドは、全国津々浦々、ほぼどこの釣り具店でも扱われているメーカーばかりです。扱いがあるということは持ち込み修理拠点としても機能します。

低価格だからいっそ買い替えたほうがいいと判断される場合があるかもしれませんが、初心者にとって7千円前後という価格は決して安くない。万が一壊れても修理ができるなら安心材料になるはず。

あなたの釣りライフをハチロクから始めよう!

釣りのジャンル細分化。

それが初心者に対しての参入障壁を高くしているのもまた事実です。目の前に膨大な選択肢を並べられたら面倒で引き返してしまう人もいるでしょう。

そんな初心者に選択肢のひとつとなればということで86ML、ハチロクのルアーロッドを提案してみました。これでいろいろな釣りを経験して、あなた好みの釣りを見つけてください。これが釣りにはまるきっかけになるのならこんなに嬉しいことはありません。

あなたも「ハチロク」から釣りを始めてみませんか?

この記事は関西在住の釣り人が書きました

1978年大阪生まれ大阪育ち大阪在住。

家族共通の趣味を持つべく2014年に20年ぶりの釣りを再開。京阪神の海にて活動する小物ハンター。釣りの目的は現実逃避とおかずの確保。海は大きい、自分で釣った魚は美味しい。それでいい。

当サイトのアクセスは年間のピークの時期で月間35万PV程度(2020年8月実績)。

当サイトは「Amazon.co.jpアソシエイト」に参加し商品の宣伝を行っています

レビュー依頼や連絡等がありましたらこちらから

文章や画像の引用についてはこちら

Fam Fishingをフォローする
スポンサーリンク
Fam Fishingをフォローする