関西ファミリーフィッシングの雑記帳

楽しく釣って美味しく食べる みんなで楽しむ関西の釣り情報

ダイワ「快適波止タチウオテンヤSS」は太刀魚ゲッターのライバルになるか?

f:id:digic:20170808223053j:plain

大阪湾の波止からタチウオを狙う方法は主に3つ。

ワインド、ウキ釣り、そしてテンヤの引き釣り。この3つの中において比較的地味な存在ではありますが、最も歴史が深く最も高い確率で釣果が見込めるのがテンヤの引き釣り。

波止用のテンヤは大小様々なメーカーから発売されていて釣具屋の店頭を賑わしています。その中で人気があるテンヤのひとつがシマノから発売されている太刀魚ゲッター。当サイトにおいてもイチオシのタチウオテンヤです。お手軽さとカスタマイズ性の高さが魅力。価格の高さがネック。

そういえばシマノのライバルであるダイワからは波止用のタチウオテンヤが出てないよなあと思っていた2017年の夏、ついに!満を持して!ダイワから波止用タチウオテンヤが登場しました。

その名は「快適波止タチウオテンヤSS」。

DAIWAの快適波止タチウオテンヤSSとは

ゲッターがナカッター()から

最初に言っておきます。

実を言うとこの新アイテムを知ったきっかけがありまして。

「今年も釣具屋に太刀魚ゲッターが入荷され始めたらしいから、売り切れる前に小さいサイズのを買っとこう」と最寄の釣具屋に行ったらゲッターが置いてなくて。あら残念と売場を物色してたら、かなりのスペースを割いてこのダイワのテンヤが売られていたってわけです。

しょうがないからこれ買っとくかと。ゲッターより安いし。

そんな消極的なきっかけではありますが、よくよく見ればゲッターのライバルになり得るテンヤだと分かったので紹介したいと思います。

「SS」はサイズのことではない

気になるのは商品名の最後についたSS。

なるほど小さめサイズのラインナップなんだなと思ったら2号から6号まであって、8号がない以外はゲッターと一緒です。

じゃあ何かと言いますと、このテンヤに使われている針の仕様が「SaqSas」というものらしく、それを略してSS(サクサス)ということのようです。サクッと刺さる脅威の貫通力でサクッと刺す、サク刺す、SaqSas。釣具メーカーってみんなダジャレ大好きやね。

このあたりのことはメーカーサイトの記述をご確認ください。

難しいことはよう分からんがとにかくよく刺さるのが売り文句。でもほんとにこれ良く刺さります。他の一般的なテンヤとは明らかに違う。うっかり適当に扱っててたびたび手に刺してしまってます。

表面のコーティングに秘密があるみたいですね。針先が鈍ってきたときに砥いでいいものかどうかちょっと不安ですが。

たぶんですけど、エサを固定するためについている3本の針についても、見たところ同じ加工がしてあるっぽいです。

仕様の異なる3タイプ

ゲッターと同じく3タイプの仕様があります。

まずはノーマルタイプ。まあ見た目よくある普通の波止用テンヤですね。 ゲッターでいうところの「時短テンヤ」。

ダイワ 快適波止タチウオテンヤSS SSS

ダイワ 快適波止タチウオテンヤSS SSS

 

そしてチャターが付いたタイプ。ゲッターのびりびりと同じ。

ダイワ 快適波止タチウオテンヤSS S チャター付

ダイワ 快適波止タチウオテンヤSS S チャター付

 

特筆すべきはこのタイプ。ゲッターにはないブレードがついたタイプ

ダイワ 快適波止タチウオテンヤSS S ブレード付

ダイワ 快適波止タチウオテンヤSS S ブレード付

 

ブレードがついたことでゆっくり沈むスローフォールになり、リトリーブ時の振動でタチウオにアピールできると。これは時合いが過ぎて暗くなり食いの落ちたタチウオに有効なのでは?

ということでまずはこのブレードタイプを買ってきたので、これを例に詳しく見ていきましょう。

3タイプの共通仕様

3タイプ共通の仕様でゲッターにはない特長があります。

シンカーを追加して重さ調整ができる

ヘッド部分にシンカーを取り付けて重さ調整ができます。 

FLAP釣法のヘッドみたいにガン玉が取り付けられたら便利だったのですが、ダイワのシンカー専用みたいです。これが対応しているシンカー。

ダイワ  紅牙 テンヤカブラ プラスシンカー 0.5号 金

ダイワ 紅牙 テンヤカブラ プラスシンカー 0.5号 金

 

ヘッドの下にネジ穴があり、そこにさっきのシンカーをねじ込んで固定するようです。

f:id:digic:20170808220727j:plain

わざわざ専用品を買ってまで使わないかなあ。

ヘッド部分の蓄光塗料はルミノーバで長時間発光

昨年2016年はFLASH J ルミノーバの大ヒットがあったからか、今年はいろんな釣具メーカーからルミノーバを使った新商品が出てきてますね。たしかにあの発光の持続性は大きな魅力。 

ということでこのテンヤのヘッドにも当たり前のようにルミノーバが使われています。せっかくなのでFLASH J ルミノーバと並べて光らせてみました。

f:id:digic:20170808221142j:plain

うおっ眩しい!

ついでにテンヤには25mmのケミカルライトもつけてます。ケミカルライトの取り付け方はのちほど。これで光のアピール力もバッチリ。

標準でケミカルライトを取り付け用可能

個人的にこれは「かゆいところに手が届いた」ポイント。

波止用タチウオテンヤにケミカルライトを取り付ける方法といえば、ルミカのテンヤホタルを使う方法と、ゲッターならチューブを使って背中に背負わせる方法があります。両方つけたらこんな感じ。

f:id:digic:20170808103128j:plain

私はエサのお腹部分を光でアピールするのが正解と思っているのでテンヤの前のほうにテンヤホタルを使ってケミカルライトを付けます。でもテンヤホタルって使っているうちに水圧で段々後ろに下がってきたり回転したりするんですよ。上の写真はちょうど下がりきったところ。気付いたらそのたび直す。

ダイワのテンヤにはヘッドの下部分から後方に伸びる針金が出ており、ビニールパイプを介してケミカルライトを取り付けられるようになっています。仕組み上、どのサイズでも取り付けられそうですが、最適なのはやはり25mmでしょう。

もちろんダイソーケミでもこのように取り付け可能です。

f:id:digic:20170808221704j:plain

実戦投入していないのではっきりとは言い切れませんが、かなりがっちりハマってるので水圧で抜けることはないかと。この仕様はゲッターにも採用してほしい。

普通に取り付けると少し下方向に浮いてしまいますので、エサの取り付け時にこのケミカルライトごと針金で巻いて固定するのが正解のようです。

ワイヤーリーダー付き

これを使うかどうかは置いといて、20センチほどのワイヤーリーダーが付属しています。私はこれを使わずに太めのフロロカーボンリーダーを使うと思います。

切られるリスクを回避するならワイヤー。1匹でも多く釣りたいなら太めのナイロンかフロロをリーダーに。各自ご判断ください。

f:id:digic:20170808222020j:plain

ただしワイヤーについてるスナップが貧弱そうなのが気になります。重いタチウオを上げる際に伸びて外れてしまっては元も子もないので、ここはもっと耐荷重が強いものに変えておくと安心です。

エサ付けは伝統の針金グルグル巻き方式

エサ付けはテンヤで標準的なワイヤーを巻いてエサを固定する方式です。

この点はどうしてもゲッターの手軽さに劣りますが慣れれば問題ないでしょう。考え方を変えれば、ごてごてしたゲッターより警戒心をもたれにくいメリットがあるかも。

私はこの針金巻きが下手ですぐ針金に癖がついてしまいます。予備の針金を買っとくかな。

こんな改造あるいはカスタマイズ

男たるもの、カスタマイズの余地があるのなら何かしら手を加えたいのが性。というわけで簡単にできる範囲で取り付け可能なパーツを追加してみました。 

f:id:digic:20170808223305j:plain

ヘッドの下にもアイがあるのでそこにスプリットリングをつけてトレブルフックを追加。小さいサイズのタチウオに有効かもしれません。まあでも邪魔かな…。あくまで一例ってことで。

先述の通りケミカルライトは標準で取付可能。

ブレードタイプだと干渉しないように気をつける必要がありますが、太刀魚ゲッターのカスタマイズでは定番のトレーラーフックも取り付けられます。

快適波止タチウオテンヤSSまとめ

個人的に太刀魚テンヤはゲッター一択かなと思っていたところ、ダイワから対抗馬が出てきたので紹介しました。基本は従来からあるテンヤと同じタイプのものですが、さすがそこはダイワ、工夫を加えた面白い製品を出してきましたね。品質も高く感じます。

値段は「普通のテンヤより若干高くてゲッターよりはだいぶ安い」という価格帯です。手を出しやすい価格ですし、釣果も期待できると思います。

秋になれば太刀魚シーズンが本格化します。そのときにはこのテンヤを実戦投入して効果の程を確かめたいと思います。待ってろタチウオ!

シマノの太刀魚ゲッターも引き続きおすすめです。こちらもご検討あれ。

選択肢が増えるというのは選ぶ楽しみも増えますね。

当サイトは「Amazon.co.jpアソシエイト」に参加し商品の宣伝を行っています