PR

釣ったアナゴの締め方と毒への対応方法

夕方から夜にかけてエサ釣りをしていると不意にアナゴが釣れることがあります。

初めて触る生きたアナゴ。アジやサバなどとは全く違う姿かたち、そして動きなので、扱いに戸惑うのは無理もありません。まともにつかむことすら困難。

そんな生きたアナゴの扱い方、そして念のため気に留めておきたいアナゴの「毒」について解説します。

スポンサーリンク

釣れたときの締め方と持ち帰り方

まずは釣れたアナゴをしっかりつかんで固定するところから。

なるべくフィッシュグリップでつかむ

アナゴは生命力が強い

ウナギしかりアナゴしかりドジョウしかり、こういったニョロニョロ系の魚は全身筋肉で生命力が異常に強い。水から上げてもずっと動いている。美味しく食べるためにも、そして逃げられないためにも、釣れたらできるだけ早く締めて動きを止める必要があります。

フィッシュグリップを用意しておこう

しかしアナゴの体表はヌルヌルかつ細いゆえ素手でつかむこともままならなりません。

理由は後で書きますが、できれば素手でつかまないほうがいい。そこでフィッシュグリップを使うことをオススメします。例えば第一精工のワニグリップならしっかり掴んでホールド可能。

アナゴ釣りに限らず、安全に清潔に魚を扱うにおいて、フィッシュグリップは釣りには欠かせないマストアイテムといえます。小魚からそこそこの大物まで幅広く使える「ワニグリップミニ」、大物を中心に狙うなら「ガーグリップ」をおすすめします。

ガーグリップでアナゴを掴んでいるところ

首の後ろに刃を入れて締める

アナゴのエラ付近を挟んで固定する

可能な限りフィッシュグリップでアナゴのエラ付近、胸ビレがある付近をつかんでください。

全力で体をくねらせて抵抗しますが、これでとりあえず頭の動きが固定できます。尻尾でペチペチ叩いてきたり手首巻き付き締め付け攻撃などをしてきますがしばし我慢です。袖口などは粘液でドロドロになりますが諦めましょう。

頭の後ろを切って絞める

固定出来たらそのまま頭の後ろ付近に刃を入れてください。ちょっと残酷ですがこんな風に。

アナゴの締め方
頭の後ろに刃を入れて背骨を断ち切ると動きが止まる

ナイフや包丁でもいいですが、使いやすく安全なのはキッチンバサミ。海水に触れると接合部分が錆びやすいので、刃を分解できるタイプがオススメ。私は釣りに行くとき必ず持っていきます。

頭の後ろの身に刃を入れても余裕で生きて動きますが、その先にある背骨、延髄を断ち切ればまるで電池が切れたようにクタッと脱力して動きが止まります。かわいそうですが、美味しく食べるためです。

もちろんピンポイントで脳にピックを打って脳締めするのもいいですが、ヌルヌルでニョロニョロ動くアナゴは他の魚に比べて難しいと思います。

アナゴだけ入れたバケツで血抜きをする

背骨が断ち切れたら真っ赤な血が出てきます。

海水を入れたバケツにしばらく漬けて血抜きをしておきましょう。可能であれば”アナゴだけ”を入れたバケツに。クーラーに入れる際も、ビニール袋に入れるなどして他の魚と分けておくのがおすすめです。この理由も後ほど。

これで締めと血抜きの処理ができました。

アナゴが持つ毒について

さて、ここでアナゴについて知っておくべき情報があります。

アナゴの血液には毒がある

姿かたちが似たウナギもそうなのですが、アナゴの血液には毒が含まれているとされています。

アナゴの血清毒

穴子の毒は血清毒と呼ばれるタイプの毒で、摂取すると下痢、嘔吐、皮膚の発疹、チアノーゼ、無気力症、不整脈、衰弱、感覚異常、麻痺、呼吸困難などの食中毒症状を引き起こします。詳しくは厚生労働省の情報をご確認ください。

字面だけみると普段見慣れない症状ばかりで怖いですね。最悪死に至ることもあると厚生労働省のサイトに記載があります。

なお、アナゴの毒はウナギの毒より弱いと言及されがちですが、厚生労働省の情報によれば毒性は同程度となっています。

それほど毒性が強いとはいえない

毒があるといっても致死量に至るにはかなり大量に摂取する必要があります。

ヒトの感受性がマウスと同じであると仮定した場合、体重60キロの成人で約1リットルが致死量とされています。マウスの経口投与で15ml/kgが致死量なので、0.015リットル×60キロ=0.9リットル≒1リットル。(出典:自然毒のリスクプロファイル:魚類:血清毒|厚生労働省

致死量は現実的に摂取が難しいほど大量

致死量をイメージするために普段飲んでいる500ミリリットルのドリンクを思い浮かべてみましょう。アナゴの血で満たされたそれを2本分。

とんでもなく大量の血が必要です。新鮮なアナゴを大量に集めて丁寧に搾り取らないと確保できない量。仮に集められたとしても口から飲み干せる気がしません。これで死ぬのは現実的ではないですね。よって、毒だからといってすぐさま「死」を心配する必要はありません。

例えば食塩を毒として考えると、塩が含まれる醤油の致死量が体重50kgの成人で0.14~1.25リットル程度(出典:全日本民主医療機関連合会)。推定致死量に幅がありますが、上の値を参考にした場合は醤油とアナゴの血の毒性が近いといえます。日本人なら食塩や醤油はほぼ毎日摂取しているわけで、アナゴの血に毒があるからといって過剰に怖がる必要はなさそうです。

不明な部分が多い

ただ中毒量は見積もりであり、実際のところ「不明である」という記述が厚生労働省のサイトにあることにも注意が必要です。

アナゴに毒があるのは確かなのですが作用機構も不明で、全体的に「詳しくはよく分からない」というニュアンスが垣間見れます。本当は全く気にしないでいいほど毒性が低いかもしれませんし、あるいは想定より高い可能性もあります。醤油程度の害だからと言って無視していいわけではありません。

念のための対策はしておこう

最低限の対策はしておくべき

口から摂取する以外にも、傷口や目の粘膜に入ると炎症を起こすとされています。

出来る範囲でそれを避けるに越したことはありません。先ほども書きましたが、バケツで血抜きする際も他の魚と分けておいたほうが安心。さばくときも汚れた手で目をこすったりしないほうがいいでしょう。

最低限の対策はしておくことをおすすめします。

粘液にも気をつけよう

また、血液ほどの強さはありませんが、表面の粘液にも毒があるとされています。

だから素手で触るのもなるべく避けたほうがよく、そのためこの記事ではフィッシュグリップでつかむのをオススメしています。

クーラーボックスで保管する際も、念のためビニール袋などに入れて他の魚と分けたほうが安心です。通常は調理前に魚を洗うので無視していい程度の影響だとは思いますが。

加熱すれば毒性がなくなる

熱を加える調理なら心配なし

アナゴの毒はタンパク質なので60度で5分加熱すれば無害になります。

アナゴといえば天ぷらや煮物、蒲焼きで食べることが多い魚。必然的に熱を通すことになります。生で食べようとしない限り食べるときに毒を気にする必要はないでしょう。

そう、生で食べようとしない限り。

丁寧な処理をすれば刺身でも食べられる

どうやらそれほど毒性がないと分かれば、釣り人たるもの刺身で食べてみたいと思うわけです。

釣り場での扱い方、そして毒に対しての知識と対応。これらのことを把握したうえで、出来る限り安全に配慮した丁寧な処理をすれば生で食べることも可能になります。

アナゴの刺身を食べてみる

しっかり処理して自己責任で

可能な限り血やヌメリを取り除く処理として、以下のような工程をふみます。

  • 釣った直後に締める
  • 可能な限り血抜きする
  • 血と同じく毒性があるとされるぬめりも丁寧に取る
  • ぬめりや血がついたまな板は次の処理の前に洗う
  • 3枚におろして皮を引いた後は身に残った血を水で洗い氷水で締める

ここまでやっておけば毒性があるとされる血もほとんど残りません。

そもそもの毒性の低さから考えて問題なく生で食べられるはずですが、あくまで自己責任でお試しください。おすすめしたいのですがオススメはできません(分かってください)。

私自身、そのような処理をして家族全員で食べたことがあり、こちらがその写真になります。

アナゴの刺身はめっちゃ美味い
アナゴの刺身はめっちゃ美味い

特に誰も体調不良は起こしませんでした。見方を変えれば、鮮度落ちしてヒスタミンが増えたサバを食べるよりよっぽど安全かもしれません。

アナゴの刺身は美味いのか?

しかしそんな面倒な処理をしてまで、多少の危険をおかしてまでアナゴの刺身を食べる価値があるのか?これについては経験者としてはっきり言えます。

間違いなく価値アリです!

サイズにもよりますが、60センチを超える個体なら脂乗りも良く、プリッとした筋肉質な身の食感と濃厚な脂が同時に楽しめます。寿司で食べ慣れたあのアナゴの風味もちゃんとある。青魚や普通の白身魚でこれは味わえません。他に替えがきかない味。

大きなアナゴが釣れたらしっかり処理したうえでぜひ試して欲しい…けどオススメはできません(お察しください)。

ご家庭でできるアナゴのさばき方

アナゴといえば、何やら釘のようなものをまな板に打ち付けて固定してからさばくというイメージがあると思います。

しかし一般的なご家庭にその釘のようなもの、つまり目打ちがあるなんてことはまずないはず。また、それを気軽に打ち込んでもいいまな板もないでしょう。そりゃ当然です。

そこで、どこのご家庭にもある「とある調味料」を使ったアナゴのさばき方を記事にしました。

他の釣りの外道で不意に釣れたアナゴ。素人の自分には扱えないからとリリースせず、適切に持ち帰って適切に処理してみませんか?

この記事は関西在住の釣り人が書きました

1978年大阪生まれ大阪育ち大阪在住。

家族共通の趣味を持つべく2014年に20年ぶりの釣りを再開。京阪神の海にて活動する小物ハンター。釣りの目的は現実逃避とおかずの確保。海は大きい、自分で釣った魚は美味しい。それでいい。

当サイトのアクセスは年間のピークの時期で月間35万PV程度(2020年8月実績)。

当サイトは「Amazon.co.jpアソシエイト」に参加し商品の宣伝を行っています

レビュー依頼や連絡等がありましたらこちらから

文章や画像の引用についてはこちら

Fam Fishingをフォローする
魚料理
スポンサーリンク
Fam Fishingをフォローする
Fam Fishing