関西ファミリーフィッシングの雑記帳

安く釣って美味しくいただく!家族と一緒に楽しむための初心者向け釣り情報サイト

イワシの見分け方 -カタクチ ウルメ マイワシの違い-

f:id:digic:20170216204926p:plain

大阪湾のサビキ釣りで一番たくさん釣れる魚種といえばなんでしょう?

アジ?それともサバ?いや、最もたくさん釣れて、一番長い期間釣れ続けて、そして誰でも簡単に釣れるのはイワシです。大阪湾では毎年4月末ぐらいから釣れ始めて翌年の年明けぐらいまで釣れる、釣り人にはお馴染みの魚。

ひとくくりに「イワシ」と呼んでいますが、日本近海そして大阪湾に回遊するイワシは「マイワシ」「ウルメイワシ」「カタクチイワシ」の3種。

この3種のイワシ、つい最近釣りを始めたよ〜って人にはなかなか区別がつかないんじゃないでしょうか?あるいは初めての釣りで釣った魚を「それはイワシだよ〜」と教えられたけど、魚売場で売ってるイワシとちょっと違ってない?とか。

三種三様それぞれに特徴がありますので、しっかり見分けて区別できるようにしてみましょう。

3種のイワシに共通すること

人呼んでイワシ3兄弟。

長男がマイワシ、次男ウルメイワシ、末っ子のカタクチイワシ。

ちなみにこの兄弟設定は私が勝手に決めた非公式設定なんで気にしないでください。イワシ三銃士、イワシ三傑、イワシ御三家、イワシ三連星など、各自好きなように呼べばいい。

分類上でいうと、マイワシとウルメイワシはニシン亜目のニシン科です。そしてカタクチイワシだけはニシン亜目のカタクチイワシ科に分類されます。はっ!?ということはカタクチイワシは訳ありで腹違いの兄弟?(どうでもいい)

まあ近い種ではあるんで姿形や特徴も似ています。まずは3種に共通する特徴を挙げてみましょう。

サビキ仕掛けで簡単に釣れる

マイワシを小型のルアーで釣っている釣り番組を観たことがありますが、やはりイワシはサビキ仕掛けで狙うターゲットといえます。

シビアな時はポイントが限られた狭い範囲だったりタナが分かりにくかったり、時合いが一瞬(15分とか)だったりします。海面直下に大きな群れが見えているのにサビキにもアミエビにも反応せず素通りするときも。でもほとんどの場合、群れさえ回遊してくれば何も考えず適当に仕掛けを放り込んで簡単に釣れるもの。釣り過ぎてお母さんに怒られるレベルの数が。

ほんとに活性が高い時は、PEラインとリーダーの結束部分に群れが集まるという現象に遭遇したこともあります。さすがに「お前らちょっと落ち着け」と思いました。

ちなみに下の写真はウルメイワシ。これを釣ったときはアミエビ無し、サビキを入れただけで即鈴なりになる状態。調子に乗って釣ったのはいいものの帰ってから途方にくれましたね。

f:id:digic:20170216092909p:plain

私の感覚ではありますが、3種の釣れやすさを比較すると最も簡単にたくさん釣れるのはカタクチイワシです。次いで時期と場所を把握すれば確実に釣れるマイワシ、そしていまいち回遊パターンがつかめなくて神出鬼没なのがウルメイワシ。

釣れやすさをまとめると「カタクチイワシ > マイワシ > ウルメイワシ」というところです。これはあくまで個人的な感覚なんで参考まで。

ウロコが剥がれやすい

イワシを手で掴むと簡単にウロコが剥がれてしまいます。その手で竿やリールを持って、気がつけばウロコまみれにしてしまうこともしばしば。

反面、調理する時は指で撫でてやるだけでウロコ落としができるんでお手軽です。それ以前にクーラーボックスに入れて持ち帰ってる途中でほぼウロコがとれてるんですが。クーラーの底はウロコが積もって掃除が大変。

お正月前後の神戸でマイワシが爆釣するタイミングがあるんですが、そのときは堤防がウロコまみれになってたりします。

弱くて死にやすい

「魚へん」に「弱い」と書いて「鰯」。

その名に違わずイワシは弱い魚です。ウロコの剥がれやすさと相まって体表がとても傷つきやすく身も柔らかい。素手で触れてしまったらリリースしてもおそらく長生きはできないと思います。 もし生きたまま釣りエサに使うというなら、体には触れずに針をクイッと回転させて針を外し直接活かし用のバケツに入れると比較的長生きします。

また、傷みやすい魚のためサバと同じように短時間で内臓がデロデロに溶けます。釣ったらなるべく早く内臓とエラだけは処理してしまいましょう。美味しくいただくためのコツです。

焼いても干しても生でも美味い万能食材

いわしと言えばアジとサバに並ぶ大衆魚オブ大衆魚。よっぽどの事情が無い限り今まで食べたことがないなんて人はいないはず。

大衆魚だけあって値段は安い。でも安いからと言って不味いわけではない。いやむしろとても美味しい。安くて美味い、これは正義。そのうえあらゆる料理方法が生み出されていてレシピを探すのにも苦労しません。

焼いたり干物にしたりいろいろな食べ方がありますが、釣り人なら超新鮮なイワシが手に入るわけで、それならやはりまずは刺し身がおすすめです。

下の写真はイワシ3兄弟を刺し身にしたもの。盛り付けがきたなくて申し訳有りません。

f:id:digic:20170216125528p:plain

銀色の皮目がたくさん残っているのがマイワシ、血合いが濃くかすかに縞々状の銀色が残っているのはウルメイワシ、カタクチイワシは…下に埋もれちゃってるな。

こんな感じで身の見た目はとても似ています。まだ暑い時期に釣ったものなので脂が少なく赤味が強いですが、冬場や産卵前だと脂がのってもうちょっと白っぽくなります。ゴールデンウィーク前の時期に淡路島で3兄弟を同時に釣ったことがあるのですが、どれも卵持ちで脂ノリが最高でした。味も似ていますがそれぞれ微妙に個性があるので食べ比べをして楽しめます。

では続いてそれぞれのイワシについて掘り下げていきましょう。

「マイワシ」はイワシの中のイワシ

魚売場でイワシとしてそのまま売られているイワシはたいがいマイワシ。世間一般で「イワシ」と言えばマイワシを指します。

煮付け、フライ、つみれ汁、刺し身、お寿司、塩焼きなどなど、あらゆる料理に対応できる万能食材。おそらく今まで食べたことないという人はいないんじゃないでしょうか?加工食品としても干物や缶詰などでポピュラーです。

マイワシの漁獲高は何年周期かで増減を繰り返していて、漁獲が減った時期は高級魚の仲間入りをします。でも基本はひと山いくらで売られるような大衆魚です。

マイワシの外見的な特徴

f:id:digic:20170216125805p:plain

マイワシの特徴はなんといっても体の側面複数並んでいる黒い斑点。生きた状態だとウロコに覆われてよく見えませんが、ちょっと手を触れただけでウロコがはがれて斑点があらわになります。イワシ三兄弟のなかで斑点をもつのはこのマイワシだけなんで判別が簡単。

がしかし、まれにこの斑点がないマイワシも釣れます。普通に斑点があるマイワシの群れに混じっているので厄介。この場合はウルメイワシとの区別がちょっとつきにくいかも。詳しくはぼうずコンニャクさんの魚介類図鑑をご覧ください。

マイワシの大きさ

最大で30センチほどになりますが、大阪湾の陸から釣れるサイズだとせいぜい20センチを超えるぐらいまで。大阪湾の陸からでの釣りに限定すれば、3種のイワシの中で一番大きいサイズが釣れます。後述しますが、年末年始前後の時期にこのサイズのマイワシが狙えます。

シーズン中は他の小魚に混じって10センチ台の小さいマイワシがたまに釣れます。

マイワシの呼び名

大きさによって小羽イワシ、中羽イワシ、大羽イワシと呼ばれることがあります。釣り人の間ではあまり使いませんが、魚売場や魚屋でその名前が使われていることがあります。ちなみに中羽は”ちゅーば”と読むのですが、それを知らないとき「チューバイワシ」というラベルが貼られたイワシをみて「外国産かな?」と思ったのは昔の話。

豆サイズのマイワシは平子イワシなんてラベルがついていることもありますね。

マイワシが釣れる時期と場所

シーズン(5月~12月ぐらい)を通していつでもどこでも釣れるのですが、型も小さくあまりまとまった数は釣れません。

大阪湾でマイワシを釣るなら年末から正月明けぐらいにかけてがねらいどき。

この時期、局所的に20センチ前後の大きなマイワシの群れが回遊してきます。2016年のシーズンを例に挙げてみましょう。時期はお正月前後から1月いっぱいぐらいまで、西宮ケーソンの入り口付近、ポートアイランド北公園で東側波止の付け根付近、兵庫突堤の奥付近(造船ドックの対岸ぐらい)、アジュール舞子の温泉裏などで釣れていました。外海に開けた場所ではなく入り江のようになっている場所に溜まるようです。

年末年始は寒くなって釣れる魚も極端に減る時期。ひとたび回遊情報が出れば釣果に飢えた釣り人ゾンビが「マ~イ~ワ~シ~」と大挙して押し寄せますので情報にアンテナをはっておきましょう。

マイワシの食べ方

マイワシはどんな食べ方をしても美味い魚です。今さらここで語るまでもないのであえて触れません。

でもとりわけ釣り人だからこそ味わって欲しいのは刺し身でしょうか。冬の寒い時期や産卵前のマイワシは脂がのっていて絶品。トロっと口の中でとろけます。自分で釣ったマイワシなら釣って数時間後の超新鮮な状態で刺し身にできるから、とろける脂とコリッと歯ごたえのある身が同時に楽しめます。ほんとこれ釣り人の特権。

「ウルメイワシ」は3兄弟イチの美形イワシ

ウルメイワシは3兄弟の中でたぶん一番マイナーなイワシです。

加工しないそのままの状態で売られているのはあまり見かけません。干物に加工されることが多いイワシで、いわゆる「メザシ(目刺し)」はウルメイワシに塩をして干したものがほとんど。え?メザシって名前の魚がいると思ってた?大丈夫、私もです。

ウルメイワシの外見的な特徴

f:id:digic:20170216125830p:plain

特徴は大きな目。この目が潤んでみえることからウルメイワシ。

体は口の先から尾びれまで綺麗な流線型をしていて、3兄弟の中では一番均整がとれているように見えます。大きく潤んだ目、抜群のプロポーション、綺麗な背中の青色。3兄弟の中でこいつが一番美形。

長男マイワシは誰にでも愛想が良くて好かれる感じ、次男ウルメイワシは黙っててもモテる。末っ子カタクチイワシはそんな兄弟の下で卑屈になっていつも下唇を噛んでる。3兄弟はそんなキャラ設定。(※独自設定)

ウルメイワシの大きさ

3兄弟の中では一番大きくなり最大で40センチほどに達するとか。とはいえ大阪湾の陸から釣れるのはせいぜい20センチぐらいまでで、それより小さい小型がほとんど。

一度魚屋で30センチ超えの大きなウルメイワシが売られているのをみたことがあるのですが、普段10センチ台の小さなウルメイワシしか見たことがなかったのでそのまま拡大コピーした作り物のように見えました。

ウルメイワシの呼び名

私が把握している限り、他の2種に比べて特別な呼び名がある魚ではないような。せいぜい「ウルメ」って略すぐらい。地方によってはいろいろあると思います。

ウルメイワシが釣れる時期と場所

シーズンを通してどこでも釣れるといえば釣れるんですが、あまり狙って釣ることはできない魚です。「よっしゃ今日はウルメイワシを釣りに行こう!」ってことにはなりません。他の魚に混じって釣れて「おっ、今日はウルメが回遊してきてるのか。」と気付く感じ。

シーズン後半になるにしたがってサイズが大きくなりますが、20センチを超えるようなサイズはほとんど釣れません。大きくなると遠くに移動しちゃうんでしょうか?

ウルメイワシの食べ方

これもマイワシと同じく新鮮であれば一度刺し身でお召し上がりください。

ウルメイワシは3兄弟の中で一番旨みが強い魚でそれは刺し身においても同じ。柔らかい身と強い旨みは今まであまり食べたことがない類の刺し身だと思います。イワシの中ではウルメイワシの刺し身が一番美味いという人もいます。

釣れるときは処理に困るほど釣れるので、そうなったら干物にするのがおすすめ。私は5%の食塩水に1時間ほど漬けてエラから目に串を刺してメザシに加工します。暑い時期ならこうやって深めのタッパに入れて冷蔵庫干し。

f:id:digic:20170216125427p:plain

このメザシはウルメだけななくてカタクチも交ざってますね。

一晩ほど干したらコンロでサッと炙って白ご飯と一緒に食べると絶品です。マヨネーズをつけても美味い。たべきれなかったら冷凍してもOK。

「カタクチイワシ」は大型魚を呼ぶイワシ

カタクチイワシは釣り人に一番なじみのあるイワシですが、一般的にはそのまま売られるより加工品として売られていることが多いイワシです。

代表的なものはいわゆる「ちりめんじゃこ」や「しらす干し」。イワシ類全般が使われますが基本的にはカタクチイワシが使われます。そんだけ漁獲量が多いのではと。

カタクチイワシの外見的な特徴

f:id:digic:20170216125850p:plain目が体の前方に寄っているのも特徴的ですが、最大の特徴は頭の下にある短い下アゴ。ぐっと下唇を噛んでいるかのようです。”カタクチ”というは口が堅いからというわけではなく、この下アゴが頭の片方に寄ってついているからというのが由来のようです。むしろカタクチイワシの口は釣魚の中で最も柔らかい部類。

こんな小さな下アゴですがエサを獲るときは驚くほど大きく開きます。水族館でみたことないですかね?この大きな口を開いて流れに逆らいながらプランクトンをかき集めます。なのでかなり大きな針にも掛かってきます。

体形は3兄弟のなかで一番ヒョロ長く、背中は黒っぽい色をしています。ウロコが剥がれやすいのは同じですが、ウロコのつき方が他の2種とはちょっと違いますね。

カタクチイワシの大きさ

最大で15センチぐらいまでにしかならないので、3兄弟の中では一番小さいイワシです。大阪湾の陸から釣れるのも、もちろんそのサイズまでになります。大きなサイズはシーズン序盤の5月~6月ぐらいに釣れることが多いです。

カタクチイワシの呼び名

背中が黒いんで背黒(セグロ)イワシなんて呼ばれることがあります。シコイワシ、ヒコイワシなんてのも。単に小さいからコイワシって名前で売ってたり。

関西の釣り人は単にカタクチって略すぐらい。

カタクチイワシが釣れる時期と場所

シーズン中であればいつでもどこでも回遊さえあれば簡単に釣れます。釣りに慣れてくるとまたこいつかとうんざりするほど釣れるはずです。

とはいえ釣りシーズンが始まる春の時期は、カタクチイワシの回遊こそが釣りシーズンの開幕を告げる合図であり、回遊が大歓迎されます。ファンファーレを鳴らしたいぐらい。

カタクチイワシは魚類の食物連鎖の中で最底辺にいる魚なので、これを食べにいろいろな魚が陸に寄ってきます。なので4月にどこそこでカタクチイワシが釣れ始めたとなると、釣果情報ではけっこう大きく扱われます。私個人的にもカタクチイワシの回遊情報は「そろそろ今年も始めるか」って気分にさせてくれます。

他の回遊魚が次々と姿を消していくシーズン終盤も最後まで釣れ続いていることが多いです。

カタクチイワシの食べ方

またかと思われるかもしれませんが、新鮮な状態であればいちど刺し身でお召し上がりください。小さくて処理が大変ですが、あの小さなサイズの魚とは思えないほど旨みたっぷり。

あんなちっこい魚をちまちまと処理するのは面倒というのであれば、梱包用のPPバンドを使った身の取り方があるのでやってみましょう。広島ではカタクチイワシの刺し身がよく食べれれているらしく、そこで編み出されたテクニックのようです。

最初は力加減や角度調整が難しいですが、慣れてくるとPPバンドが中骨に当たる「カリカリカリ」っという感触が快感に。 削ぎとった身は海水程度の濃度にした食塩水でざっと洗って水分をとれば皮を剥がずそのまま食べられます。醤油はもちろんポン酢で食べても美味い。

この削いだ身を塩漬けにしたのちオリーブオイルに漬ければパスタと相性バツグンなアンチョビも作れます。仕上がりまで数ヶ月かかりますが基本は放置でOKなんで簡単でした。

f:id:digic:20170217100324p:plain

【余談】秋に水面でクルクル回ってるカタクチイワシ

朝晩ちょっと涼しくなって夏の終わりの気配を感じる時期ぐらいに海面でクルクル旋回しながら泳いでいるカタクチイワシを見たことがありませんか?群れから離れて単独でクルクル回っているカタクチイワシを。

和歌山の釣太郎さんが映像に残しているのでこちらをご覧ください。

これって釣れたものをリリースしたりフィッシュイーターに襲われたりして傷を負ったイワシが、息も絶え絶え海面でもがいているものだと思っていました。

しかしあの旋回、実は寄生虫によって引き起こされているのです。

「ガラクトソマム」という寄生虫がその正体。こいつが最終的に寄生する終宿主(しゅうしゅくしゅ)はウミネコなどの海鳥。つまり空から海鳥に見つけてもらいやすいよう、食べてもらいやすいよう、ある水温をキーに頃合を見計らってカタクチイワシの神経に干渉しあの異常行動をさせるというわけ。なにそれ恐い。

ということはイワシは海鳥の糞を捕食して、寄生虫の卵だか幼生だかを体内に取り入れれてるのかな?

とりあえず人間に寄生することはないらしいのでご安心ください。

参考:http://fishparasite.fs.a.u-tokyo.ac.jp/Galactosomum sp/Galactosomum.html 

その他のいわしフレンズたち

イワシっぽいけどイワシじゃない魚

もう1種、日本近海で釣れる魚でイワシの名を持つ魚がいます。大阪湾に回遊してくるという話は聞いたことがありませんが トウゴロウイワシという名前の魚。

しかしイワシっぽい体形だからイワシの名がついてるだけで、どちらかというとボラの仲間。3種のイワシのとは縁遠い種です。スズメダイなど、種が違えど形が鯛っぽい魚は一様に「~ダイ」って名前がついてるのと同じですね。

イワシにしてはウロコが固くて剥がれにくいので簡単に判別できるはず。

下の写真は釣りエサとして買ったキビナゴに混じって入っていたトウゴロウイワシを、タチウオ様への生贄として捧げているところです。

f:id:digic:20170217095327p:plain

この日タチウオ様はお見えになられませんでしたが。

イワシっぽくないけどイワシに近い魚

大阪湾奥の淀んだ海でサビキをするとよく釣れるサッパ。またの名をママカリ。体型的にイワシとはかけ離れていますが、これもイワシに近い種。あまり喜ばれる獲物ではないですが、酢漬けにすると絶品。

サッパに近い見た目のコノシロもイワシに近い種で、秋になるとたまにサビキに掛かります。30センチ近いサイズなんでよく引いて楽しいんですが、やたら小骨が多いんで食べるのに難儀します。

キビナゴもイワシの仲間

タチウオの餌としてお馴染みのキビナゴも分類上イワシに近い種です。大阪湾ではまず釣れませんけど。

とても旨みが強くて美味い魚なんで、刺身用に売ってるのを見つけたら一度食べて見ることをおすすめします。イワシと同じように手開きで調理できます。

違いを知って美味しくいただく

釣りに慣れてくると「なんやイワシかいな。」って感じでイワシを軽視しがちですが、釣りが上達したからといって魚の価値が下がるわけはなく。私は今もイワシを有り難くいただいております。

釣りで釣れる魚の中で、こんなに応用の利く食材はあまりないかと思います。そんな中で3種それぞれに特徴がありそれに適した食べ方があるので、それぞれの違いを知ってより美味しくお召し上がりいただきたいなと思いこの記事を書いた次第です。

同様のコンセプトで「マアジ」と「マルアジ」についてもまとめておりますで、よければご覧ください。

こうなると「マサバ」と「ゴマサバ」についてもまとめたいところですが、私自身まだ違いがよく分かっていないので追々書かせてもらおうかと思います。

当サイトは「Amazon.co.jpアソシエイト」に参加し商品の宣伝を行っています