安い釣具セットは初心者用としておすすめなのか?

スポンサーリンク

「釣具セット」というものが比較的安価で売られています。主に初心者をターゲットにしたものです。

釣竿とリールのセット、それに加えて仕掛けや釣りに必要な小物類までついた至れり尽くせりなセットも。釣具屋では入り口から近いスペースで売られているのをよく目にしますね。ホームセンターなどでも見かることがあります。価格帯も3,000円ぐらいまでなので、釣具を別々に買うより安い場合も。

しかし「釣りを始めたい」と思い立った初心者がそのような釣具セットを買うのは正解なんでしょうか?最初に用意した釣具がまさにその釣具セットだった私がお答えします。

お試しとして買うならOK!長く続けたいならNG!

趣味として釣りを始めるならおすすめしない

最初に結論ありきで書いてしまいます。

初めて釣りに挑戦する人で、今後続けるかどうか分からないけどお試しでやってみたいという場合にはいい選択だと思います。ひととおり釣りに必要な道具が揃ってるし、全部バラバラで買うより安くなるはずです。選ぶ手間も省けるし。

しかし今後も釣りを趣味として続けていくんだという意思を持った人には正直おすすめしません。

その理由について、安い釣具セットのメリットとデメリットをそれぞれ挙げて説明します。

初心者向け釣具セットってどんなセット?

必要な道具一式がまとめられたセット

まず初心者向け釣具セットがどういうものかイメージを合せておきましょう。

たとえばこんな商品です。

基本は釣竿とリールのセット。それに加えていくつかの仕掛けがついたセットもあります。より面倒見がいい商品はハサミなどの小物類もセットになっています。あとはエサさえ用意して釣り場へ行けば”とりあえず”釣りが始められます。

どんな釣りをするかに合わせてセット内容も違います。海釣りでよくあるのはこの2タイプ。

  • サビキ釣りを想定したセット
  • ちょい投げというライトな投げ釣りを想定したセット

この2種類のセットがほとんど。どちらも手軽に魚が釣れる初心者に人気の釣りです。

竿とリールだけのシンプルなセットも

コンパクトな竿とリールだけセットになった1,000円前後の商品もよく売られています。

竿とリールだけのシンプルなセット

竿とリールだけのシンプルなセット

この場合、仕掛けは自分で用意する必要があります。

かくいう私も、20年ぶりの釣りをするため最初に選んだ釣具はリールと竿のセットでした。確かお値段980円。安い!

竿とリールで980円の激安セット

竿とリールで980円の激安セット

このセットを使って城崎温泉の近くにある円山川河口でちょい投げ釣りをしました。そこで良型のキスを何匹も釣り上げたのはいい思い出。

その時は「安い釣具セットでも十分じゃないか?」なんて思ったものです。

しかしそれが半分正解、半分間違いだと気付くのはもう少し経ってからのこと。

初心者向け釣具セットのメリット

初心者向け釣具セットのメリットを挙げてみます。

  • 釣りの知識に乏しくても最低限必要な釣具が揃えられる
  • 低価格なので手を出しやすい
  • 低価格ゆえ壊したり使わなくなっても損な気持ちにならない

釣りに必要な道具が一通り揃って安い。これに尽きます。

価格帯はだいたい1,000から3,000円ぐらいですから手を出しやすいですよね。子供でも小遣いを溜めて買えない値段じゃないですし、家族で釣りをするからといって複数用意してもそれほどの出費にはなりません。

釣りにハマれず捨てざるを得ないとしても「まあ仕方ないか」ぐらいの気分で済みます。壊してしまっても精神的なダメージは少ない。

初心者向け釣具セットのデメリット

続いてデメリットです。

  • 壊れやすく仕掛けが絡むなどのトラブルになりやすい
  • スペアの仕掛けが十分に用意されていない
  • 竿が短くて使いづらいこともある
  • 役に立たない無駄な物がついてくることがある

低価格で買えるほとんどのセット商品は使ってる素材が安くて作りが雑なことも多いです。

1回使うぐらいでは大丈夫かもしれませんが、2度3度使えば高い確率で壊れる箇所がでてきます。竿のガイドが外れてラインが絡まったり、リールが回らなくなったりとか。これが私の考えうる一番のデメリット。こうなったら釣りどこではありません。安いには当然の理由がある。

仕掛けは消耗品です。仕掛けがセットになっている場合がありますが、まず数が足りません。海底に引っ掛けたり使ってるうちに切れたりですぐ無くなります。また、針のサイズは魚の大きさや種類に合わせる必要があるので、最初についている仕掛けの針サイズでは対応できない場合もあります。

セット商品は竿の長さが1~2メートルぐらいのものが多い。短いので軽かったり振り回しやすかったりします。でも防波堤や海釣り公園で釣りをするなら海面まで結構距離があるはず。その場合はいざ魚が掛かったときにその長さでは魚を取り込むのに苦労します。長い仕掛けを投入するのもやりにくいはずです。たとえば防波堤や海釣り公園でサビキ釣りをするというなら最低でも3メートル以上の竿をおすすめします。

そしてAmazonにも安い釣具セットが多く出品されているのですが、そのほとんどは中国から出品されているよくわからない釣具セット。商品説明の日本語があやしいし、レビューもぎこちなくてサクラっぽい。はっきりいって品質は信用できないし、付属品を見ていても「それ、いつどこで使うんだ?」みたいなものが大量にセットになっていたりします。具体的な例を挙げるのはやめておきますが避けるべきでしょう。選ぶなら、日本メーカーや釣具屋がセレクトしたものをおすすめします。

初心者用釣具セットを使うことで得られることもある

次に釣具を選ぶための基準にできる

どちらかというとデメリットが中心になってしまいました。

しかし実際に使ってみてデメリットをデメリットだと認識できることで、その次に選ぶ釣具があなたにとってより最適なものになるかもしれません。

自分がしたい釣りをするにはちょっと短すぎたなというデメリットを感じたなら、次はより長い竿を選べばいい。ちょっと竿が硬すぎて魚が掛かってるのかどうかよく分からなかったとなればもっと穂先の柔らかい竿を選べばいい。

釣具セットがすぐに壊れてしまったからといって必ずしも損ではないと思います。その経験は次に繋がります。

初めて釣具を扱うなら、その基準として活かせるはずです。

安い釣具だから釣れないということはない

釣具屋を覗けば、セット商品のように1,000円台から買える竿もあれば単体で10万円近い竿もあります。

じゃあ高い竿は魚が良く釣れて安い竿は釣れないかというとそんなことはありません。確かに高い竿の方が釣れる確率としては上になるしトラブルも減りますが、値段に比例するかというとそんなことは無い。10万円の竿だったら1000円の竿の100倍釣れるかというとそんなことは有り得ない。

安い竿でも釣れます。

ただ、さきほど挙げたように作りが粗雑なせいでトラブルになりやすく、そのせいでせっかく釣った魚に逃げられてしまうことも有り得ます。

趣味として釣りをするなら最初はこれを買おう

最初にも書きましたが、初めての釣りをお試しでやりたいなら釣具セットはおすすめできます。

でもこれから釣りを趣味にしようと思うのならおすすめしません。私は別の提案をします。

それは竿もリールも「そこそこいいもの」を選ぶこと。”そこそこいい”って何やねんというツッコミは当然あろうかと思いますので、具体的に挙げてみます。

エサ釣りを専門にやりたいなら遠投磯竿3号

まず海釣り公園や堤防でエサ釣りを専門にやっていきたいというのであれば、遠投磯竿3号がおすすめ。これ1本あればあらゆるエサ釣りに対応できます。

くわしくはこちらの記事をご覧ください。

エサ釣りもルアー釣りも1本の竿でやりたいならシーバスロッド

いや、エサ釣りだけではなくルアー釣りも同じ1本の竿でやりたんだという、わがままで好奇心旺盛なあなた。

そんなあなたにぴったりなのがシーバスロッド。数あるシーバスロッドの中でも、リーズナブルでコストパフォーマンスの高い、シマノのルアーマチックS86MLを最初の1本としておすすめします。

なぜこのシーバスロッドがおすすめなのかは、こちらで詳しく解説しています。

リールは5,000円以下のリールから始めよう

リールも竿同様に値段がピンきり。

安すぎるものはやはり耐久性に問題があるので、一定のランク以上のものを買うのがおすすめです。2020年現在、そのランクを満たすリールで最もリーズナブルなのがシマノのFX2500。

最初から巻いてある2.5号のナイロンラインもいろいろな釣りに使える絶妙な太さといえます。このFXから少しだけ性能アップされた兄貴分といえるシエナ2500もおすすめです。

ルアー釣りも視野に入れているのなら、そこから少しだけランクアップしたリールを選ぶと快適に釣りができます。その場合は同じくシマノのセドナ2500がコストパフォーマンス的にベスト。

5000円以下の高コスパリールについていろいろ記事をかいていますので、ご参考に。

本気の釣り人からしたら安物といわれても仕方ない価格の竿とリールですが、問題なくいろいろな釣りを楽しめます。これがあれば数年は釣りを楽しめるはず。