関西ファミリーフィッシングの雑記帳

楽しく釣って美味しく食べる みんなで楽しむ関西の釣り情報

太刀魚ゲッターを使った引き釣り仕掛け図解

太刀魚ゲッターイメージ

大阪湾でタチウオを狙う釣り方として比較的歴史が深いのが「引き釣り」です。

オモリと大きな針がセットになったような「テンヤ」という仕掛けにドジョウを取り付けてワイヤーで固定。それを遠投してリールを巻きながら引き続けるので引き釣り。タチウオを狙う方法はいくつもありますが、その中で最も簡単かつタチウオが釣れやすい釣り方です。

しかしドジョウの調達やら取り付けは初心者にとって少々敷居が高い。そこでおすすめしたいのが、SHIMANOから発売されている「太刀魚ゲッター」を使った引き釣り。ドジョウのかわりにどこの釣具店でも手に入るキビナゴを使い、面倒なワイヤーでの固定ではなくスナップをカチャッっとはめるだけの簡単エサ付け。

年々使う人は増えていると思うのですが、じゃあ具体的にどういう竿を使ってどうやって仕掛けを組むとなると人それぞれだったりします。結構バラバラ。

そこで私が太刀魚ゲッターで引き釣りをする場合のセッティングを紹介します。一例としてご参考に。

まずは引き釣り仕掛けの全体像を確認

1万円以内から全てが揃う

このブログのコンセプトは「安く楽しく釣って美味しく食べる」です。よって私はあまり道具にお金をかけません。

ここで紹介する具体的なタックルを使えば、おおよそ1万円以内で全て揃えることができます。もしかしたらあなたがお持ちのタックルを流用できるかもしれません。

まず仕掛けの全体像を確認

まず仕掛けの全体像を見てもらいます。セッティングはこの通り。

太刀魚ゲッターを使った引き釣り仕掛け図解

続いてリールから針先までひとつずつ説明していきます。

使用リール2500番台ぐらいのスピニングにPEライン0.8号

たとえばこんなリールでも大丈夫

使用するリールは2000番~3000番ぐらいのスピニングで。まともにつかえてトラブルが起きないのなら安い物でも使えます。

例えばシマノのアリビオとか。 

シマノ リール アリビオ 2500 3号糸付

シマノ リール アリビオ 2500 3号糸付

 

もちろんもっと上級クラスのリールがあるのであればそれを使うのにこしたことはありません。各自手に馴染んだものをお使いください。

私はokumaのサフィーナを使っています

私が使っているリールはこのブログで頻出のokumaサフィーナ2500。実売2000円台前半!

okuma(オクマ) リール サフィーナ 2500

okuma(オクマ) リール サフィーナ 2500

 

ナイロンライン付きのリールですが、もともと巻かれていたラインは使い込んでへたってきたので廃棄しました。そこで空になったスプールに下巻き用の古いナイロンラインを巻いて、その上にPE0.8号を150メートル巻いています。具体的な商品名は失念しましたが、たしかデュエルかラパラのライン。イチバンのセールで1,000円以下でした。

「こんなワゴンセール級の安リールにPEラインを巻いて大丈夫なのか?」

と思われるかもしれませんが、今シーズン初夏から初冬までPEを巻いて使ってきてリールに起因するライントラブルは起きていません。

もちろん高いリールはそれに見合う性能や信頼性があるのは分かってます。しかし私はこれで問題なく釣りをしてきたわけで、ファミリーフィッシングの範疇に限るなら全部このリールでいいんじゃないかという境地にまできております。

ラインはPEラインがおすすめ

リールに巻くラインはナイロンでもいいですが、おすすめはPEラインです。アタリが分かりやすいですし、あわせも決まりやすい。

ナイロンであれば3号、PEであれば0.8号を目安に。すくなくともその太さのラインであれば1メートル級のタチウオでも抜き上げられます。

以降はPEラインを使うことを前提に書いていきます。

竿(ロッド)はシマノで一番安いルアーロッド

例えばこんな竿(ロッド)が使えます

極端に言えば遠投してリールを巻きながら引いてくるだけなので、磯竿や投げ竿なんかも使えないことはないです。遠投し続けるには重いけど。

おすすめはML(ミディアムライト)クラスのシーバスロッドです。

私はSHIMANOのルアーマチックS86MLを使ってます

私が引き釣りに使っている竿、もといロッドは”がんばロッド”シリーズのルアーマチックS86ML。いわゆるシーバスロッドですね。

シマノ ロッド ルアーマチック スピニング S86ML

シマノ ロッド ルアーマチック スピニング S86ML

 

シマノというかダイワやがまかつなどの三大ロッドメーカーの中でこれは一番安いシーバスロッドのはず。

ガイドはPEラインに対応したSiCリングでもKガイドでもありません。ですがラインにテンションをかけることを意識するのと、毎回ラインの絡みが無いかしっかり確認してからキャストすれば特に問題なくPEラインを扱えています。SiCリングじゃないとPEラインとの摩擦でトップガイドに溝が出来るという話も聞きますが、ワンシーズン使ってきてその兆候はみられず。これからも使い込んで様子を見ます。

リーダーはワイヤーもしくは太めのフロロ

ワイヤーを使うのが基本だけど

タチウオと言えば鋭い歯。その歯をもってすればナイロンなど樹脂製のラインはいともかんたんに切られてしまいます。なので通常のタチウオ仕掛けは先端にワイヤーを使うのが通常。

タチウオのシーズン中である秋に釣具屋に行けば15センチぐらいのワイヤーが売られているはずなのでそれを使うのがまずはおすすめ。

私はワイヤーを使わずフロロショックリーダーを使っています

私の場合はリーダーはフロロ30LB(8号)を使用。具体的にはこれです。 

クレハ(KUREHA) リーダー シーガーフロロショックリーダー 15m 30lb

クレハ(KUREHA) リーダー シーガーフロロショックリーダー 15m 30lb

 

これをキャスト時にガイドに入らない半ヒロ程度(70~80センチ)の長さをとってFGノットで結束。PEの太さに対して30LBというのはかなり太めだと思いますが、これはタチウオの歯対策。とはいえこの太さでも切られるときはスパッと切られると思います。なのでゲッターを使う場合はここにケミホタルを付けず、テンヤホタル等でゲッター自体にケミを付けます。

70~80センチというのは長すぎかもしれません。リーダーとしてはこんな長さは必要ないかと。でもこれはタチウオの歯で少しでもリーダーに傷がついたらそこをスパッと切って結びなおせるよう長めにとってます。

ワイヤーが有る無しで釣果が変わる…というのは個人的な経験のサンプルが少ないのでなんともいえないんですが、そりゃ透明で見え難くしなやかなラインのほうがワイヤーより違和感を持たれにくいのは間違いない。今まではだいたいワイヤーリーダーを使ってましたが廃止です。もともとウキ釣りもワイヤーを使ってないのでタチウオ釣りの完全ワイヤーレス化となりました。

リーダーはスナップにクリンチノット(4回巻きぐらい)で結んでからゲッターに取り付けます。

スナップはこれ。 強度は20kgぐらい。 

NTスイベル(N.T.SWIVEL) ナイススナップ ステンレス #1

NTスイベル(N.T.SWIVEL) ナイススナップ ステンレス #1

 

 太刀魚ゲッターはカスタマイズ

太刀魚ゲッターはちょこっとカスタマイズ。全体像はこれ。

カスタマイズした太刀魚ゲッター

太刀魚ゲッターは4号から5号ぐらいで

これまで紹介したタックルを使うのであればタチウオゲッターのサイズは4号か5号がおすすめです。 私は5号を使うことが多いです。

ケミホタルなどの発光体をセット

誘い用アイテムとしてメインのシャフトにテンヤホタルでケミホタル25をセット。 

ルミカ(日本化学発光) テンヤホタル ブラック

ルミカ(日本化学発光) テンヤホタル ブラック

 
ルミカ(日本化学発光) ケミホタル25 ミニ イエロー 2本入 3枚セット

ルミカ(日本化学発光) ケミホタル25 ミニ イエロー 2本入 3枚セット

 

パニックベイトを後方に

さらに後方でヒラヒラさせて太刀魚を誘えるよう、フックにパニックベイトのメバルを取り付け。 

ヤマシタ(YAMASHITA) パニックベイト メバル A

ヤマシタ(YAMASHITA) パニックベイト メバル A

 

アタリが多いときはこのヒラヒラ部分がズタズタになって帰ってくるので、タチウオがどこを食ってるかの目安にもなります。カラー、サイズともに膨大なラインナップがあるので、紹介した以外のものでもお好きなのをお試しください。

トレーラーフックは必須かも?

フックにはワインド用のトレーラーフックを付けてフッキング強化。

より確実にタチウオをゲットするために重要なパーツだと思います。タチウオがこのトレーラーフックに掛かっている確率はかなり高いです。

エサはキビナゴやサビキで釣れたカタクチイワシ

ゲッターに付けるエサはキビナゴが定番。というかキビナゴを取り付ける前提でセッティングされています。

私ももちろんキビナゴがメインですが、夕まずめ時など直前にカタクチイワシが手に入った場合はそれを使います。自分はそれが大きいタチウオを釣るためのゲンかつぎとなっています。

ここ数年、私が釣るタチウオの最大サイズは「カタクチイワシ+太刀魚ゲッター」で釣れました。  

安物でもいい 釣れればいい

以上です。まとめとしてもう1回全体像を。

太刀魚ゲッターを使った引き釣り仕掛け図解

タチウオ釣りを再開して3シーズンほどが過ぎ、今までいろいろと引き釣りのセッティングを変えて来た結果、これに落ち着いています。リーダーをスパスパ切られるような状況にならない限りはしばらくこれでいくと思います。 

以上、紹介したタックル全てとエサを含めてちょうど1万円ぐらい。竿やリール単体で1万円を超えることは珍しくないですが私にはこれで十分です。

この仕掛けを使った釣り方全般については別途記事にまとめていますのでそちらごご覧ください。

当サイトは「Amazon.co.jpアソシエイト」に参加し商品の宣伝を行っています