PR

釣った魚のリリースとキープを考える

釣りコラム

釣った魚をその場で逃がすリリース、そして食べるために持ち帰るキープ。

どちらが正しいということはありません。どちらも間違っていません。

でも天然の魚は限りある資源。何かしらの基準を持って釣った魚リリースすべきかキープすべきか考える必要があります。それはどのように判断すればいいのでしょうか。

結論として明確な答えは出せませんが、魚のリリースとキープについて考えましょう。

スポンサーリンク

魚のリリースについて意識しよう

天然の魚は有限な資源

魚は貴重な水産資源であり有限なものです。

人間の漁獲圧によって減った魚

途方もなく広い海、どれだけ魚を獲ってもたいした影響はないだろうと思ってしまいがち。

しかしかつてのニシン漁がたどった末路、近年のサンマ漁獲量減少を見ればやはり有限なものなのだと実感します。(気候変動や環境変化、回遊魚の魚種交替という要因も考慮すべきですが)

もちろん釣りで釣れる魚とて例外ではありません。釣りをすることで多少なりとも資源に影響を与えているという意識を持つ必要があります。

釣りは人間のエゴだけど生きるために必要な手段

しかしこの意識をつき詰めていくと、そもそも釣りなんてすべきじゃないという結論に達してしまう。それはそれで一つの答えなのでしょう。どうあがこうが趣味として釣りを楽しむということは人間のエゴだから。

でもわれわれニンゲンは雑食性の動物。魚を含めた栄養バランスの良い食物を食べないと健康に生きていくのが難しい生き物です。動物であれ植物であれ、生き物の命をいただいて繁栄してきました。

釣りに罪悪感を抱く必要はない

どんな形であれ天然の魚を食べているからには間接的に資源を消費し命を奪っている。養殖魚であってもエサに天然資源を利用していれば同じ。

たとえ回転寿司で食べてもスーパーで買っても同じことで、その場合は見えないところで自分の代わりに誰かが手を下してくれているだけ。それは自分で魚を釣るより回り道しているということ。釣りで魚を得ることはその回り道をショートカットしている状態です。

だから釣りに対して特別に罪悪感を感じる必要はありません。と同時に手を下す責任感も必要です。

魚のリリースについて考えよう

十分ではないにしろ、近年の漁業は水産資源管理に力を入れ始めています。

だから釣り人も同じくそれを意識すべきです。際限なく釣り過ぎてはいけません。資源を無駄にしてはいけません。リリースすべき魚はリリースを。

これは管理釣り場の放流魚なので全部持って帰っていいやつ
これは管理釣り場で釣り放題の放流魚なので全部持って帰っていいやつ

リリースする魚の基準

よし!リリースすべき魚はリリースしよう。

ここでぶちあたるのが「じゃあそのリリースの基準ってなに?」という問題。海釣りでなんとなく共通認識されている基準を思いつく限り列挙してみます。

あいまいなリリース基準

なんとなくある「リリース基準」のようなもの
  • 成長すれば大きくなる魚の中でサイズが小さいものはリリースを検討する
  • 特にリリースを意識しないといけないのは、カサゴ(ガシラ)などの根魚類
  • その中でもサイズが小さいものや抱卵している個体は特にリリースを意識する
  • なぜなら根魚は成長が遅く生息場所をあまり移動しない生態のため、釣り過ぎると資源が減少する可能性があるから
  • リリースすべき根魚のサイズ基準は15センチ以下?18センチ以下?20センチ以下?
  • アジやイワシなどの回遊魚は成長も早いし数も多いからあんまり気にしないでいいかな?
  • 食べきれる量や数だけ持って帰るならオッケー?でもそれって何人で何匹なの?

はっきり言って曖昧です。人それぞれ基準に差はあるし、上に書いた内容も釣り人全てが納得するものではないでしょう。

曖昧なルールが存在する

アジやイワシなんかの回遊魚は小さかろうがあんまり神経質にならなくてもいいけど、成長が遅いカサゴやメバルなどの根魚は気を使うべきという共通認識は広く共有されている。でも具体的なサイズや数は曖昧で明確に決まってるわけではない。

抱卵している魚はリリースすべきという考えはあるけど、なぜか青物や鯛は許される。鯛の真子の煮つけは美味い美味いって食べても許される。

公的なルールを基準にしよう

そんな中、ひとつの目安、原則とすべきはその自治体が決めているルールです。

例えばこれは大阪府が公表している大阪湾の魚のリリース基準。

ここでもカサゴ(ガシラ)などは「小さい魚は再放流」という曖昧な表現で、具体的な数字は示されていません。そこは各々が判断しろということなのでしょう。皆さんも自分が釣りをするエリアのルールを探してみてください。自治体によって特定の魚種の放流事業に力を入れている場合があるので、そういった魚種は特に気を使いたいところです。

釣り漫画「放課後ていぼう日誌」に釣りのルールとマナーが取り上げられたエピソードがあり、その中で紹介されていた水産庁の「遊漁の部屋」が参考になります。各自治体へのリンク集があります。

そのエピソードが掲載されていた単行本はこちらの6巻。

最低限もっておきたリリースについての認識

基準は明確といえませんが、ひとまずこれぐらいの認識を持っていればいいのではと思います。

最低限持っておきたいリリースについての認識
  • 回遊魚以外のまだ小さい魚はなるべくリリースを検討してね
  • 抱卵してると思われる魚はなるべくリリースを検討してね
  • カサゴ、メバル、アイナメなんかの根魚は特に慎重なリリースを検討してね
  • 無駄なく食べきれる分だけ釣って持って帰ってね
  • 自治体が決めているルールを確認して守ろうね

釣りに慣れてくればそれまで経験から個人それぞれの基準ができてくるはず。

未来に向けた生物多様性のためにも、他人が釣りを楽しめるようにするためにも、そしてやはり自分自身が釣りを楽しみ続けられるようにするためにも資源の保護は意識すべきです。

自分のリリース基準を人に押し付けない

人それぞれあるリリース基準

公的なルールを原則にしたとしても、明確な数字が示されていない部分は人によって基準が異なります。

その基準を判断する物差しは人それぞれ違うし、場合によってはその物差しに刻まれた単位すら異なるかもしれません。

自分自身が決めたリリース基準。信念をもってそれを守るのは未来を見据えた立派な行為だと思います。ぜひ続けてください。私は私で自分のそれを守り続けます。

お前のルールを押し付けるな

しかしその自分基準を他人に押し付けるべきではありません。

根魚警察の取り締まり

例えばSNSで根魚が大量に並べられた写真がアップされると、どこからともなくリリース警察が湧いてきては炎上するという釣りSNS界の定例行事のようなものがあります。いわゆる根魚警察です。

写真の撮り方次第でどうとでも見える魚に対して、自分で作ったお手製の物差しをあててこう言います。「小さい」だの「産卵前」だの「一人で食べきれる?」かだの。果てには行間にすら書いてないことを勝手に想像して文句をつける悪しきムーブ。

20センチ強の根魚をフィッシンググリップで掴む
根魚警察署員はこんな画像から正確なサイズを割り出せるそうです!すごい!

写真と文字だけではすべてをくみ取れない

大量の魚が並んだ写真を見ると反射的に覚える不快感。それは分かります。

でもその魚が何人で釣ったものか、その後どう扱われたか、釣った人がどう考えてるかなんてわずかな写真と文字からくみ取ることは不可能。自然への感謝の気持ちが無い、無駄な殺生だ、乱獲だ、そんな言葉が出がちですが、それは多くの場合あなたの想像であり勝手な押し付けです。

他人が決めることではない

よく「食べきれる量」という物差しで他人をペチペチと叩いてる人がいますが、そんなのは人それぞれで家族構成も違うわけで、赤の他人が決めるのはお門違い。

「この道の制限速度は明確に決まってないけど、お前の車は俺の車より速いからスピード違反な!」って言ってるようなもの。まったくもって理不尽。シンプルに言いがかり。

人によって物差しは違うから

炎上に加担する前に

「なんか気に入らないヤツだから理由をつけて叩きたい。みんなやってるし。以前に悪いことをしたやつだから今回も間違っているに違いないぞ。ほらみろ、過去の発信を見たら同じことを繰り返してるじゃないか。」

私も性格が悪いからそいういう感情は理解できますし、率直に言ってネットウォッチは大好きです。いろんな炎上を見てはニタニタしています。

でも、漁船の網の中で押しつぶされそうなほどぎっしり詰まった大量の魚、そして釣り人が釣って堤防に並べられた大量の魚。受け取る印象は違うかもしれませんが、果たしてそこに本質的な違いはあるのでしょうか?

お?なんだコイツ?と思うことはあるでしょう。私もあります。でも一度冷静になってから意見を言うべきかどうか考えてみてはどうでしょうか。

持続できる釣りを考える

これからもみんなが釣りを楽しめるように考えてリリースかキープを判断しよう。生物多様性を守るためにリリースしよう。

未来を見据えてそう考えるのは立派なことです。めっちゃえらいです。

でも、まずはあなたが通っている釣り場であなた自身が釣りを続けられるためにどうすればいいか、出発点はそれでいいのではないかと思います。狭い釣り場、同じ魚種を際限なく釣り続けたら資源は枯渇してしまうかもしれません。そうしたらあなたはそこでの釣りを楽しめなくなります。それは嫌でしょ?

そうしているうちに余裕ができたらもっと広い範囲のこと、自分より外にある世界のことを考えていきましょう。ずっとこの先も釣りを続けられるように。

この記事は関西在住の釣り人が書きました

1978年大阪生まれ大阪育ち大阪在住。

家族共通の趣味を持つべく2014年に20年ぶりの釣りを再開。京阪神の海にて活動する小物ハンター。釣りの目的は現実逃避とおかずの確保。海は大きい、自分で釣った魚は美味しい。それでいい。

当サイトのアクセスは年間のピークの時期で月間35万PV程度(2020年8月実績)。

当サイトは「Amazon.co.jpアソシエイト」に参加し商品の宣伝を行っています

レビュー依頼や連絡等がありましたらこちらから

文章や画像の引用についてはこちら

Fam Fishingをフォローする
スポンサーリンク
Fam Fishingをフォローする