関西ファミリーフィッシングの雑記帳

楽しく釣って美味しく食べる みんなで楽しむ関西の釣り情報

タチウオのウキ釣り入門

f:id:digic:20170808092457j:plain

大阪湾の釣りにおける秋の風物詩、タチウオ釣り。

同じタチウオを釣るにしてもいろいろな釣り方や狙い方があり、ルアーひとすじの人からエサ釣り専門の人まで幅広い釣り人に受け入れられている間口の広さが人気の理由です。

単純にルアーと言っても、バイブレーション、メタルジグ、ワームと様々なルアーで狙うことができます。エサ釣り派でもタチウオテンヤに魚をセットしてルアーのように扱う引き釣りがあります。ルアーやテンヤはエサを動かしてあたかも生きた魚のように見せることでタチウオの食い気を誘う、捕食者、フィッシュイーターとしてのタチウオの習性を利用した釣り方。いうなれば「動」の釣りですね。

それらの釣りと対極にあるのがタチウオのウキ釣り。基本は死んだエサを使って食い気を誘い、じっくりとタチウオと対話をしながらアワセの瞬間を待つ「静」の釣りです。

しかしアワセが成功すると、一転、その「静」が「動」に変わります。ウキ釣りはこの瞬間がたまらんのです。脳内麻薬が出る勢いの気持ちよさ!

今までルアーやテンヤでしかタチウオを狙ったことが無いという人、初めてタチウオを狙うという人、これを味わうためにウキ釣りをしてみませんか? 

タチウオのウキ釣りはどんな釣り?

タチウオとの対話がじっくり楽しめる釣り

冒頭でウキ釣りのことを「静」の釣りと表現しました。

ルアーやテンヤはアタリがあれば基本即アワセをする釣りですが、ウキ釣りはアタリがあっても慌てず待たなければいけません。最初のアタリは電気ウキが浮かんだり沈んだりでやきもきさせられますが、まだこの段階ではスタートラインにも立っていない。

 ウキか海中に沈んでからようやく「そろそろやるか!」と立ち上がる感じ。そこからラインを送り込んだり聞きあわせをしたりとタチウオとの対話が始まります。対話の結果、アワセに失敗することもよくあること。

短時間で数を釣るにはむいていない

ウキ釣りはエサ付けが面倒です。そしてアタリあってもじっくり待たないといけない。掛かった針を外すのも手こずる場合が。

その都合上、数ある陸からのタチウオ釣り中で、限られた時間内にたくさんの数を釣るということには一番向いていない釣り方です。

タチウオの大きな群れが回遊してくる、いわゆる「時合い」においてもルアー釣りやテンヤ釣りと比べて数を稼ぐのには圧倒的不利。日没前と日の出後の薄明るい時間帯に到来する時合いはルアーやテンヤで狙うことができますが、ウキ釣りで狙うのはちょっと難しい。

しかし、日がすっかり沈んだ暗い時間帯はウキ釣りのほうが断然有利です。一晩中、日が沈んでから昇るまでの10数時間、じっくりとタチウオを狙えます。そういう意味では長時間で数を稼ぐことはできる釣り方と言えますね。

f:id:digic:20170808092522j:plain

陸限定!船からはできない釣り方

タチウオのルアー釣り(ジギング)やテンヤを使った釣りは、そのテクニックは違えど陸でも船でも出来る釣りです。

それらとは違い、陸からしかできないタチウオの釣り方がウキ釣り。そりゃ船からウキ釣りでタチウオを狙うのが無理とは言いませんが、そんなことさせてくれる釣り船はないでしょう。

初心者でもタチウオは釣れる?難しくない?

簡単と言えば簡単 でも奥が深い

「サビキ釣りに慣れてタチウオ釣りにも興味が出てきたけど、自分には難しそう。」

そんな風に思って二の足を踏んでいるかもしれませんが、まずはやってみて欲しいです。そんなあなたのためにこの記事をお届けしたいのです。

サビキみたいに仕掛けを放置しておけば自動的に釣れるかというと、そう簡単にはいきません。アタリを見極めてしっかりとアワセる必要があります。

その見極めについては後ほど説明しますが、傾向はあれど毎回毎回アタリの出方とアワセのタイミングは違ってきます。アタリがあってすぐにアワセて掛かることがあれば、じっくりじっくり我慢に我慢を重ねて待ったのにタチウオがエサを離すことも。その日のコンディションによっても違ってくる。ある程度の慣れが必要です。運もある。

なかなか上手く掛けれないのがウキ釣り。でもそれが楽しい釣りなのです。

手っ取り早くタチウオを釣りたいなら太刀魚ゲッター 

「待たないといけなかったり慣れが必要だったり、ウキ釣りってなんかメンドクセー!」「でもとりあえずタチウオ釣りてぇー!」って人。

そんなあなたにはウキ釣りではなく太刀魚ゲッターを使った引き釣りをおすすめします。 

f:id:digic:20170807111133j:plain

こちらで詳しく解説していますのでご参考に。

 とりあえずキャスティングが出来れば成立可能な釣りです。これはこれで楽しい釣りですよ。

タチウオがウキ釣りで狙える時期は夏から初冬にかけて

釣れ始めは梅雨明けぐらい

基本的に陸からタチウオが狙える時期であれば、いつでもウキ釣りでタチウオが狙えます。

大阪湾を例にすると、夏タチと呼ばれる小型のタチウオが釣れ始める時期が梅雨明けぐらい。例年、7月の中ごろですね。この時期のタチウオは大阪湾全域で釣れるわけではなく、神戸や泉州地域のみがポイントとなります。

とはいえサイズが小さいため、ウキ釣りでは釣れにくい時期でもあります。アタリがあってウキに反応はでるももの掛からないとか。大きいサイズが混じることもあるので、あきらめずに頑張りましょう。

その後9月10月と秋が深まるに釣れタチウオ釣りの最盛期を迎えます。この時期は大阪湾中の岸壁に色とりどりの電気ウキが浮いています。

タチウオの回遊がなくなる冬まで釣れる

秋に最盛期を迎えたタチウオも、冬を迎えるとだんだん数が減って釣れにくくなっていきます。回遊魚なので水温の高い南の海や深い場所に帰ってしまうからです。 

そして釣れなくなるタイミングは例年12月から1月にかけて。これを過ぎてしまうと、ウキ釣りだろうがルアーだろうがタチウオは釣れません。タチウオそのものが居なくなるのだから。

タチウオがウキ釣りで狙える時間帯

太陽が出ている時間帯は難しい

ウキ釣りでタチウオが釣れる時期については、さきほど「陸からタチウオが釣れる時期ならいつでも」と書きました。釣れる時期はルアーだろうがウキ釣りだろうがテンヤだろうがOK。

しかし1日の中の時間帯については同じようにいきません。

タチウオは昼間に沖の深場にいて、暗くなるにつれ陸に近く浅い場所に回遊してくる魚。日の入り直前におとずれる「タチウオの時合い」はその「陸に近づきつつある時間帯」にくることが多いです。

この時間帯はまだ深く遠い場所にタチウオがいることも多く、それを狙うにはルアーやテンヤが有利。皆さんそれを知っているので、その時間帯は混雑した釣り場でひっきりなしにルアーやテンヤが飛び交います。そのためウキ釣りの仕掛けを流している余裕がありません。そもそも、もうちょっと待たないとウキ釣り自体が不利といえます。刻々と状況が変わるのですぐに釣れるタイミングにはなるのですが。

太陽が沈んでからがウキ釣りの独壇場

太陽がすっかり沈んでしまったタイミングからは、反対にウキ釣りが有利となります。

ルアー派の方々はそれを知っているので、日が沈むなり釣りを終えて、一時的に釣り場の混雑が緩和されたり。

ここから夜明けを迎えるまでの数時間がウキ釣りの独壇場。長い時間、じっくりとタチウオを狙うことが出来ます。

タチウオのウキ釣りに必要な道具

まずは仕掛けの全体像を把握しよう

タチウオのウキ釣りに必要な道具、仕掛けをひとつずつ説明していきます。まずはその全体像をごらんいただいておおまかなイメージを持ってください。

こちらがタチウオのウキ釣りにおける標準的な仕掛けのセッティングです。

f:id:digic:20170609100217p:plain

人によってこだわりがあったり違う点もあるかと思いますが、基本はこんな感じになります。これじゃなきゃダメってわけじゃないので、慣れたら自分に合うよういろいろ工夫するといいと思います。

竿やリールなどはタチウオのウキ釣りのためにわざわざ専用の道具をそろえなくても、とりあえず今お持ちの釣具を流用できる可能性が高いです。

ではそれぞれ詳しく説明していきます。

竿はサビキ用の竿をそのまま使えるかも

竿は磯竿の2号から3号ぐらいで、長さは最低3.6メートルほどあればタチウオのウキ釣りに対応できます。釣具屋オリジナルのサビキ釣りセットだとだいたいこれぐらいのスペックの竿が多いはず。それならそのままタチウオのウキ釣りに流用できます。

同じサビキ釣りセットでもこういう2メートル程度のコンパクトロッドセットだとちょっとキツイ。

この長さの竿だと仕掛けを投げにくいし、いざタチウオが釣れて取り込むときも海面から距離があると引き上げるのにも一苦労です。もたもたしてるうちに針が外れることも。

もしタチウオのウキ釣り用に新しく竿を購入しようとお考えならこの記事をごらんください。ここで紹介している竿ならタチウオのウキ釣りにもバッチリ対応できますよ。 

サビキ用に使ってるリールでもOK!

リールはトラブル無く使えているスピニングリールならぶっちゃけなんでもいいです。だから初心者サビキセットに最初から付いている安物リールでも問題なく使えているならとりあえずそれでも大丈夫。使う度にラインが絡んだりするリールなら問題あり。潔く買い替えましょう。

しかし今後も使い続けるならメーカー製で最低限の信頼性があったほうが安心です。1メートルを超える大物タチウオが釣れることを想定したら実用的なドラグ性能が備わっているのに越したことはない。初心者セットについている安リールのドラグは使い物にならないことが多いので。

これらを満たして最もリーズナブルなリールを挙げるならこちらのシマノアリビオ。 

シマノ リール アリビオ 2500 3号糸付

シマノ リール アリビオ 2500 3号糸付

 

あらかじめ巻かれているナイロン3号のラインもタチウオのウキ釣りに問題なく使えます。このリールとラインで1メートルのタチウオを釣り上げることも可能です。

このあたりの価格帯で使えるリールをこちらの記事で別途紹介しております。

リールに巻くラインは3号のナイロンライン

先ほども書きましたが、リールに巻くラインはナイロンの3号がおすすめです。ナイロン3号であればタチウオのウキ釣り以外の釣りにも使いまわせるのでお得。

私はナイロンラインがへたってきたらいつもこのダイワジャストロンに巻き変えています。安いけど問題なし。

ダイワ  ライン ジャストロン DPLS  500m  3号ブラック

ダイワ ライン ジャストロン DPLS 500m 3号ブラック

 

ナイロンラインは消耗品と割り切って、劣化してきてるなと感じたりリールに絡むなどトラブルが頻発するようになったら躊躇せず巻き変えましょう。

PEラインでもウキ釣りが出来ないことはないですが、タチウオのウキ釣りは暗い時間にやる釣りなのでPEラインだと糸フケ(糸のたるみ)が出やすくトラブルの元になりかねません。初心者は必ずナイロンラインを使いましょう。 

タチウオのウキ釣りに使う仕掛け

竿、リール、ラインときて、あとはその先にタチウオのウキ釣り仕掛けを組んでいく事になります。こちらもひとつずつ見ていきましょう。

最初は全てセットになった仕掛けを選ぶのもアリ

たとえばサビキならリールから出したラインを竿のガイドに通して、その先に市販のサビキ仕掛けに結べばほぼ準備完了になります。あとはカゴをスナップで付けるだけ。

しかしタチウオのウキ釣りの場合はそう簡単にいきません。初心者にはやや敷居の高い「誘導ウキ」のシステムを組む必要があります。初めてであれば何が必要かどうやって使うのか分からないはず。

そんな人のためにタチウオのウキ釣りに必要なアイテムが全てそろえられたオールインワンセット的な仕掛けも売られています。電気ウキとその浮力に適合するオモリ、遊動ウキ仕掛けに必要な小物、ワイヤー付きの針などが全て入ったセット。

こういう商品です。

冨士灯器 太刀魚セット タイプL3 LG 緑

冨士灯器 太刀魚セット タイプL3 LG 緑

 

仕掛けの組み方やエサの付け方などの説明も付属していますので初めてでも安心。

最初はこれでもいいですが、遊動ウキのシステムと仕掛けのセッティング方法を覚えれば後々トラブルが発生したときも一部パーツを取り替えるだけで対処できますので、是非習得しておきましょう。 

続いてウキ釣りの仕掛けに必要なアイテムをひとつずつ紹介していきます。

2号から3号ぐらいの電気ウキ

ウキ釣りなのでもちろんウキが必要です。

そしてタチウオのウキ釣りは夜間の釣りなので光るウキが必要。パキッと折って使うケミカルライトを先っぽにさしこめるタイプのウキもありますが、基本はやはり電気ウキです。

数回だけのお試しで安く済ませたいならケミカルライトを付けたウキでもいいいですが、今後もウキ釣りでタチウオを狙うなら繰り返し使えて明るく視認性の高い電気ウキを選ぶほうがずっとお得です。

高いから良く釣れるってわけはないので、まずは千円以内のものでも構いません。たとえばハピソンから発売されているこの電気ウキとか。

ハピソン(Hapyson) ラバートップミニウキ 3号 電池付 YF-068DL

ハピソン(Hapyson) ラバートップミニウキ 3号 電池付 YF-068DL

 

サイズ(=浮力)は2号か3号がおすすめ。

1号など小さいウキでも当然使えて感度もいいのですが、 小さくなるほど浮力の調整がシビアになります。初心者は浮力に余裕のある2号か3号がおすすめです。

念のため予備の電池も買っておきましょう。1本百円ぐらいです。

ココだけの話、タチウオのシーズンになるとラインが切れた電気ウキが岸壁に漂着しているのを良く見ます。ゴミ回収も兼ねて可能ならば網で掬い上げるんですが、たいがいは新品同様でそのまま使える状態。たぶん不慣れな初心者が何らかのミスでロストしちゃうのかと。

誘導ウキ関連のアイテム

ウキは誘導ウキとして取り付けることになります。

遊動ウキのシステムを組めば、仕組み上、ラインの長さが許す限りどこまでも深いタナへ仕掛けを送り込むことができます。とはいえ波止からのタチウオなら10ヒロ(約15メートル)が最大値ってとこ。まあ、そんなタナは滅多に狙いませんが。

遊動ウキ仕掛けに必要なアイテムを挙げてみます。

  • ウキ止め
  • シモリ玉
  • スイベル
  • 遊動ウキ(電気ウキ)
  • からまん棒
  • オモリ

それぞれのパーツを取り付けた仕掛けの全体像がこちら。

f:id:digic:20170807112318j:plain

分かりやすいように各パーツの位置を詰めていますが、実際はもっと間隔をあけて取り付けてください。あとウキ止めをラインに結んだあとの端糸がそのままですが、これはちゃんと切って処理しておいたほうがいいです。

タナを調整するための「ウキ止め」

ウキ止めはタナの設定、つまりどこまで深いところに仕掛けを送り込むかこれを動かすことで決めます。素材は木綿の糸だったり小さなゴムの玉だったりしますが、私のおすすめはキングウキ止めゴム。  

第一精工 キングウキ止メゴム

第一精工 キングウキ止メゴム

 

 ウキをスルスルと移動させる「スイベル」

スイベルは電気ウキに付属していることがほとんどですが、こういったスナップ付きスイベルも使えます。予備に買っておくといいかも。 

NTスイベル(N.T.SWIVEL) インタースナップ付タル クロ #7

NTスイベル(N.T.SWIVEL) インタースナップ付タル クロ #7

 

スイベルのストッパーとして使う「シモリ玉」

スイベルだけだと穴が大きくてウキ止めをすり抜けてしまう。なのでビーズ玉のようなシモリ玉をウキ止めとスイベルの間に通しておくことでストッパーになります。

シモリ玉の穴はリールに巻いているラインに適合したもの(パッケージに書いてあります)、シモリ玉の直径はスイベルより大きいものを選んでください。 

デュエル(DUEL) スーパーシモリ玉 S

デュエル(DUEL) スーパーシモリ玉 S

 

スイベルの下にもう一つ通してシモリ玉でスイベルをサンドイッチするとさらに仕掛けが扱いやすくなりますが、無くてもたいして問題ありません。

仕掛けの絡みをふせぐ「からまん棒」

そしてからまん棒。これを浮きと仕掛けの間に通しておくことで仕掛けの絡みが防止できるというアイテム。

釣研 からまん棒 中

釣研 からまん棒 中

 

タチウオのウキ釣りの場合は同じぐらいの位置にケミカルライトを付けるのが普通なのでそれがからまん棒の役目を兼ねます。なので必須ではありませんが覚えておきましょう。ないよりあったほうがトラブルを軽減できます。

そうそう、ケミカルライトをタチウオが齧ってラインが切られることもあるので、からまん棒をつけておけばそこで電気ウキのスイベルが引っ掛かり、ウキをロストすることを避けられる可能性が高まります。

という意味ではやっぱり必須にしたほうがいいかも。電気ウキって結構高いですからね。うんそうしよう。前言撤回。からまん棒必須でお願いします!

タチウオの興味をひきつける「ケミカルライト」

電気ウキとともにタチウオ釣り独特の光モノアイテムとしてケミカルライトを仕掛けに取り付けます。パキッと折ることで内部で液体が混ざって光る、いわゆるサイリウムですね。何社からか発売されていますがルミカのケミホタルが最も有名です。

いくつかのサイズバリエーションがあって、タチウオのウキ釣りで一番良く使われるのは75サイズと50サイズ。

ルミカ(日本化学発光) ケミホタル75 イエロー(2本入リ)

ルミカ(日本化学発光) ケミホタル75 イエロー(2本入リ)

 

これを専用ホルダーや塩ビパイプをつかって仕掛けの近くに取付けます。イエロー、ブルー、ピンクなどのカラーバリエーションがありますが、どれがヒットするかはその日の状況次第。一番よく使われるのはスタンダードなカラーはイエロー、ちょっと緑がかったイエローです。

ちなみにこのケミカルライトはダイソーでも釣り用として販売されていて、一番大きいもので50サイズ。もちろん100円。これでも問題なく使えて大変リーズナブル。

選択肢としてはケミカルライトの他に電池式の集魚灯を取付けることもできます。 

なんにしろ光でタチウオの興味を引き、エサを見つけてもらう。これが光モノをつける目的です。

ウキの浮力に適合した「オモリ」

ケミカルライトの下には仕掛けを沈めるオモリを取り付けます。いろいろなタイプがありますが、個人的にはクッションゴム付きの中通しオモリがおすすめ。

デュエル(DUEL) TGクッションシンカー 2.0号

デュエル(DUEL) TGクッションシンカー 2.0号

 

 オモリのサイズは様々ですが、必ずウキの浮力に適合したオモリを選択してください。2号のウキをつかうのであれば2号のオモリです。適合していないオモリを使うと、ウキが寝たままになる、あるいはアタリがないのに沈んだ状態になるなどの不都合が生じます。

仕掛けは「がまかつ つらぬき太刀魚」がおすすめ

遊動ウキのシステムが組めたらあとは仕掛けをつけるだけ。

関西で釣具屋の波止タチウオコーナーを覗いたなら膨大な仕掛けの種類に圧倒されるはずです。いっぱい並んでるけど、そもそもどれがウキ釣りの仕掛けなのか分からないかもしれません。選択肢が多すぎて一体何を選べばいいのやら…

そんなあなたにおすすめなのが、がまかつから発売されている「つらぬき太刀魚仕掛け」。私は釣りを再開した当初から今までこれ一択です。 

がまかつ(Gamakatsu) 喰イ渋リタチウオ ツラヌキ仕様 TU153 5-10

がまかつ(Gamakatsu) 喰イ渋リタチウオ ツラヌキ仕様 TU153 5-10

 

シンプルでエサ付けが簡単、スペアの仕掛けが安いから傷んだら躊躇無く交換できる、アワセが決まりやすい、そしてなにより信頼と実績のがまかつ針。

魚釣りは魚に近いところほどお金を掛けろ、気を掛けろ、というようなことを言いますが、最も魚に近い針ががまかつ製なら安心です。

というわけで仕掛け選びに迷ったら「がまかつのつらぬき」を選べば大丈夫。私が保証します。別の記事で詳しく説明していますのでそちらをご覧ください。

とはいえこれ以外にもタチウオのウキ釣り仕掛けはたくさんあります。あなたの手に馴染むものがあればどれを使っても正解だと思います。 

タチウオのウキ釣りに使うエサ

いろいろあるけど「キビナゴ」が最適

仕掛けが理解できたらあとは実際に釣り場に行って仕掛けにエサを付けて海に放り込むだけ! そのエサは何を使えばいい?

タチウオのウキ釣りで一番メジャーなエサは「キビナゴ」です。

f:id:digic:20170807111159j:plain

キビナゴとはイワシの仲間。小魚で大きさは10センチぐらい。大阪湾には生息していないようなので関西ではあまり食卓に上がることはありませんが、地方によっては刺し身で食べれるなど身近な魚。私もたまに食べますが、非常に旨みが濃くて美味しい魚です。

釣具屋に行けば冷凍用のショーケースの中で凍った状態で売られています。関西の釣具屋ならどこにでもあるはず。効果の程は不明ですが、着色料で赤や黄色に染めれられて売られていたり、魚が好むという味や匂いがつけてあるものも。

どちらかというと関西ではレアものですが、魚売り場に並ぶこともあります。もちろんそれをエサにすることも可能。塩締めに加工すると冷凍保存できて長持ちしますよ。

その他に使われるのはサバやサンマの切り身など。これも釣具屋やエサ屋で手に入りますし、魚売場にあるものを加工してもOK。また、サビキで釣れたイワシなどの小魚も使うことができます。

先ほど紹介したつらぬき仕掛けならキビナゴが最適です。

【実釣編】ウキ仕掛けを投入しよう

タナは2ヒロから始めてこまめに調整

仕掛けを組めた!釣り場に来た!エサも取り付けられた!

よし!あとは仕掛けを投入するだけだ!

その前にタナの設定をする必要があります。その日その場所でタチウオが泳いでる層にあわせてウキ止めの位置を調整し、タナを合わせることになります。とはいえ初めてならどこに合わせればいいか分かりませんよね。

ということでまずはタナを2ヒロに設定しましょう。

2ヒロは両手をいっぱいに広げた長さの2倍となり、一般的には1.5メートル✕2で3メートルとなります。まずはココからスタート。大阪湾でウキ釣りをするならこれがスタンダードなタナ設定です。

何投かしてアタリが出ないようであれば、2ヒロとは違うタナをタチウオが泳いでいる可能性があります。そしたら2ヒロにこだわらずもっと深めのタナにしてみたり、反対に2ヒロより浅い棚にするなどこまめに調節してください。

タチウオ釣りは”タナを釣る”釣りとも言われており、その日その場所その時間にタチウオが泳いでいる層を探し当てる釣りです。この金脈ともいえる層を掘り当てるのが大事です。上げたり下げたりジタバタもがきましょう。

遠投すればいいってもんではない

沖のほうが釣れるんじゃないかという先入観からか、ウキ釣り仕掛けであっても力いっぱい沖にキャストしている人がいます。

しかしタチウオはエサとなる小魚を追って暗い時間に陸に接岸する魚。小魚がいるならそこを狙えばいい。それがたとえ岸壁付近の足元であっても。足元から沖合5メートルぐらいの近い範囲内であっても当たり前にタチウオは釣れます。

ウキ釣りは横方向に展開する釣り。ゆえに隣の釣り人と仕掛けが絡むトラブルも頻発します。初心者はあまり遠投せず、竿先の直下に仕掛けを落とすのがいいかもしれません。トラブル回避の秘訣です。

とはいえ沖を狙うのも決して間違いではありません。沖から足元までいろいろなポイントを探ってみるのが大事です。

おまつりに注意して潮上にキャスト

大阪湾で陸からタチウオを狙うなら、なかなか混雑はさけられません。隣の人との間隔が数メートルしかないなんてザラ。それほどまでに関西のタチウオ釣り人気は凄まじい。なので仕掛けの投入もかなり気を使います。周りに同調しないとすぐ絡んじゃう。

なるべく長く仕掛けを流したいので基本は潮の流れの上流、つまり潮上にキャストして仕掛けを潮に乗せることになります。窮屈ですけど、潮上にいる人が仕掛けを回収するのを待って自分が潮上に仕掛けを投入。さらに潮下の人のテリトリーまで仕掛けが流れたら回収というのを繰り返さねばなりません。これは仕方ない。

しかしそこはさすが日本人。

ちゃんと空気を読める人が集まれば、言葉を交わさずとも次第にリズムが同調してきます。投入→流す→回収のサイクルがスムーズにいく日は「いいお隣さんに出会えたな」と気持ちよく釣りができます。

だからといって釣果に繋がるわけじゃないんですが…

ほったらかしにせず誘いを入れよう

仕掛けを投入したら潮に乗せて流しっぱなし…でも釣れます。しかし誘いをいれたほうがアタリが出る確率は高まります。

誘いといってもルアーみたいに高度なテクニックはいりません。ラインを張ってエサの動きを止めてみる。竿をあおって仕掛けを海面付近に上げてまた落とす。など、たまにイレギュラーな動きをさせてタチウオの興味をひいてみましょう。

基本的にタチウオは落ちてくるエサに興味を示すようです。これはのちほど動画で見てもらいます。

【実釣編】アタリとアワセのタイミングを知ろう

死にエサには慎重なタチウオ

ワインドやテンヤの引き釣りなどルアーやエサを速いスピードで動かす場合、タチウオはそれを生きている魚と認識するようです。そして獰猛にアタックしてきます。アタリがあれば竿をあおって即アワセするのが基本。

一方ウキ釣りの場合はエサを潮の流れに乗せるか誘いをいれてフォール(上から下へ沈める)させるぐらいしかエサに動きを出せません。この場合、ちゃんと死んでいるエサと認識できるらしく、活きエサのときとは少し違う慎重な捕食行動を取るようです。

アタリが出始めた当初はエサを丸呑みせず甘噛みしている状態であり、ウキに何らかの反応があったからといって即アワセしてもまず針掛かりしません。

ホンマかいな?お前海の中潜ってタチウオ見てきたんかい?って?

ごもっとも。

タチウオの捕食シーンを動画でチェック

そこでこちらの動画をご覧ください。

ウキ釣りのような死にエサをタチウオが捕食する貴重なシーンです。釣場速報(つりそく)さんが動画におさめてくれています。

これは2016年末に大阪の海遊館で期間限定展示されていたタチウオです。おそらくイワシを給餌しているものと思われます。ユラユラと生気がなく水中に落下してくる死んだイワシ。これはウキ釣りで仕掛けを投入した直後だったり、誘いをいれてエサをフォールさせているシーンの再現そのもの。

エサを見つけたタチウオは底に落ちていくエサを立ち泳ぎでガン見しつつ、慎重に狙いを定めているように見えます。水槽なので自然界とは勝手が違うのかもしれませんが、あんな獰猛な見た目に似合わない慎重さですね。

じっくり見定めたのち、意を決したように素早くガブリと噛み付く。しかし甘噛みしたままですぐに呑み込まず長いヒレを波立たせるように動かしながらの立ち泳ぎで上下にゆらゆらとホバリングしています。

このタチウオの動きを頭に入れておくと、ウキ釣りでのアタリがイメージしやすくなります。

潮の速さによっては立ち泳ぎしない

ちなみに以前NHKでやってた番組なんですが、タチウオが群れで立ち泳ぎする「タチウオ千本刀」を撮影しようという内容が放送されていました。

撮影場所は豊後水道。しかし潮の流れが速いせいかタチウオの群れはいるものの立ち泳ぎをしておらずあえなく失敗。のちに場所か日にちを変えてなんとか撮影に成功していました。

このことから、たぶん大阪湾でも潮の流れが速いときは立ち泳ぎをしていない可能性が高い。潮が緩いときと速いときでは捕食パターンも違ってくるように思われます。ある程度潮の流れがある、いわゆる「潮が効いてる」状態のほうが釣りやすいってのは、ウキ釣りをする人なら実感としてあるはず。

ウキが浮き沈みしてる段階はじっと我慢する

ではウキ釣りでのウキの動きをみていきましょう。

さきほど観た動画でタチウオがエサを咥えたままホバリングしていましたが、その状況は電気ウキにこのような反応を返します。

f:id:digic:20170808092637j:plain

「おっ!アタリか?でも浮いてきた! また沈んだ!浮いてきた!沈んだ!」っていう、タチウオ釣りにはお馴染みの光景。このタイミングでアワセてもまず針には掛かりません。だって口先で甘噛みしてるだけなんだもの。針がいい位置にあれば可能性はゼロではないけど。

タチウオのウキ釣りに慣れてくれば、この光景を見ても「おっ、アタリやな。でもちょっと様子見やな。お茶でも飲も。」と余裕をぶっこくことができます。

ラインが張り気味の場合は、ここでリールのベールをあげてラインを送ってあげる、つまりラインの張りをゆるめてやるとタチウオが違和感を持たずに捕食を続けてくれます。

ただしこの時点であえてラインを張り気味にし魚が逃げるような違和感、つまり誘いをかけることで、タチウオのエサの食い込みが早くなる場合もあります。もちろんこれがきっかけでエサを離すこともある。運次第。

このギャンブル感もタチウオのウキ釣りにおける醍醐味。

ウキが海中に沈んでもまだ我慢する

しばらく待つとウキにこんな変化が現れることがあります。

f:id:digic:20170808092653j:plain

浮きが海面直下に沈んだままになり、水面下にボヤ~っとしたLEDの光が拡散され浮かず沈まずの状態。そのままウキが同じ場所にとどまる場合もあれば、横に移動したり沖に遠ざかったりする場合あります。もちろん近づいてくることも。

あるいはタチウオがエサを咥えたまま海面に向かって上昇する、いわゆる「食い上げる」状態になると、ウキが立たずに寝たままの状態になったり。

「おっ!食ってる食ってる!よっしゃアワセたろ!」と気持ちがはやるかもしれませんがちょっと落ち着きましょう。まだ早い。このタイミングからようやくタチウオとのかけひきが始まります。

戦いはこれから。

タチウオに「きいて」みる

この段階ではおそらくラインがたるんでいわゆる「糸フケ」が出ている状態だと思うので、リールのベールを戻してゆっくりラインを巻き取りましょう。タチウオに違和感を与えないよう心がけて「張らず緩まず」のテンションをラインにかけてください。

そして仕掛けのキャストをするときのように人差し指をラインに引っ掛けて、指先に伝わる感触からタチウオの様子をうかがいます。穂先の柔らかい竿なら竿先の動きを見るのもいいでしょう。竿自体にも感触は伝わってきます。

このように魚がエサを食べている様子をライン越しにうかがうことを釣り用語で「きく(聞く)」といい、このテクニックのことを「ききアワセ」といいます。

一般的にウキ釣りというものはウキの挙動を見てアワセる釣りですが、タチウオのウキ釣りにおけるウキの挙動は次のフェーズに移るための合図ぐらいに思えばいいかと。あくまで目安。実際にアワセる頃にはウキが海中に沈んで視認できないことがほとんどです。

タチウオに「きいてみた」結果

さて、タチウオに「きいてみた」結果、どのような反応が返ってくるか?

指先や竿先にコツコツコツッっとした素早く細かな反応が感じられる場合、まだまだタチウオは本気でエサを食べていない甘噛み状況です。アワセたい気持ちは分かりますがじっと我慢。ちょっとだけ時間を置いてまたきいてみてください。

きいてみた結果、ラインを引っ張るゴンゴンとした強い反応が指先に返ってきたり、竿先にグーッと重みを感じた場合…

お待たせしました!今こそアワセのタイミングです!

おもむろに竿を立ててアワセを入れましょう。ここまでくればかなりの確率で針掛かりするはずです。

残念ながら先程の動画にそのシーンはありませんが、タチウオは自身が泳ぐことでできる水流を使ってエサを喉の奥に流し込むと言われており、アワセのタイミングはまさにこの時と思われます。特に潮上、つまり潮の流れの上流に向かってタチウオが泳ぎだす状況だと、私の経験上針掛かりする可能性大。

あとはタチウオの強烈な引きを楽しんでください!

タチウオとのやりとりがウキ釣りの醍醐味

以上のことはタチウオのウキ釣りにおけるアタリの見極め方とアワセ方の一例であり、達人級の釣り人はもっと高度なレベルでタチウオとのやり取りをされていたりします。このやり取りこそがタチウオのウキ釣りにおける醍醐味。

我慢に我慢を重ねたあとに決まったアワセの瞬間は、脳内麻薬がどばっと放出されてるんじゃないかと思うほどの気持ちよさです。このためにウキ釣りをしているようなもの。

タチウオのアワセについて「ウキが沈んでから数分待つ」とか「タバコを一本吸い終えてから」とか書かれていることがあります。でもそれは具体的に何分待てばいいという話ではなくじっくり待つ必要があるという話のための例えであって、アワセまでにかかる時間はその時々で違います。ウキが沈んだら即針掛かりしてることもあるっちゃある。

こればっかりは経験を積むしかないと思います。

【実釣編】タチウオを取り込もう

バレたような感覚になることもあるが気を抜かない

さて、ようやく針に掛かったタチウオ。

細長い魚といえど、1メートル近いサイズになるとなかなか強烈な引きで楽しませてくれます。これはタチウオ釣り全般で味わえる醍醐味ですね。

そしてどちらかというと小さいサイズが釣れたときに多いのですが、リールを巻いて引き寄せている最中にフッと軽くなることがあります。「あれ?針から外れた?」と思うかもしれませんが油断せず巻き続けて下さい。大概の場合針掛かりしたままです。引いてる方向に向かって泳ぐから軽くなるのかと。

竿の反動で水面から引き抜くように

足元までタチウオを寄せてきたらあとは陸に上げるだけ。ゴールはもうすぐ。

1メートル近い長さになるタチウオですが、細長いのでタモが必要なほど重くはありません。とはいえサビキで小魚を取り込むようにはいかない。 なので「抜き上げる」必要があります。でも簡単です。

仕掛けを巻き込まないように気をつけながらラインを多めに巻き取り、竿のしなりの反動を使って陸にポーンと跳ね上げてください。 とにかく陸に上げてしまえばこっちのもの。フェンスのある釣り場では最後の最後でフェンスに当たってオートリリース…なんてことにならないよう気をつけましょう。

最初のほうで短い竿は使いにくいと書きましたが、短い竿だとこの抜き上げの動作が難しいのです。だから目安としては3.6メートル以上の磯竿を推奨します。

安全につかめて針外しができる道具を用意しておく 

さて陸に上がったタチウオ。

研ぎ澄まされた刀のようにギラギラと光を反射する体、波打つように動く背びれ、初めて生きたタチウオを見たならその美しさに感動するでしょう。

しかしその美しさとは裏腹に、鋭い歯が文字通り牙を剥きます。不用意に触るとカッターナイフのようにスパッと切られてしまうので素手で触るのは禁物。何かしらつかむための道具を必ず用意しておきましょう。

一番安上がりなのは厚手のタオル。折って二枚重ねぐらいにして首根っこをつかめば、そうそう怪我をすることはないと思います。

タチウオを挟むための専用ハサミなんてのもあります。 

タカ産業(TAKA SANGYO) 太刀魚KOバサミ V?76

タカ産業(TAKA SANGYO) 太刀魚KOバサミ V?76

 

しかしこれ、タチウオ専用というだけあってタチウオ以外にはあんまり使いみちがありません。かさばるし。

そこで私がおすすめしたいのは第一精工の「ワニグリップミニ」。

ワニグリップは大きさが2種類ありますが、小さい「ミニ」のほうで十分です。

これがあればサビキで釣れる小魚から1メートルを超えるタチウオまで難なくつかんで安全快適に釣りをすることができます。個人的にはタチウオ以外の釣りでも無くてはならない重要アイテム。

こんな風に首根っこを挟んでやればタチウオの動きをほぼ止められて、安全に針外しをすることができます。

f:id:digic:20170807111036j:plain

ワニグリップミニについては別途詳しくまとめていますのでこちらを参照ください。

ワニグリップで動きを止められたとはいえ、生きているタチウオはまだ口をパクパクさせています。そのまま手を口にの中に入れて針を外すわけにはいきませんので、こういう釣り用プライヤーを用意しておきましょう。 

わざわざ買うのがもったいなければ、ダイソーなんかで売ってる長めのプライヤーでも使えます。よっぽどメンテナンスに注意しないとあっという間に錆びちゃうけどね。

話は前後しますが、可能であれば針外しをする前にタチウオを締めて絶命させておくと針外しなどの処理が楽になります。具体的にはタチウオの首を折って締めることになります。横方向に首を折って締めようとするとなかなかタチウオは絶命しないので、鯖折りのように縦方向に首を折ってみてください。

残酷ですがアゴを持ち上げて背中側にグイっと折り曲げて背骨をポキッと折る。これなら締める同時に血抜きができるので効率的です。その際も歯にはじゅうぶんお気をつけください。

【まとめ】タチウオとの対話を楽しもう

長々と書いてきましたが、タチウオのウキ釣りに興味をもってもらえたでしょうか?

タチウオはいろいろな釣り方があり、船からテンヤやジグなどのルアーで狙う釣り方、陸から投げテンヤや各種ルアーで狙う釣り方など選択肢がたくさん。しかしこれらはルアーやテンヤにつけたエサを動かしてタチウオの食い気を誘う釣り方。ちょっと乱暴な表現かもしれませんがどれも似たような釣り味です。

しかしウキ釣りはそれらと全く趣が異なる釣り方といえます。死にエサでタチウオの食い気を静かに誘って、アタリが出てもタチウオの反応を確かめながらじっくりと待つ釣り方。

この待ちの時間はラインを通してタチウオと対話をしているかのようです。声こそ聞こえませんがまるで糸電話でこそこそ話をしているかのよう。タチウオと自分の暗号化通信。この対話の時間、そしてその後にアワセが決まった瞬間がタチウオのウキ釣りにおける醍醐味です。

長い秋の夜、ウキとラインを通してタチウオと対話してみませんか?

当サイトは「Amazon.co.jpアソシエイト」に参加し商品の宣伝を行っています