関西ファミリーフィッシングの雑記帳

楽しく釣って美味しく食べる みんなで楽しむ関西の釣り情報

太刀魚ゲッターを使った引き釣り仕掛け図解

太刀魚ゲッターイメージ

大阪湾の波止からタチウオを狙う釣り方として、人気のある釣り方のひとつが「引き釣り」です。

オモリと大きな針がセットになったような「テンヤ」という仕掛けにドジョウを取り付けてワイヤーで固定。それを遠投してリールを巻きながら引き続けるので引き釣り。タチウオを狙う方法はいくつもありますが、その中で最も簡単かつタチウオが釣れやすい釣り方です。

しかしドジョウの調達やらテンヤへの取り付けは初心者にとって少々敷居が高い。そこでおすすめしたいのが、シマノから発売されている「太刀魚ゲッター」を使った引き釣り。ドジョウのかわりにどこの釣具店でも手に入るキビナゴを使い、面倒なワイヤーでの固定ではなくスナップをカチャッっとはめるだけの簡単エサ付け。

年々使う人は増えていますが、じゃあ具体的にどういう竿を使ってどうやって仕掛けを組むか?となると人それぞれだったりします。これだけ人気があるのに、引き釣り専用の竿って売ってませんからね。みんなバラバラ。

そこで私が太刀魚ゲッターで引き釣りをする場合のセッティングを紹介します。一例としてご参考に。

まずは引き釣り仕掛けの全体像を確認

1万円以内から全てが揃う

このブログのコンセプトは「安く楽しく釣って美味しく食べる」です。よって私はあまり道具にお金をかけません。

ここで紹介する具体的なタックルを使えば、おおよそ1万円以内で全て揃えることができます。もしかしたらあなたがお持ちのタックルを流用できるかもしれません。

まず仕掛けの全体像を確認

まず仕掛けの全体像を見てもらいましょう。セッティングはこの通り。

太刀魚ゲッターを使った引き釣り仕掛け図解

リールから針先までひとつずつ説明していきます。

リールは2500番台ぐらいのスピニングにPEライン0.8~1号

たとえばこんなリールでも大丈夫

使用するリールは2000番~3000番ぐらいのスピニングで。まともにつかえてトラブルが起きないのならとりあえず安い物でも使えます。それでもキャスティングをするので最低限の品質、信頼性は必要。

例えばシマノのアリビオはその最低限の要件を満たしています。 

シマノ リール アリビオ 2500 3号糸付

シマノ リール アリビオ 2500 3号糸付

 

もちろんもっと上級クラスのリールがあるのであればそれを使うのにこしたことはありません。各自手に馴染んだものをお使いください。

アリビオ未満の安いリールだと、色々とトラブルが発生してストレスが溜まると思いますのでおすすめできません。

私はokumaのサフィーナを使っています

ちなみに私が引き釣りによく使っているリールはこのブログで頻出のokumaサフィーナ2500。実売2000円台前半!

okuma(オクマ) リール サフィーナ 2500

okuma(オクマ) リール サフィーナ 2500

 

ナイロンライン付きのリールですが、もともと巻かれていたラインは廃棄しました。そこで空になったスプールに下巻き用の古いナイロンラインを巻いて、その上にPE0.8号を150メートル巻いています。

「こんなワゴンセール級の安リールにPEラインを巻いて大丈夫なのか?」

と思われるかもしれませんが、今シーズン初夏から初冬までPEを巻いて使ってきてリールに起因するライントラブルは起きていません。

もちろん高いリールはそれに見合う性能や信頼性があるのは分かってます。しかし私はこれで問題なく釣りをしてきたわけで、ファミリーフィッシングの範疇に限るなら全部このリールでいいんじゃないかという境地にまできております。 

今現在はシマノのセドナ2500Sも使っていますが、サフィーナとそれほど遜色ないかなというのが率直な感想です。 

シマノ リール 17 セドナ 2500S

シマノ リール 17 セドナ 2500S

 

 ラインは出来るだけPEラインを

リールに巻くラインはナイロンラインでも使えないことはないですが、基本はやはりPEラインです。伸びが少ないのでアタリが分かりやすいですし、あわせも決まりやすい。

釣りのジャンルに対してラインを選ぶ基準はいろいろありますが、引き釣りに関してはPEラインを使うほうが釣りとして絶対に「楽しい」です。ナイロンより遠投できるし、タチウオのあたりも敏感に拾ってくれます。PEラインの号数は0.8号から1号が目安。その強度なら1メートルを超えるタチウオでも抜き上げられます。

どうしてもナイロンを使うのであれば3号を目安としてください。

以降はPEラインを使うことを前提に書いていきます。

竿(ロッド)はシーバスロッドがおすすめ

例えばこんな竿(ロッド)が使えます

極端に言えば引き釣りはテンヤを遠投してリールを巻きながら引いてくるだけなので、磯竿や投げ竿なんかも使えないことはないです。遠投し続けるには重いけど。

そんな中、おすすめはML(ミディアムライト)クラスのシーバスロッド。

私はSHIMANOのルアーマチックS86MLを使ってます

私が引き釣りに使っている竿、もといロッドは”がんばロッド”シリーズのルアーマチックS86ML。いわゆるシーバスロッドですね。

シマノ ロッド ルアーマチック スピニング S86ML

シマノ ロッド ルアーマチック スピニング S86ML

 

シマノというかダイワやがまかつなどの三大ロッドメーカーの中でこれは一番安いシーバスロッドのはず。

ガイドはPEラインに対応したSiCリングでもKガイドでもありません。ですがラインにテンションをかけることを意識するのと、キャストごとにラインの絡みが無いかしっかり確認してからキャストすれば特に問題なくPEラインを扱えています。

SiCリングじゃないとPEラインとの摩擦でトップガイドに溝が出来るという話も聞きますが、3シーズン使ってきてその兆候はみられず。溝ができたらできたで、トップガイドなら交換も容易なのでいいかなと。

ガイドなどのパーツは上級のモデルと比べたら明らかにコストダウンのあとが見てとれますが、初心者がまず選ぶ1本目としてはコストパフォーマンスが高くおすすめのロッドと断言します。これを使い倒して2本目を選ぶ基準にしましょう。

リーダーはワイヤーもしくは太めのフロロ

ワイヤーを使うのが基本だけど

タチウオの特徴と言えば鋭い歯。その歯をもってすればナイロンなど樹脂製のラインはいともかんたんに切られてしまいます。なので通常のタチウオ仕掛けは先端にワイヤーを使うのがセオリー。

タチウオのシーズン中である秋に釣具屋に行けば、15センチぐらいのワイヤーが必ず売られているはずなのでそれを使うのもおすすめ。

私はワイヤーを使わずフロロショックリーダーを使っています

しかし私の場合はリーダーにフロロ30LB(8号)を使用。具体的にはこれです。 

クレハ(KUREHA) リーダー シーガーフロロショックリーダー 15m 30lb

クレハ(KUREHA) リーダー シーガーフロロショックリーダー 15m 30lb

 

これをキャスト時にガイドに入らない半ヒロ程度(70~80センチ)の長さをとってFGノットで結束します。

PEの太さに対して30LBというのはかなり太めですが、これはタチウオの歯対策。とはいえこの太さでも切られるときはスパッと切られると思います。なのでゲッターを使う場合はここにケミホタルを付けず、テンヤホタル等でゲッター自体にケミホタルを付けます。

あくまで個人的な経験の範疇ですが、2年間この仕掛けを使ってきた中、タチウオの歯で切られたことは一度もありません。

結びなおせるよう長めに

70~80センチというのは長すぎかもしれません。リーダーとしてはこんな長さは必要ない。でもこれはタチウオの歯で少しでもリーダーに傷がついたらそこをスパッと切って結びなおせるよう考慮した結果です。

ワイヤーが有る無しで釣果が変わる…というのは個人的な経験のサンプルが少ないのでなんともいえないんですが、そりゃ透明で見え難くしなやかなラインのほうがワイヤーより違和感を持たれにくいのは間違いない。今まではだいたいワイヤーリーダーを使ってましたが廃止です。もともとウキ釣りもワイヤーを使ってないのでタチウオ釣りの完全ワイヤーレス化となりました。

リーダーはスナップにクリンチノット(4回巻きぐらい)で結んでからゲッターに取り付けます。 

スナップはこれ。 強度は20kgぐらい。 

NTスイベル(N.T.SWIVEL) ナイススナップ ステンレス #1

NTスイベル(N.T.SWIVEL) ナイススナップ ステンレス #1

 

 太刀魚ゲッターはカスタマイズ

太刀魚ゲッターはちょこっとカスタマイズ。全体像はこれ。

カスタマイズした太刀魚ゲッター

太刀魚ゲッターは4号から5号ぐらいで

これまで紹介したタックルを使うのであればタチウオゲッターのサイズは4号か5号がおすすめです。 私は5号を使うことが多いです。

ケミホタルなどの発光体をセット

誘い用アイテムとしてメインのシャフトにテンヤホタルでケミホタル25をセット。 

ルミカ(日本化学発光) テンヤホタル ブラック

ルミカ(日本化学発光) テンヤホタル ブラック

 
ルミカ(日本化学発光) ケミホタル25 ミニ イエロー 2本入 3枚セット

ルミカ(日本化学発光) ケミホタル25 ミニ イエロー 2本入 3枚セット

 

パニックベイトを後方に

さらに後方でヒラヒラさせて太刀魚を誘えるよう、フックにパニックベイトのメバルを取り付け。 

ヤマシタ(YAMASHITA) パニックベイト メバル A

ヤマシタ(YAMASHITA) パニックベイト メバル A

 

アタリが多いときはこのヒラヒラ部分がズタズタに切られて帰ってくるので、タチウオがどこを食ってるか確認する目安にもなります。カラー、サイズともに膨大なラインナップがあるので、紹介した以外のものでもお好きなのをお試しください。

トレーラーフックは必須のオプション

フックにはワインド用のトレーラーフックを付けてフッキング強化。

より確実にタチウオをゲットするために重要なパーツです。タチウオがこのトレーラーフックに掛かっている確率はかなり高い。

そんなに高いもんではないので必ず付けましょう。もはや太刀魚ゲッターには欠かせないパーツといえます。

エサはキビナゴやサビキで釣れたカタクチイワシ

ゲッターに付けるエサはキビナゴが定番。というかゲッター自体キビナゴを取り付ける前提で設計されています。

私が使うエサもキビナゴがメインですが、夕まずめ時などタチウオの時合い直前にカタクチイワシが手に入った場合はそれを使います。自分はそれが大きいタチウオを釣るためのゲンかつぎとなっています。

ここ数年、私が釣るタチウオの最大サイズは「カタクチイワシ+太刀魚ゲッター」で釣れました。  

安物でもいい 釣れればいい

以上です。まとめとしてもう1回全体像を。

太刀魚ゲッターを使った引き釣り仕掛け図解

タチウオ釣りを再開して3シーズンほどが過ぎ、今までいろいろと引き釣りのセッティングを変えて来た結果、今はこれに落ち着いています。ロッドやリールはグレードアップしたいところですが、そこから先はこれが最終形態じゃないかな。

以上、紹介したタックル全てとエサを含めてちょうど1万円ぐらい。竿やリール単体で1万円を超えることは珍しくないですが、まずはこの予算でなんとかなります。

この仕掛けを使った釣り方全般については別途記事にまとめていますのでそちらごご覧ください。