大阪湾のタチウオ回遊ルートを読み解く

大阪湾のタチウオは何処から来て何処へ行く?
スポンサーリンク

狭いようで広い大阪湾。

湾内の各ポイントでタチウオが釣れはじめる時期には数ヶ月単位のずれがあります。

大阪湾でも南や西のほうで早ければ夏ぐらいから釣れはじめ、大阪湾の一番奥に位置する南芦屋浜や西宮ケーソンで釣れ始めるのが9月下旬から10月上旬ぐらい。そして年末年始前後を境に途絶えるタチウオの釣果。

でもこれってどういう理由でそうなっているのか?タチウオはどういうルートで大阪湾を移動しているのか?

既存の資料をもとに、大阪湾におけるタチウオの回遊ルートを調べてみました。

タチウオの回遊ルートについて資料

ケミホタルクラブ40号

タチウオ釣りに欠かせないのがパキッと折って発光させるケミカルライト。集魚用の光として、また暗闇での目印としてなくてはならないアイテムです。

各社から発売されていますが、中でもルミカのケミホタルがタチウオ釣りにおいてのルーツであり、デファクトスタンダードにもなっています。

そのルミカが発行したケミホタルクラブ40号。ここにタチウオの回遊ルートを紐解く手掛かりが掲載されていました。

まず冬の紀伊水道沖で越冬した群れが初夏に淡路島で二手に分断されます。真面目に真っ直ぐ北上する東回りの群れと、淡路島の西に寄り道をしていく西回りの群れ。

例年は和歌山付近で最初にタチウオが釣れ始めますが、それは東回りの群れというわけです。これはそのまま北上し、関西空港周辺の泉州地域では夏ぐらいにタチウオが釣れ始めます。

一方西回りの群れはやや遅れて明石海峡を通過し、例年お盆を過ぎたぐらいに神戸の沖提などで釣れ始めます。

大まかに分けると、タチウオは以下2つの群れとなって大阪湾に進入することになります。

  • 大阪湾の北にある明石海峡から進入するタチウオの群れ
  • 大阪湾の南にある紀淡海峡から進入するタチウオの群れ

便宜上、この記事中では明石海峡ルートの群れを北回りチーム、紀淡海峡ルートの群れを南回りチームと呼ぶことにしましょう。

40年前の古い資料も参考に

もう一点、大阪府立環境農林水産総合研究所のサイトでタチウオの回遊に関する資料を発見しました。大阪府水産試験場の研究報告書ということで、きっちりと調査研究に裏付けされた内容のはずです。

リンク先のページにあるリンク「本文(PDF 634KB)」からダウンロードできる資料の6ページ目に詳しい解説があります。

1978年の資料ということでおおよそ42年前の古い資料。その42年の間に、大阪湾では大きな変化がありました。

大規模な人工島であるポートアイランドや六甲アイランドの埋め立て、関西空港や神戸空港の開港など。大阪湾沿岸の地形は大きく変わりました。その変化は魚の生態に多少なりとも影響を及ぼしたと思われますが、大筋では変わってないはず。その前提で進めます。

この資料では紀淡海峡から北上する南回りチームの回遊について詳しい解説がありました。また、タチウオの食性に関する資料もあってなかなか興味深いです。

諸説や持論等あるとは思いますが、私はこれらの資料をスタンダードとしたいと思います。これで回遊ルートのイメージができました。

タチウオの回遊ルートをまとめる

これらの資料から得た情報をもとに、季節ごとのルートを図示したいと思います。

冬場も大阪湾の深場に居残りするチームがいるみたいですが、それは基本的に船からのみ狙える群れであり、私の守備範囲外のため今回は考えないものとします。また、明石海峡より西の播磨灘に出て行く群れもいるようですが、それもここでは対象外とします。

紀伊水道沖で越冬

まず1サイクルの起点を冬としましょう。2月ぐらいでしょうか。

大阪湾岸ではタチウオが釣れない時期です。その時期のタチウオは紀伊水道沖で越冬中。タチウオ以外にもマダイやサワラなど、ここで越冬する魚は多いとされています(出典:瀬戸内海 第64号)。黒潮の影響で水温が高かったりエサが豊富なのでしょう。

以降、オレンジ色で図示するのが明石海峡から進入する北回りチームの群れ、青色で図示するのが紀淡海峡から進入する南回りチームの群れとします。

初夏にそれぞれの海峡を通過する

初夏頃というので5月か6月ぐらいでしょうか?

紀伊水道を北上するタチウオの群れは淡路島に分断されて鳴門海峡と紀淡海峡を通るルートに分かれます。この時期に紀北付近で釣れるという話を聞きますね。これが大阪湾で最も早くタチウオが釣れるポイントになります。

夏になり大阪湾へ進入する

夏になると南回りチームが沿岸沿いに関西空港付近まで北上する一方で、淡路島の洲本や津名など東側沿岸を北上する分隊も。釣れ始めが早い時期だと、お盆あたりに食品コンビナートや淡路島で釣れるのはこういう理由があったんですね。

やや遅れて北回りチームが明石海峡を抜けて神戸方面に姿を現します。これが夏休みシーズンに神戸の沖提などで釣れ始めるわけです。

この時期に京阪神で釣れる小さなタチウオは「夏タチ」と呼ばれたりしますが、その年によって釣果の差が大きく、ほとんど釣れないシーズンもあります。

タチウオフィーバーに湧く秋の大阪湾

秋には北回りチームが神戸沖を東へ進み、東側のポイントから順に釣れはじめます。一方で南回りチームが大阪湾を北上し、9月中旬あたりから大阪南港あたりでも釣れはじめます。

どちらのチームが先に来るのか分かりませんが、最終的に南芦屋浜や西宮ケーソンあたりで釣れ始めるころには大阪湾全域にタチウオの群れが行きわたった状態。これがだいたい9月末から10月初めぐらいで、例年それほど誤差が無く同じ時期に釣れ始めます。

これからしばらく大阪湾奥に滞留して、タチウオ釣りフィーバーに湧きます。このアゲアゲ状態は10月から11月ごろまで続きます。

そしてまた紀伊水道へ

そして冬がおとずれ水温が下がっていきます。

季節が進むにつれ水温が高い深場に落ち、また紀伊水道に帰っていく。そのシーズンの水温にもよりますが、例年だと年末年始付近が大阪湾岸におけるタチウオ釣りの最終リミット。

暖冬だと1月いっぱいまで釣れ続くこともありますが、これにておかっぱりからのタチウオ釣りは終了となります。

タチウオ釣り終了時期については、水温と絡めた考察をまとめましたのでこちらもご覧ください。

回遊をイメージしながらシーズンを待つ楽しみを

以上、大阪湾におけるタチウオの回遊ルートを資料から調べてまとめました。

実際はこんな単純な線で表せるものではないでしょうが、大筋ではこんな回遊ルートのようです。

タチウオより少し時期は前倒しですが、アジなんかも南と西から釣れはじめて南芦屋浜で最後に釣れるので、回遊魚は似たような回遊ルートをたどっているのかもしれませんね。

回遊ルートが分かったからといって釣れるわけじゃないが

というわけで早い時期に釣りたけりゃ紀北や淡路島南部の釣り場へ行けということ。湾奥なら我慢して秋まで待てと。

個人的な感覚だとタチウオは秋の風物詩というイメージでしたが、場所によっては夏に釣れるので夏の魚という感覚の地域があるのかもしれません。そして年によってはお正月を過ぎても釣れるので冬の魚という側面もあります。

夏以降、各地から報告される釣果情報で北回りチームと南回りチームの進み具合を見ながら、今ごろどの辺りを進んでいるのか、いつごろ自分が通うポイントで釣れはじめるのか、ワクワクしながら予想するのも楽しいかもしれません。

黒潮の接岸状況。海水温。タチウオのエサとなるカタクチイワシの回遊状況。たぶんそういったいくつかの要因を分析すれば、いつから釣れ始めるか、その年にタチウオが豊漁になるか不漁になるかある程度予測できるんでしょう。しかしあいにく私にはそこまでの見識がありません。まあ誰にも予想できないからこそ楽しめるのかもしれません。

大阪湾の魚に関する資料は意外とネット上に多い

今回タチウオに関しての各種資料を漁っているうち、大阪湾に住む魚の生態についての資料はネット上に多く存在することが分かりました。それも私みたいな素人が憶測や経験則で書いたものではなく、きちんと何らかの調査や研究に基づいて書かれた資料です。

ドメインで言うと[go.jp]や[or.jp]に掲載されているものばかりで、政府機関や「~協会」「~協議会」のような公に近い団体が出しているため信頼性の高い資料といえます。

残念なのはほとんどの資料がPDFのフォーマットのままネット上にアップされていること。

PDFも検索結果にはあがってくるっちゃあがってきますが、普通のHTML文書に比べれば圧倒的に探しにくいのが実際のところ。PDFがラスタライズ(画像化)されて文字情報が消えていたら、さらにに探しにくい状況に。仕方ないんでしょうけど、有益な情報が埋もれてしまっているのはもったいないですね。

タチウオ以外の回遊魚の資料や釣りのターゲットとなる魚の食性に関する資料もあったので、釣り場やエサの選定など釣り人に役立つ情報がまだまだ埋もれているはずです。オフシーズンを利用して探してみてはいかがでしょうか?