凍らせて臭いゼロ!魚の内臓の捨て方

スポンサーリンク

内蔵や頭がついたままの魚をさばいて調理すること。

調理済みの切り身を買うよりお得になるのですが、捨てる部位が多く出るのがデメリットです。特に問題になるのが内臓。肝や卵など食べられるところもありますが、基本はゴミとして捨てるしかない。そして内臓はクサイ。新鮮でもそれなりにクサイし傷んでしまうと最高にクサイ。

野菜の切れ端みたいにそのままキッチンの水切りに入れておくと、翌日には悪臭としか表現できない不快な臭いを発するようになります。こりゃだめだとビニール袋に詰めて密閉したつもりでも臭いが漏れるし、どこからか汁も漏れてきて最悪。でもゴミの日までまだ日にちがある。

この厄介な内蔵ゴミ。臭いも汁も漏れない捨て方があります。

魚の内臓は凍らせてゴミの日まで置いておこう

どうやっても匂いと汁が漏れてくる

生ゴミとして捨てざを得ない魚の内臓。

カラフルなスズメダイの内臓ですが自主規制によりモザイク処理

カラフルなスズメダイの内臓ですが自主規制によりモザイク処理

広大な土地があるなら埋めて土に還すなんてこともできるでしょうが、都会ではそうもいきません。どんなに密閉しようが、家の中に常温で置いておくと2日目には悪臭と汁を垂れ流し始めます。

こりゃたまらんとビニール袋を家の外に出すと、猫かカラスに荒らされるのがオチ。ハエもたかる。ペールに入れても匂いは漏れてくるし、いざゴミの日に蓋を開けると卒倒しそうな悪臭がプーン!特に気温の高い夏場は強烈。

臭いも汁も漏れない処理方法はないものか…あるんです!

凍らせれば臭いも汁も漏れない

そう、内臓を凍らせてしまえばいいのです。臭いが悪臭になる前に、汁がしたたる前に。

これでゴミの日まで清潔に、そして快適に内臓を保管することができます。冷凍庫にまだ物が入る余裕があるならぜひこの処理方法を試してみてください。

カンタンにその手順を説明します。

魚の内臓を凍らせる方法

魚の内臓ゴミを凍らせる手順は以下の通り。

  1. 水きりネットなどに集めてなるべく水分を切る
  2. ビニール袋にいれる
  3. ビニール袋を新聞やチラシで包む
  4. さらにビニール袋にいれる
  5. 冷凍庫にいれて凍らせる
  6. ゴミの日に捨てる

なるべく水気を切ったうえでビニールで密閉し、冷凍庫で凍らせるだけ。間に新聞やチラシを挟むのがより安全に保存するコツです。

手順を補足していきます。

水きり袋などに集めてなるべく水分を切る

内臓を含めた魚の不要な部位。

そのまま流しの排水口ネットに入れていくとすぐにいっぱいになって溢れるので、そことは別に捨てる場所を用意しておいた方が良いです。おすすめは広げて立てられるタイプの使い捨て水切り袋。

魚の頭や骨などは尖った箇所が多く、網状になった水切り袋だと引っ掛かりやすい。柔らかいビニール製だとヒレや骨が刺さって裂けてしまう。そのため、魚の処理にはこのような耐水紙タイプの丈夫な水切り袋が便利です。

100円ショップでも同じタイプが売られていたりします。三角コーナーを置くぐらいなら、魚にしろ野菜にしろこっちの方がおすすめ。

ここに捨てる部位を集めて、できるだけ水分を切っておきましょう。

ビニール袋に入れる

あらかた水分が切れたら、まずはコンビニ袋など適当なビニール袋に入れて密封します。

のちほどもう一回ビニール袋に入れて二重にしますので、この段階ではまだ仮の密封。かさが減るようなるべく空気を抜いておいてください。

ビニール袋を新聞紙やチラシで包む

1重のビニール袋だと頼りなく不安です。

ヒレなど尖った箇所があれば簡単に破れます。穴が空いてなくても何故か汁が漏れたりもするでしょう。これを新聞紙やチラシで包むことで回避します。

新聞紙やチラシで包む目的は破れ防止の保護材として、そして水分が漏れてきた時の吸水材として。凍らせるのでほとんど関係ないですが、印刷のインクが匂いも軽減します。

万が一冷凍される途中で汁が漏れてきた場合でも紙が吸水しますし、吸水した個所はすぐに凍っていきます。これで安心。

さらにビニール袋に入れる

新聞紙で包んだものをさらにビニール袋に入れます。

厚めの素材のものを使うとより安心。ここまでやればもう大丈夫です。このまま捨てても一日ぐらいは臭いも汁も漏れてきません。

冷凍庫に入れて凍らせる

内臓が入ったビニール袋はすぐに冷凍庫へ。

はじめのうちは冷凍庫にゴミを入れるというのに抵抗があるかもしれません。でも、ビニール袋×新聞紙×ビニール袋の3重構造なので、そこから何かが漏れ出るということはほぼない。万が一破れても、漏れ出す前に外側から凍ってカバーされるから大丈夫。

完全に凍ってしまえば、それがゴミだという認識も薄れます。やってみたら分かるはず。

ゴミの日に捨てる

ゴミの日がきたら、忘れないように冷凍庫から出して捨ててください。忘れたとしても特に問題ありませんが、ゴミを手元に置いておきたくないでしょう。

念のため、ゴミ袋に入れる際はなるべく露出しない内側へ。外側だとカラスなどに狙われる確率が上がってしまいます。

ゴミ回収をしてくれる方々に迷惑が掛からないよう、できるだけ配慮しましょう。

実録!こんな処理方法は役に立たない

これまで紹介した方法は、釣りを始めて魚をさばくようになって数年の私がたどり着いた最適解です。

しかし、ネットで魚の内臓の捨て方を調べると、冷凍させる以外にもいろいろな解決方法らしきものがでてきます。果たして効果はあるのか?

それらを一通り試した私が検証します。

新聞紙やチラシだけでは焼け石に水

魚の内臓を捨てる方法としては定番といえる、新聞紙やチラシで包んでおく方法。印刷のインクに消臭効果があるとされています。

もちろん私も試しました。

なるほど、たしかに効果があるというのを実感。定番となっているだけのことはある。しかしそれはその日のうちに捨てるなど短時間の保存であることが前提でした。

やはり常温のまま日をまたいだ場合は匂いも汁も漏れてきます。ビニール袋越しに見える新聞紙は臭い汁でビッショビショ。これだけではやはり不十分といえます。

でもこの新聞紙包みと冷凍を組み合わせれば完璧という、ハイブリッドな処理方法に至るきっかけとなりました。

クエン酸の効果は微妙だけど

「魚のにおいのもとはアルカリ性だから、酸性の成分をかければ内臓のにおいが消える!」

そのような情報を見つけ、百円ショップで手軽に入手できる清掃用のクエン酸を内臓に振りかけてみました。そしてゴミの日まで常温で置いておいたところ…まあダメでした。翌日には内臓の悪臭が圧倒的勝利。焼け石に水でした。

ただし、衣類に付いた魚の匂いを取るという場合には十分な効果がありますので、魚の匂いに対してのクエン酸は確かに効果があります。ただ内臓の匂いがキツ過ぎるんだ…

釣り場で処理は常識の範囲内で

厄介な魚の内臓を、冷凍することで快適に捨てられる方法を紹介しました。

この他にも、釣った魚ならその場で内臓を除去するという手段があります。

除去した内臓はそのまま海に還す。返した内臓はそこにいる生物がエサにすることで処理してくれます。昔からある釣り場では、おかず調達を目的としているであろうベテランの方がせっせとその処理をしている光景をよく見ます。帰ってからの調理が楽だし、臭いゴミは減らせるしで、なるほど合理的です。

しかしこれは不法投棄という見方もできてしまいます。

海に還すと言えば聞こえがいいですが、実際のところ捨ててることには変わりないわけで。やるにしてもほどほどの量、常識の範囲内にとどめておいた方がいいでしょう。また、内臓を捨てることで魚の血の匂いが水中に漂い、魚が逃げるという考えの釣り人もおられます。迷惑と感じる人もいるわけです。

捨てる前の内臓処理についてはこちらの記事に詳しくまとめています。