PR

ルアーマチックS86MLはコスパ最強の万能ロッド

ルアーマチックは2023年にリニューアルされてデザインが変更になりました。この記事の写真に写っている深緑色のロッドは旧モデルですが性能に大きな差はありません

現代の釣りにおいて初心者が突き当たる壁、それは道具のが多過ぎること。

釣りたい「魚種」そして魚を「釣る方法」によって細かいジャンルが成立しており、そのジャンルごとに専用の道具が存在します。ロッド(釣竿)というカテゴリひとつをとっても膨大な数。

「釣りを始めたい」。ただそれだけなのに選択肢が多すぎる。

そんな釣り初心者のあなたに、一本であらゆる釣りに対応できる万能ロッドを紹介します。コストパフォーマンスを最優先にしつつクオリティにも妥協しない一本を。

スポンサーリンク

おすすめ万能ロッドはシマノのルアーマチックS86ML

おすすめするのは1本だけ

ランキングではありません

この記事にたどり着くまで『おすすめ釣り竿ランキングベスト20』とか『人気ロッドランキングベスト30』とかいう記事をたくさん見てきたことでしょう。

そして「何本もおすすめされて結局なにを選んだらいいんだ?」と混乱したに違いない。そもそもあのランキングって何基準なのか?誰目線なのか?あんなのはアクセス数稼ぎのための中身空っぽ記事です。何の役にも立たない。

そこで私は本当におすすめしたい釣り竿を厳選して「たった1本だけ」紹介します。私が実際に買って使い込んできたからこそ分かる、万能でコストパフォーマンス最強の1本だけを紹介したい。

使い込んできたからこそおすすめできる1本を

この記事で紹介する竿は海釣りで使う竿を想定しています。

その中でも防波堤や釣り公園でやる「堤防釣り(波止釣り)」で釣れる魚が主なターゲット。その他の場所で使えないわけではないですが、そこをふまえてお読みください。

想定するフィールドは堤防や海釣り公園など

ルアーマチックS86MLが万能

まずはそのおすすめの1本を最初に紹介しておきます。

それは日本の最大手釣具メーカーであるシマノの「ルアーマチックS86ML」。

ルアーマチックは名前から分かる通りルアー用ロッド。そしてルアー入門者がターゲットです。シマノから発売されているロッドの中では最も安いシリーズのひとつ。

10種類以上のバリエーションがあるけど

シリーズの中にはそれぞれ違った長さや硬さなど10種類以上のバリーエーションがあり、自分がやろうとしている釣りに合わせてその中から適切なものを選ぶことになります。

ルアーマチックのバリエーション
豊富なバリエーションがあるけど1本だけ選びたい

いやちょっと待て?結局10種類以上のうちから1本を選ばないといけない?しかもルアー専用の竿ですと?エサ釣りには使えないのでは?そんなの万能じゃないじゃん。

そんな意見はごもっとも。それはそれで事実です。

でもその中から「S86ML」という製品を選べば、ルアー釣りエサ釣りも含めて1本で数多くの釣りがこなせるのもまた事実。

その万能さ、そしてなぜ初心者におすすめしたいのか説明しましょう。

2023年に満を持してリニューアル

とここで注意事項。ルアーマチックは2023年にリニューアルされました。

超ロングセラーモデルがリニューアル

異例ともいえる10年ほどの長い期間においてブリティッシュグリーン色の旧モデルが売られ続けられましたが、2023年にまさかのリニューアル。

旧モデルはミニクーパーみたいな他にないカラーリングでおしゃれでした。

リニューアルした2023年モデルはブラックがベースの落ち着いたデザイン。

海用のルアー推奨モデルはライトブルーグレーの差し色、ブラックバス推奨モデルはチャコールブラック、ニジマスなどのトラウト推奨モデルはオフホワイトと、釣りをする場所によって色分けがされています。ルアーフィッシングデビューをする初心者が選びやすいようにしたという配慮がうかがえます。

23モデルの変更点

デザイン面のリニューアルが主ですがスペックの変化もあります。S86MLを例にします。

ルアーマチック23の新旧変更点
  • 自重が20グラムほど軽くなった(145g→123g)
  • 適合ルアーウェイトの上限が4g上がった(28g→32g)
  • リールシートの形状が変更になった

自重が15%ほど軽くなり扱えるルアーの幅が広がっています。これはグレードアップといえます。

デザイン以外で確認できるのは、リールを取り付けるリールシートの形状が変更になっていること。旧モデルはいかにも安物ロッドという感じの汎用的なfujiのリールシートだったので、ロッドと一体化してみえるスマートなデザインへ変更になったのは改善ポイントです。

旧モデルを選んでも損はしない

どちらも手に入り選択できるタイミングなら、新旧どちらを選んでもいいと思います。他のロッドとデザインかぶらない個性的な旧タイプを選んでもいいし、落ち着いた新タイプのカラーを選んでもいいし。

2024年時点ではさすがに数も減っていますが、在庫一掃のため旧タイプがかなりお得な価格になっているタイミングもありました。

いずれにせよ安い方を選んでも損はしませんが、少しでも高スペックをと考えるなら新モデルを選ぶほうがいいでしょう。

ルアーマチックS86MLで出来る釣りと釣れる魚

1本でルアーフィッシングにもエサ釣りにも幅広く対応できるルアーマチックS86ML。このロッドで釣れる魚、できる釣りをまとめました。

ルアーマチックS86MLのおすすめポイント

たぶん日本一売れているロッド

当サイトでは、おすすめとしてことあるごとにルアーマチックを紹介しています。

このブログから累計千本近く売れました

結果として2019年は年間約400本、2020年は約350本と、ほぼ一日一本のペースでAmazonから買われていきました。コロナ禍で釣り人気が高まったとされる2020年の5月は、わずか一か月で100本以上も売れた人気ぶり。

そしてAmazonのロッド・釣り竿売れ筋ランキングでも、在庫がある状態なら上位に入っています。

これは日本一売れているロッドといっても過言ではないでしょう。

ネガティブなレビューが少ない製品

こういったよく売れている製品にはネガティブな口コミも多くなるのが常です。しかしAmazonのレビューを見て分かる通り、ルアーマチックに関してはほとんど見かけません。釣り具の最大手メーカー製品で品質が安定している証拠といえます。

買ったばかりで折れたというレビューは、運悪く初期不良に当たってしまったか、あるいは扱いが悪かったものと思われます。確かに折れるときは嘘みたいに簡単に折れますが、それはルアーマチックに限ったことではありません。

最強のコストパフォーマンス

このロッドが持つ最大の魅力、それはやはり低価格だということ。

6,000円台のロッドでは最良の選択

多少変動しますが、Amazonなら最安時で6,000円台前半になっているはずです。

これより安いロッドとなると、よく分からない謎メーカーのものか、釣り具店のオリジナルブランドのものしかありません。

Amazonでもこれより安い中国製らしきロッドがたくさん売られていますが、あの手のものは酷い品質のものも混じるのでおすすめしません。

安いならそれでいいという割り切った選択も良いと思いますが、初心者だからこそ大手メーカーの製品を選ぶべきと私は断言します。

なぜ初心者こそ大手メーカーがいいのか?なぜ無銘メーカーの安物じゃダメなの?

大手メーカー製品だからサポートが安心

誰でも最初は壊してしまう

初心者だと適切なロッドの扱い方や、これ以上力をかけたら折れるという限界点が分からないはず。

その結果どうなるかというとロッドを壊すことにつながります。ガイドが曲がったりポキッと折れたり。これは仕方ない。たぶんどんな達人だろうと初心者のときは何度もやらかしてるはずです。釣りをやる以上誰もが通る道。

買い替えるのはもったいないし修理して使いたい。その時、よく分からないメーカーのロッドだと部品がなくて修理が出来ない場合があります。そのロッド自体の製造が終わっていればさらに難しく、有り合わせのパーツなどでなんとかするしかありません。

シマノ製品なら釣具屋で修理可能

その点、大手メーカーのシマノかつ現役の製品であれば間違いなく修理やパーツ交換が可能です。これだったら買い替えたほうが安くつくなんていう壊れ方もあるでしょうが、長く大切に使えるにこしたことはありません。

基本は釣具屋に持ち込んでの修理依頼となりますが、国内にシマノの製品を扱っていないなんていう釣具屋はまずありません。つまりこれは全国網のサポート体制が整っているということ。

パーツの価格表をチェック

また、シマノやダイワなどの大手メーカーであればどこにどんなパーツが使われているかという情報が公開されていてサイトで確認できます。

たとえば、S86MLのパーツ価格表を見てみましょう。

これを見ると、ロッド先端のトップガイドに「CCFOT7S-1.8」というサイズのガイドが使われていることが分かります。この部品そのものを釣具屋で注文することができますし、1.8という竿先端の直径サイズが分かれば、それに合ったガイドを選び自分で交換、カスタマイズすることも可能です。

2ピースロッドで壊れにくい

幼少の頃に釣りをしていて、また釣りを再開しようとしてる子育て世代の方。1980年代生まれぐらいのあなたです。

使っていたのは振り出し竿ではありませんでしたか?

その頃にバスフィッシングをしていたなら別ですが、エサ釣りをしていたなら「振り出し竿」を使っていたはずです。4~5本に分割され短く収納された竿本体を、ラジオのアンテナみたいにスルスルと伸ばすあのタイプの竿です。

実はこの振り出し竿、昔に比べて折れやすくなっています。うっかりするとこんな風にポキっとカンタンに。

穂先が折れた竿
振り出し竿はうっかり折りやすい

これは竿の本体に使われている主な材質が、グラスファイバーからカーボンファイバーに変わったからです。

材質が変わったぶん軽くなったり感度がよくなったりなどのメリットはありますが、グラスよりカーボンが折れやすいのは事実。特に伸ばしたり縮めたりしているときによく折れます。そして私自身、何本も折ってきています。なんなら今まで買った振り出し竿はすべて一回折ってます。

ルアーマチックは折れにくい

そして比較的新しい製品であるルアーマチックS86MLもやはりカーボンが主な材質。じゃあやっぱり折れやすいじゃないか!

一般的に高いロッドほどカーボンの含有率が高く、扱いが悪いと折れやすい可能性があります。もちろん素材の配合などで折れにくい工夫がされている高級ロッドもあるので、一概には言えませんが。

でもさっきから書いてるようにルアーマチックは安さが魅力のロッド。だからカーボン含有率は今どき高くも低くもないレベル。これも折れにくい要因となります。

トラブルの少ない2ピース構造

そしてルアーマチックは振り出し竿ではなく2ピースに分かれたロッド。

おおよそ2.6メートルのロッドが半分に切られた状態になっていて、使用時はそれを差し込んで繋ぎ合わせるだけ。ガイドの向きをひとつひとつ気にする必要もないしめっちゃスピーディーに準備可能。

ルアーマチックの並継ぎ部分
使用時は2ピースに分かれたロッドを繋ぐだけ

延ばしたり縮めたりする作業が必要ないので、うっかり折ってしまう可能性が格段に低くなります。いやほんとに。もちろん無茶な扱いをすれば折れますが、そしたらさっき書いたように釣具屋に持ち込んで修理依頼かパーツ取り寄せをかければいい。

ルアーマチックを含めて、2ピースのルアーロッドは何本も持ってますが、今までうっかり折ってしまったことはありません。2ピースであることのデメリットは、収納や持ち運び時にかさばることぐらいでしょうか。

ロッドケースを使うのがおすすめ

なお、ルアーマチックには専用の竿袋が付属していますが、不織布でできたペナペナの竿袋です。おそらく長持ちしないので、安全な持ち運びを考えればロッドケースを買った方がいいでしょう。

破損を防ぐため、ケースの周囲がプラスチックの板でガードされているセミハードタイプがおすすめ。ルアーマチックS86MLは全長259センチなので、バラして2ピースにした長さは約130センチ。多少長さに余裕を持った140センチ以上のケースが最低条件です。

2ピースロッドだからお手入れカンタン

水で汚れを洗い流すだけ

釣りが終わったら、ロッドは海水、魚の粘液やウロコなどで汚れてしまっているはずです。

そのまま1回や2回ぐらい放っておいても直ちに影響があるわけではありませんが、毎回しっかり洗ってきれいメンテナンスにしてあげることで、格段に長持ちするようになります。

メンテナンスといっても、基本はロッドの表面やガイドにこびりついた汚れを水で洗い流すだけ。水道水をびゃーっとかけるだけでも何もやらないよりずっとまし。

この場合、振り出し竿だと穂先のカバーを外して、ロッドのお尻にある栓を抜いて、ちょっとずつ竿を伸ばしたりしながら…手間をかけて水洗いする必要があります。ここで竿を壊すことも多いし、縮めて収納した状態だと乾きにくい。乾きが不十分だと生乾きの悪臭も発生しがち。

その点、2ピースロッドならロッドを2つに分解してそのまま水をかけるだけ!汚れがひどければ指やブラシでこすりましょう。あとは乾かせば完了。振り出し竿みたいに他のパーツと重なっている部分がないからすぐに乾く。ほんとこれだけなのでお手入れがカンタンです。

短かくて軽いから扱いやすい

ルアーマチックS86MLの長さは品番が示すとおり8フィート6インチ。1フィートは約30センチ、1インチは約2.5センチなのでだいたい2.6メートルの長さ。

体の小さい子どもや女性にも

これは長過ぎることもなく短すぎることもない絶妙な長さです。釣りに慣れていない人や、子供、女性でも仕掛けをキャストしやすい長さだと言えます。

こちらは身長150センチ前後の子どもにルアーマチックS86MLを持たせているところですが、ちょうどいいバランスです。

子どもや体格が小さな人でも問題なく扱える
子どもや体格が小さな人でも問題なく扱える

そしてルアーマチックS86MLの重さは145グラム。大体スマホと同じぐらいの重さと考えれば想像がつくでしょう。

数字だけ見ると「え?わりと重くない?」と感じるかもしれないですが、実際釣り場で持ってみると非常に軽くて使い勝手がいいです。他の釣り竿と比べてみても軽く感じるはず。5,000円台の安いロッドなのにこんなに軽くていいのでしょうかっていうぐらい軽い。

この長さと軽さ、子供用のロッドとして使わせるのにも最適です。

釣り竿の基準を作るための一本目として最適

安物は壊れやすいし高級品は宝の持ち腐れになりがち

初めての釣り竿はどんなものを選んだらいいという問いに対して、ベテランの釣り人は回答が両極端になりがち。

どうせ壊すんだからワゴンセールで売っているような安物の釣具セットでいいという人もいれば、初心者だからこそ高くて高性能な釣り竿にすべきという人も。

でも正直言って安物釣り具セットは壊れやすい。

かといっていきなり高級ロッドを買っても最初からその価値や意味を理解できない。宝の持ち腐れになる。最初の一本という条件なら、私はどちらもおすすめできません。

だからこそ私は安物でも高級でもない、ちょうどいいルアーマチックS86MLを1本目の竿としておすすめします。

自称ベテランに耳を貸すな!

”釣りのベテラン”から言わせれば「6,000円程度の釣り竿などおもちゃ同然の安物」といってバカにされるかもしれません。しかし初心者にとっては高い買い物です。6,000円の釣り竿だってしっかり魚が釣れます。胸を張りましょう!

安いタックルをバカにして「すぐ壊れる」とか「使い捨てw」とか言っちゃう残念な人もいますが、そういう人は間違いなくこのロッドを使ったことがないでしょう。言わせておけ!

この竿が壊れるまで使い倒せば初心者卒業だ!

必ず不満が出るときが来る

この竿でいろいろな釣り場に行っていろいろな釣りをしてとことん使い倒せばいい。その頃にはルアーマチックS86MLにも何かしらの不満がでてきて、この次に買う2本目の竿に何が必要か、自ずと分かるようになっているはずです。

たとえばルアーマチックを通してショアジギングが好きになったとします。そしたらもうちょっとグリップが長いほうがいいなと気づくかもしれません。ジギングは脇にグリップの端を挟んでジグをしゃくったほうが楽なんですが、ルアーマチックはちょっと短いからです。そしたらあなた好みのショアジギング用のロッドを検討すればいいし、ショアジギング用のロッドはグリップが長めに出来ている意味も理解できるはず。

釣りの基準を作るための1本に

そこに至るまでの基準づくりとなる1本目の釣り竿。釣りをマスターしていくまでじっくり付き合ってくれる文字通りの相棒。それに最適なのがアーマチックS86MLなのです。

スペックが近い他の選択肢も

なおS86MLが売り切れだったりする場合、86MLより15センチだけ長いS90MLも同じく万能に使えます。重量もほとんど変わらず、それほど使用感に違いはありません。

少し長い分だけ仕掛けの遠投距離が延びるというメリットもあります。

S86MLより少し短くて柔らかいS80Lも万能ロッドといえます。

扱えるルアーの重量が21グラムまでとなるためルアーの選択肢は狭くなりますが、より柔らかい竿のためサビキ釣りなどのエサ釣りにはこっちのほうが合っているかもしれません。

ルアーマチックS86MLが売り切れだけどなるべく早く同じようなロッドが欲しいんだ!というあなたにはダイワのルアーニストシリーズも選択肢に入れてください。ほとんど同じスペックです。

ルアーの専門メーカーであるメジャークラフトも、同様のスペックの入門用ロッドを発売しています。こちらもコストパフォーマンスが高いモデルです。

リール付きのセットならシエナコンボ

リール選びが面倒ならセット商品を

2022年には、ルアーマチックS86MLと同等のスペックを持ったロッドにリールがセットになったシエナコンボが発売されました。

セットで実売1万円を切る価格になっているので、まず最初に選ぶ釣り具としておすすめです。初めからロッドのスペックに合ったリールが用意されているので、リールを選ぶのが面倒だという人にもおすすめの間違いないセットです。

ルアーマチックS86MLとベストマッチするリールはセドナ

このロッドに最適なリールも紹介します。これも私が実際にルアーマチックと組み合わせて使っているリールです。

ルアーマチック×セドナ=ベストマッチ!

それは同じくシマノから発売されているセドナ。

ルアーマチックS86MLとベストマッチするセドナ2500
ルアーマチックS86MLとベストマッチするセドナ2500

位置づけ的にはルアーマチックと同じく初心者用のエントリーモデルです。これも釣りの種類に合わせた豊富なラインナップがありますが、ルアーマチックS86MLに最適なサイズが2500。

ラインを巻き替えさえすれば、これ1台でエサ釣りもルアー釣りも可能。ナイロンラインなら3号、PEラインなら0.8号~1号がぴったり。いろいろな釣りに使い回せます。

エサ釣りをせずルアーをがっつりやっていくんだというならPEライン専用といえる2500Sがベスト。

品番の後ろにあるSはシャロースプールのS。スプールの溝が浅いので、細くてかさの少ないPEラインを無駄なく手軽に巻くことができます。

こちらもコストパフォーマンスを重視するならPEラインはシマノのピットブルがおすすめ。

位置づけとしては廉価版のラインになりますが、50センチぐらいの青物であれば問題なく釣り上げることができます。

シマノのリール以外も取付けできる

ここではシマノのロッドにシマノのリールをおすすめしましたが、同じメーカーじゃないと取り付けができないというわけではありません。シマノのロッドでも、ダイワやアブガルシアのリールを取り付けて使うことが可能です。

ロッド側にあるリール取り付け用のパーツをリールシート、リール側にあるT字型のパーツをリールフットと呼びます。ロッド側にあるリールシートは、国内メーカーのロッドであればfujiというロッド用パーツメーカーのリールシートが採用されていることがほとんど。

それに対してリール側にあるリールフットの形状は共通規格が無くメーカー独自のもの。共通規格が無いということは、大手釣り具メーカーのティムコが明言しています。

とはいえ、なんとなくの共通規格はあるようで取付け自体はメーカーを超えて可能。例えばアブガルシアのリールフットは肉厚だったりちょっと相性の悪い場合もありますが許容範囲です。

ということをふまえて、あえてシマノではないリールかつコストパフォーマンスのリールを選ぶならレブロスがおすすめ。

2020年のモデルなので、少し古いセドナより基本的な性能の向上を感じられるはず。そもそも値段の差もありますが。

予備のスプールがついてくるアブガルシアのカーディナルシリーズもおすすめです。ルアー用を想定しているならカーディナル3のSTXがいいでしょう。

ガタつきの少ないねじ込み式ハンドルのリールでは、どのメーカーから選んでも一番安いモデルだと思われます。

ルアーマチックはSiCガイドじゃないけどPEラインOK

PEラインにSiCは常識だけど

ルアーマチックはトップガイドがSiCガイドではありません。だから「PEラインを使うと削れて溝ができるよ」とアドバイスしてくれる釣り経験者がいるかもしれません。

でもあまり心配する必要はないです。

SiCガイドは厳密にいうとSiCリングというリングが使われたガイド。リングとはラインが通る輪っかの材質のことです。放熱性の高さ、滑りの良さ、強い硬さを兼ね備えていて、PEラインを使うにおいて半ば常識となっているのがSiC。

普通のリングでも問題なし

ではルアーマチックはどんなリングが使われているかというと、ぶっちゃけハードリングという「昔からあるごく普通のリング」で、具体的にはfuji(釣り竿のガイドNo.1メーカー)のOリングが使われているようです。

しかし私は5年以上このロッドでPEラインを使ってきて、溝ができているとか削れているとかいう兆候は無し。週に10日釣り場に通う猛者ならまだしも、週末だけ釣りに行く程度なら気にする必要はないでしょう。

壊れたら買い替えのチャンス

仮に削れたとしてもトップガイドなら交換が容易です。これを機にSiCガイドに変えてみるのもあり。1,000円程度手に入ります。

でもそれぐらい使い込んだころには次に使いたいロッドが明確に決まっているはず。もし削れてガタがきたとしたら、それはガイドの交換か買い替えの時期。その時期を知る目安になるかもしれません。

どういう原因にしろトップガイドが破損するとラインにダメージを与えます。ラインで削れて溝ができるより、うっかりぶつけて一部が欠けるといった可能性も高いです。そうなった場合はPEラインが毛羽立ってくるとか兆候があるはずなので、ラインとガイドのダメージはこまめにチェックしましょう。

モバイルモデル「ルアーマチックMB」が2020年に新発売

最初にルアーマチックが登場したのが2010年前後。

数年もすれば新モデルに切り替わる釣具業界ですが、ルアーマチックは同じ仕様のまま10年ほど販売され続けてきました。さすがにそろそろ新モデルに切り替わるかシリーズ自体廃止かと思っていたところ、2020年にまさかの新バリエーション登場。驚くと同時に、愛用者としては素直に嬉しい。

新しく発売されたのはよりコンパクトに収納できて持ち運びに便利なルアーマチックのモバイルロッド。その名も「ルアーマチックMB」。

4ピースに分解できるロッドなので、収納時サイズは従来の更に半分。もちろんS86MLもラインナップされていて、収納時は70センチ程度とめっちゃコンパクト。バイクやチャリンコ移動でも邪魔にならないモバイル仕様です。車のラゲッジに1本常備しておくのもいいですね。

なお、ルアーマチックMBが発売された段階で既存のルアーマチックが生産終了となったという情報をちらほらみかけます。しかしそれは正しくありません。おそらくは新型コロナによる生産体制の影響で、既存のルアーマチックが品薄になり売り切れ続出していたタイミングがありました。だからそう考えたのだと思います。しかし2020年以降もずっと並行してカタログに掲載されていました。シマノの公式サイトからは確かに消えていましたが、あれは単純なミスだったと思われます。悲しいかな廉価モデルの情報は粗末に扱われがち…

新しいバリエーションが増えたという解釈でいいと思います。

2023年春の段階でルアーマチックMBはまだ緑色の旧デザインですが、順当にいけばそのうち23年モデルのブラックをベースにした新デザインにリニューアルすると予想されます。

ルアーマチックは初心者の味方

私がルアーマチックS86MLを万能ロッドとして初心者におすすめしたい理由、分かっていただけたでしょうか?

自分で使ってきて満足しているからこそ人におすすめしたいのです。特に初心者が選ぶ一本目として。これからも初心者の味方、釣りの入り口としての役割を果たしてくれるはずです。

このロッドのコストパフォーマンスは本当に高い。価格帯が釣具屋のプライベートブランドと競合するせいか、店頭で見かけることがほとんどありません。たぶんこっちのほうが安くて売れちゃうから?

なのでネットでお買い上げになることをおすすめします。

この竿で良き釣りライフを始めてください!きっと楽しい世界が待っています。