関西ファミリーフィッシングの雑記帳

楽しく釣って美味しく食べる みんなで楽しむ関西の釣り情報

南芦屋浜ベランダのタチウオ釣り攻略法

f:id:digic:20180608093824j:plain

大阪湾の秋の風物詩、タチウオ釣り。

釣り公園や堤防、漁港など、あらゆる場所で手軽に狙うことで出来るターゲットです。釣って楽しい、食べて美味しいから、大阪湾の陸から狙う魚としては最も人気が高い魚種のひとつ。

秋が深まればあらゆる場所で釣れるのですが、京阪神地域にお住まいで海釣りを始めた初心者におすすめしたい釣り場が「南芦屋浜ベランダ」。大都市圏からも近く自動車でのアクセスが大変便利で、初心者でもカンタンにタチウオを釣ることができる人気釣り場です。

サビキ釣りからスタートしてアジやイワシを釣っているものの、そろそろ他のターゲットも狙いたくなってきた初心者のあなた。特に京阪神にお住まいのあなた。

南芦屋浜ベランダでタチウオを釣ってみませんか?南芦屋浜に4年通って身につけた、タチウオ釣りの攻略法を伝授します!

南芦屋浜ベランダってどんな釣り場?

芦屋の沖にある人工島

南芦屋浜ベランダ。それはご存知セレブが住まう街芦屋の沖にあります。2000年前後に完成した比較的新しい人工島であり、その外周のほとんどで釣りができるという恵まれた環境にあります。

私が作成したマップがあるのでこちらをご覧ください。緑でふちどった箇所が釣り可能なところです。

ご覧のとおり南西にある砂浜以外、ほとんどの場所で竿が出せます。釣り公園ではありませんので、もちろん料金は必要ありません。24時間無料で使えます。水道やトイレも完備されているので、家族連れでも安心です。

車でのアクセスが前提

人工島ではありますが、何本かの橋で繋がっており、阪神高速の出入り口もあります。車でのアクセスを前提すれば非常に利便性が高い場所です。

実際、車で釣りにくる人がほとんど。周辺は有料駐車場も充実しているので、混雑しているときでも車が停められないということは滅多にありません。

反面、車以外でのアクセスは不便。

最寄の鉄道駅からは相当な距離を歩かないといけませんし、バスの本数もかなり少ない。まだ開発中の街なので、いずれは増便など変化はあるかもしれませんが、現時点では車がないと大変不便な場所です。

南芦屋浜ではどれぐらいタチウオが釣れる?

タチウオは回遊魚だから

タチウオはきまぐれな回遊魚。 

基本的にはベイト、つまりエサとなるイワシなどの小魚を追って移動する魚。そしてその小魚の移動もきまぐれ。

テレビ番組で南芦屋浜のタチウオ釣りが取り上げられていると、簡単にバンバン釣れているように見えます。釣具屋の釣果情報をみたら「タチウオ大爆釣!」なんて文字が躍っていたりもします。そんなボーナスステージのようなタイミングもあるといえばあるのですが、それは運しだい。

釣れない日もあるから運にも左右される

正直に書くと、自分を含めて見渡す限り誰も釣れなかったという日もざらにあります。これは南芦屋浜に限ったことではなく、陸からのタチウオ釣りはそんなもんです。「この記事を読んだら爆釣間違いなし!」なんてことはとても書けません。

なのでどれぐらい釣れるかというと表現が難しいのですが、最悪0匹といのは十分に有り得ること。そしていいタイミングに出会えれば1時間で2桁(10匹以上)ぐらいだと思ってもらえればいいかなと。あくまで目安ですが。

f:id:digic:20180606101726j:plain

運に左右されるのは前提ですが、その運から釣果を引き出す経験とテクニックが釣果アップの秘訣です。

南芦屋のタチウオ釣り最大の難関は釣り場の確保

京阪神屈指に人気釣り場

南芦屋浜はテレビの釣り番組でも頻繁に取り上げられているため、非常に知名度が高い釣り場です。交通の便もいいし、施設も充実している。柵もあって安全。

こんな条件のいい釣り場が混まないはずありません。そもそもタチウオ釣りは大阪湾の海釣りで最も人気のある釣りのひとつ。タチウオ釣りのピークである10月から11月は混雑がえげつないです。

夜中だろうと常に混んでる

タチウオは暗い間にいつでも釣れるチャンスがあるので、深夜であろうと当たり前のように釣り人が居ます。たとえそれが平日であろうとも。真夜中にほぼ無言の集団が同じ行動をしている光景って冷静に見ると狂ってます(褒め言葉)。

例を見てもらいましょう。

下の写真は10月初旬ぐらいの南芦屋浜ベランダのようす。暗くて分かり難いかもしれませんが、入る隙間がないぐらいびっしりと釣り人が居ます。

これ何時だと思います?

f:id:digic:20180606101104j:plain

正解は早朝4時。みんなアホやで!(最上級の褒め言葉)

日没前後の夕まずめ、日の出前後の朝まずめは更に輪をかけて混雑し、最盛期は釣り人が1~2メートル感覚で並んでいることも珍しくない。週末なんて「今日はなんかのお祭りがあるんかな?」って思うほどの混雑。

よく釣れる時間にプラッと行って入る隙など残されていません。じゃあどうすればいいの?

余裕を持って釣り場を確保する方法

南芦屋浜でタチウオ釣りをして4年。その経験から得た、大混雑の南芦屋浜において余裕を持って釣り場を確保する手段を紹介します。

それがこの4つ。

  • お昼に釣り場に入って場所を確保
  • 夕まずめ終了後にルアーマンが帰るのを待つ
  • ベランダ以外の場所で狙う
  • 寒くなって人が減るまで待つ

お昼に釣り場に入って場所を確保

ファミリーで釣りを楽しむ人は、朝から来てお昼前に帰ったり、レジャー的に釣り場でお弁当などを食べてから昼過ぎに帰る人が多いです。お昼過ぎぐらいは一時的に人が減ります。

そこが狙い目。

帰りそうなグループを見つけて「終わられますか?」などと聞いて確認し、問題なければ次に入らせてもらいましょう。確実に広い場所が確保できます。

でもタチウオが釣れ出す夕まずめまで数時間余ります。それまでどうすればいいかって?もちろん釣りをすればええんやで!タチウオが釣れる時期はサビキでいろいろな魚が釣れるし、タチウオの時期は南芦屋浜名物のサヨリもピーク。 

暇を持て余す時間なんてありません。存分に釣りを楽しんでください。休憩しながらやるも良し。サビキでつれた小魚はタチウオ釣りのエサとしても使えます。

でも場所取りのためにラインを通してもいない捨て竿を並べてどこかに行くのは論外なのでやめてください。そういうことをする残念な人たちも居ますけど。

夕まずめ終了後にルアーマンが帰るのを待つ

お昼過ぎ以外にも一時的に人が減るタイミングがあります。

それは夕まずめの時間帯が過ぎてルアー専門の釣りをする人たちが帰るタイミング。日没から一時間も経つと真っ暗になり、ルアーよりウキ釣りのほうが有利になるためルアーマンが帰宅するのです。ここも意外と狙い目。

ウキ釣り派ならご一考ください。

ベランダ以外の場所で狙う

駐車場が近く足場もいいこともあって、南芦屋浜では南側のベランダに人が集中します。でもそこじゃないとタチウオが釣れないわけではありません。

西の砂浜にある石畳の突堤みたいな場所。眼前に深江浜を望む石畳状になった西向きの岸壁。ここにもタチウオは回遊してきます。特に秋も深まった時期になると、湾の奥へ奥へとタチウオが回遊してくるので、北側でも釣れるチャンスが増えてきます。

南側のベランダに比べたら比べ物にならないぐらい人が少ないので、のびのびと釣りができます。ただ手前の水深が浅いので、ウキ釣りはちょっと厳しく、ルアーやテンヤなどの遠投できる仕掛けが有利です。

南側のベランダでも駐車場から離れるにつれて人の密度は減るので、東へ東へ歩いて場所を探すのもひとつの手です。

寒くなって人が減るまで待つ

最後に超消極的な手段。混んでるときは行かずに冬を待つ!

11月も後半になると、かなり気温が下がる日が出てきます。家族でワイワイ釣りをしていた層が自然と減っていき、釣り場にも多少余裕がでてきます。

と言ってもガチな釣り人は氷点下近くになっても当たり前に釣りをするし、タチウオは意外と低い水温になっても釣れるので、12月や年末年始でもそれなりに混んでたりします。

参考までにこれはある年の12月30日の様子。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/d/digic/20170807/20170807111108.jpg

この年は年末年始でもタチウオの釣果が好調だったので、東の奥までびっしり人が入ってます。

君ら明日は大晦日やで?大丈夫?

南芦屋浜でタチウオが狙える時期は秋から冬

釣れ始めは例年9月末ぐらいから

8月ぐらいにパラパラと釣れることもありますが、南芦屋浜でタチウオが釣れ始めるのは例年9月末ぐらいから10月頭にかけて。

夏休みぐらいの時期から、「夏タチ」と呼ばれる小型のタチウオが南芦屋浜から数キロ離れた神戸周辺で釣れるのですが、なぜか南芦屋浜ではほとんど釣れません。ゆえに秋まで待つのがセオリー。

これは大阪湾岸の釣り場で最も遅いパターンといえます。これはタチウオの回遊ルートが影響しています。 くわしくはこちらの記事をご覧ください。

大阪湾のタチウオは西は明石海峡から、南は紀淡海峡から回遊します。南芦屋浜付近はそのゴール地点、あるいは合流地点といえます。

南芦屋浜は大阪湾で最後までタチウオが狙える釣り場

シーズン中で最も遅くタチウオが釣れはじめる南芦屋浜。そして最も遅くまでタチウオが狙えるのも南芦屋浜。

いつまで釣れるのでしょうか?

冬の訪れが早いと12月早々に釣れなくなりますが、暖冬傾向なら年明けの1月後半まで釣れ続けることもあります。 それはその年の水温に左右されます。

こちらも詳しくまとめていますので、お時間があるときにでも。

カギになるのは「水温13度の壁」です。

南芦屋浜でタチウオが釣れる時間は日没から日の出まで

日没前後と日の出前後に釣果が集中

この釣り場に限らず、陸からタチウオが一番良く釣れる時間帯は日没前後と日の出前後の一時間ぐらいです。いわゆるまずめ時ってやつですね。夕方は夕まずめ、早朝は朝まずめ。

これはベランダの左側(東側)、大阪の南港方面から朝日がのぼろうとしてる早朝のようす。こんな色の空になると、今か今かとソワソワしてきます。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/d/digic/20171127/20171127101639.jpg

この時間帯になるとあちらこちらで竿が曲がり、そこらじゅうで刀のようなタチウオがギラギラと乱舞する光景を見ることができます。

その日のコンディションによってはほとんど無反応ということも有りますが、一般的にはタチウオが釣れる可能性が高い時間帯です。皆さん当然のごとくそれを知っているので、このタイミングで一番釣り場が混雑します。 

まずめ時はルアーやテンヤなど、遠投できて手返しがいい仕掛けが有利です。

暗い時間はいつでもチャンス有り

夕まずめ時のラッシュが落ち着いたらタチウオのアタリが明らかに減ります。皆さんそれを知ってるので、一時的に釣り場から人が減ります。

f:id:digic:20180605180038p:plain

だからといって釣れなくなるわけではありません。これから夜明けまで、暗い時間帯はいつでもタチウオが釣れるチャンスがあります。ムラはありつつも、時おり何匹も釣れ続くような時合いが訪れることがあります。

この時間帯はウキ釣りが有利。先ほども書きましたが、ルアー専門にやる人たちは夕まずめ時に集中して釣りをし、真っ暗になると終了する人も多いです。一時的に釣り場から人が減るので、じっくりウキ釣りをしたい人は日没一時間後にぐらいにくると釣りをするスペースが確保しやすいですよ。

真昼間に釣れることもあるけど

何度も書いているようにタチウオは暗い時間に釣れる魚。船釣りだと事情は違ってきますが、陸からタチウオを狙うぶんには明らかに「夜釣り」の対象魚です。

じゃあ明るい時間に全く釣れないかというとそうでもなく。基本的にタチウオは明るい時間に沖の深場にいて、夜が近づくにつれて岸に寄ってきます。朝はその逆で、明るくなるつれ沖に帰っていく。なので、近づきつつあるタチウオ、帰りつつあるタチウオを狙えば、日没2時間前、日の出2時間後ぐらいは十分釣れる可能性があります。

そしてこれはレアケースですが、真っ昼間の南芦屋浜でタチウオが釣れることもあるっちゃあります。私自身、まだまだ夕方まで時間のある14時台に南芦屋浜でタチウオを釣った経験があります。 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/d/digic/20170808/20170808145400.jpg

極端な例だと、それこそ真っ昼間の12時台に釣れているのも見たことがあります。

共通する条件は、曇り空だったり海が濁っていたり、おそらく海中が暗いというシチュエーション。

しかしこれはあくまでレアケース。「よーしパパ真っ昼間にタチウオ釣っちゃうぞー」と狙って簡単に釣れるもんではありません。あくまで偶然が重なって釣れるもの。

面白い体験ではあるので、昼間なのにもう夕方みたいな雰囲気だなという日があれば思い出してみてください。

南芦屋浜でのタチウオの釣り方は時間帯で選ぼう

エサ釣りでもルアーでも

タチウオは実に様々な狙い方が出来るターゲット。南芦屋浜でも、いろいろな釣り方でタチウオを狙うことができます。

大別すると2タイプの狙い方があります。

まずはキビナゴや魚の切り身などの生エサを使ったエサ釣り。そして、メタルジグやワームなどのルアーを使ったルアーフィッシング。

さらにエサ釣りはウキ釣りやテンヤ釣りなどがあります。ルアーはメタルジグなどのハードルアーを使ったりワームなどのソフトルアーを使ったり、使えるルアーはたくさん。

このようにいろいろな狙い方ができるというのも、タチウオ釣りが人気の理由と言えます。

それぞれ自分の好みに合った釣り方をして楽しめばいいと思いますが、タチウオを狙う時間帯によって使い分けるのも楽しみ方のひとつであり、釣果を伸ばす秘訣でもあります。

明るい時間はルアーが有利

日没前や日の出後の明るい時間帯。

この時間帯は、沖の深いポイントにタチウオが居るタイミングです。このポイントをウキ釣りで狙うのはちょっと無理があります。

だからこの時間帯は、遠投ができて仕掛けを早く深く沈められるルアーが圧倒的に有利。重いからよく飛んで早く沈むメタルジグは、明るい時間帯のタチウオに最適といえます。 蓄光塗料が使われたゼブラ柄のメタルジグはタチウオ狙いの定番。

一時期に比べると落ち着いた感はありますが、ソフトルアーを使ったワインド釣法も根強い人気があります。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/d/digic/20170807/20170807112420.jpg

ルアーとエサ釣りのハイブリッドともいえるテンヤも、メタルジグと同じように遠投できて早く沈められる仕掛け。だからエサ釣りであっても明るい時間帯のタチウオ狙いに有効です。

テンヤは各釣り具メーカーから色々なタイプが売り出されていますが、中でもシマノの太刀魚ゲッターがイチオシ。 

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/d/digic/20170807/20170807111133.jpg

シマノ ウキ 太刀魚ゲッター 時短テンヤ OO-102J グローピンク 02T 754424

シマノ ウキ 太刀魚ゲッター 時短テンヤ OO-102J グローピンク 02T 754424

 

 太刀魚ゲッターについてはこちらをご覧ください。 

陸から狙うタチウオ釣りの中で最も簡単確実にタチウオを釣ることができるのは、太刀魚ゲッターを使ったテンヤ釣りだと思います。

暗い時間はエサを使ったウキ釣りに軍配

日が完全に落ちて、暗くなってからはウキ釣りの独壇場です。

暗くなるとタチウオは動きの早いエサを追いにくくなるため、ルアーは不利になり、ウキ釣りでじっくり狙う釣り方が有利になります。

様々なカラーの電気ウキが並ぶ光景は幻想的です。

https://lh3.googleusercontent.com/-YxGZukA2URA/VWh8pII6SgI/AAAAAAAApmc/G8juykaTeUo/s1024/IMG_4601.JPG

個人的にこの電気ウキが並ぶ光景は大好きです。ウキ釣りについて詳しく知りたい場合はこちらの記事をご覧ください。

ウキ釣りのおすすめ仕掛けは、がまかつのつらぬきタチウオ仕掛け。

無理に遠投する必要はありません

南芦屋浜で夜中にウキ釣りをしていると、力いっぱいウキ釣り仕掛けを遠投してめいっぱい沖のポイントを狙う方がいます。もちろんそれはそれで間違ってないのですが、意外と岸の近くまでタチウオは回遊してきます。

経験上、足元付近から10~15メートル沖ぐらいの近い範囲で十分釣れます。南芦屋浜で10メートル沖というのは、その辺りから急に水深が深くなっている、いわゆる「かけあがり」がある位置です。遠投しなくてもこの範囲を狙えば釣れます。

f:id:digic:20180606110228p:plain

なんなら、竿先の真下、つまり岸壁から4メートルぐらいの範囲でも釣れます。

遠投もいいのですが、暗い時間に仕掛けを遠投してラインを多く出してしまうと何かとトラブルの原因になります。初心者は堅実に10~15メートルの範囲内を狙うのがおすすめです。 

そのときの潮位によりますが、足元からかけあがりまでの水深はだいたい6メートル前後。この10~15メートルの範囲内を狙うなら、タナ、つまりウキから針までの距離は3メートルから始めましょう。いわゆる2ヒロのタナです。

初心者にはエサ釣りをおすすめ

ルアーとエサ釣り。

南芦屋浜でタチウオをたくさん釣るためにはどっちを選べばいいんでしょうか?

これはその日の状況次第だったりします。エサのほうが反応がいい日もあれば、ルアーのほうがいい日もある。その人の腕にもよりますけど。

でもどちらが初心者向きかといえば、それは間違いなくエサ釣りです。

ルアーで魚を釣るには最低限のテクニックと経験が必要です。ルアーを投げ込んで放置しててもます魚は掛かりません。しかし極端な話、ウキ釣りであればエサがついたウキ釣り仕掛けを海に放り込んでおけば釣れる可能性があります。テンヤ釣りであっても、投げて沈めて一定速度で巻いてくるだけ。

手段は問わずタチウオを釣りたいという場合は、まずエサ釣りから始めましょう。

可能であれば時間帯に合った釣り方を選びたい

釣り場における暗黙のルールとして「先行者優先」というものがあります。これは南芦屋浜でも同じ。後から釣り場に入った人が「隣の人の釣り方だと自分の釣りがやりにくいなあ」と感じても基本は黙っておくもの。

しかしタチウオ最盛期の南芦屋浜のように、混雑した釣り場においては配慮が必要だと感じることがあります。ルアーやテンヤなどの投げモノ系は前後の釣り。対してウキ釣りは潮にのせて仕掛けを流す左右の釣り。

縦と横。

必然的に絡む確率が高くなります。並んで釣るには絶望的に相性が悪く、この2者間でトラブルになっている光景はよく見ますし、私自身もしょっちゅうこの場面に遭遇します。テンヤを投げたいのにウキをが邪魔とか。 

かといって、ここからここはルアー釣りのゾーン、あっちはウキ釣りゾーン、なんて場所指定するのは不可能。管理者がいる釣り公園じゃありませんから。

そこで提案したいのは、日没までの明るい時間帯はルアーやテンヤなどの投げモノ系の釣りをする、暗くなってからはウキ釣りをするという、時間帯による住み分け。

それぞれの釣り方によって得手不得手の時間帯があるあから、それを生かした釣り方をしようということです。そうすればトラブルも減りますし、それぞれの釣り方で釣果もアップするはずです。もちろんこれは私が勝手に言ってるだけですので、各自ご判断いただければと思います。やはり先行者優先というルールは大前提です。

私自身のタチウオ釣りは、日没ぐらいまではテンヤ釣り、暗くなってからはウキ釣りという二刀流を基本にしています。明け方は日が昇るまでウキ釣り、日の出前後からテンヤ釣りに切り替えます。

南芦屋浜でのタチウオ釣りはどんなエサを選べばいい?

さて、さきほど初心者はエサ釣りがおすすめと書きました。ではエサ釣りにはどんなエサを選べばいいのでしょうか?

万能エサとしてのキビナゴがベスト

タチウオのエサとして一般的に使われるものを挙げてみます。

  • キビナゴ
  • 小イワシ
  • サンマの切り身
  • サバの切り身

これらは、釣具屋やエサ屋のショーケースで冷凍された状態で売られています。凍ってはいますが使うときは解凍するので、寿司でいうところの「ひかりもの」がエサになるというわけですね。

この中で一番のおすすめはキビナゴです。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/d/digic/20170807/20170807111159.jpg

理由はウキ釣りにもテンヤ釣りにも使えて、エサのサイズもタチウオ釣りにぴったりだから。1パック買えば、夕まずめ時のテンヤ釣り、暗くなってからのウキ釣り、両方に使えて無駄になりません。

また、ハサミで輪切りにした大きさのキビナゴを針につけて岸壁付近に垂らしておけば、ガシラなどの根魚も狙えます。余ったら再冷凍すれば保存がきくし何かと使い勝手がいいエサです。

南芦屋浜ベランダは某大阪湾岸系釣具屋のテリトリーなので、そこで積極的に販売されている「色つきキビナゴ」を使っている人が多いですね。個人的に色をつける効果は疑問視してますけども。

キビナゴはスーパーで取り扱っていることも多いので、見かけたらみましょう。そのまま使えますし、潮で締めたら冷凍保存がきく釣りエサに加工することもできます。意外とカンタンですよ。

そもそもキビナゴは食べても美味しい魚です。一度タチウオになったつもりで食べてみてください!手開きで刺身にするのがおすすめです。

サビキで釣れた小魚もエサとして使える

既に書きましたが、タチウオはエサとなる小魚を追って岸に近づく魚。

じゃあその魚をエサにするのがベストだと思いませんか?今日は焼肉を食べたいな~って気分のときハンバーグを出されたらまあ肉には違いないから食べますけど、やっぱり焼肉を食べたいときに焼肉が出されたらそっちを選びますよね?ね?(何を言ってるんだ?)

でもどうやって手に入れる?

カンタンです。釣ればいいんです。サビキで。 

特にカタクチイワシはタチウオ用のエサとして使い勝手がいいです。タチウオがつれる時期のカタクチイワシはサイズもジャストサイズ。そりゃそうです、そのカタクチイワシを追ってタチウオが回遊してるんだから。

その他m小アジや小サバ、サヨリなんかもエサとして使えます。

タチウオ自体もエサになる

タチウオが順調に釣れてるけど、用意していたエサが尽きてしまった。サビキでイワシを釣ろうにも夜中は釣れない。でもまだタチウオを釣りたい。南芦屋浜は、車で10分の距離に24時間営業の釣具屋があるけど、今から買いにいくのもなあ?

そんなときはクーラーボックスを開いてください。そこにエサがあります。

そう、タチウオを使えばいいのです。

タチウオは共食いをする魚。共食いって残酷に感じるかもしれませんが、自然界では魚に限らず昆虫なんかでもよくあることです。いたって普通の生態。

特に尻尾の部分はヒラヒラした動きも出せてアピール力があるので、タチウオ釣りの特効エサとして知られています。身の部分も短冊切りなどにして、ウキ釣りのエサとして使えます。

南芦屋浜ベランダでのタチウオ釣りで気をつけたいこと

狭い場所に無理矢理入らない

繰り返し書きますが、タチウオが釣れる時期の南芦屋浜は大混雑します。それゆえ隣の釣り人との間隔はとても狭い。それでも大半の人は周囲への配慮をしつつ空気を読みながら竿を出しています。

表現が悪いのは承知ですが、下手くそで空気を読まない人が横に来ると自分の釣りがままならなくなることもあったりするわけで。

なので、こりゃちょっと先行者に迷惑掛けるかもという場所に入る場合は両隣に一声掛けるのが大人のマナーだと思います。入れてあげる方も、余裕があるなら入れてあげればいいし、無理だと思えば断っていいと私は思います。くれぐれもケンカは避けてくださいね。ほんとピーク時は怒号が聞こえることがあるから…

ウキを流しっぱなしにしない

湾奥といえど、潮が動くときは川の流れのような速さになることもある南芦屋浜。

ウキ釣り仕掛けを放っておくと、どんどん流れていって隣の釣り人のテリトリーを侵してしまいます。そうすると仕掛けが絡んだり、隣の人が仕掛けを投入できなかったりするので気をつけましょう。その場から離れるときは必ず仕掛けを海から上げておく必要があります。

また、しっかり管理できないならウキ釣りの竿を2本以上出すのも控えましょう。何本も仕掛けを投入しておきたい気持ちは分かりますが、それなら1本に集中して誘いを掛けるなどしたほうが釣れやすいです。

自分が出したゴミは必ず持ち帰る

南芦屋浜は公園ですが、ゴミ箱は設置されていません。

なので自分たちが出したゴミは必ず持ち帰りましょう。一回の釣りで出るゴミの量なんてたかが知れてます。せいぜいスーパーの袋が1袋分ってとこでしょ?車で来てるんだからキュッと結んでポンと積めばいい。

地面に落としてしまったエサはやがて悪臭を放つので、ゴミと一緒に持ち帰る。少量なら海へ返せば岸壁の生き物が処理してくれます。

他の人がやってるからって釣り場に放置してこないように。こんなことしちゃダメ。

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/d/digic/20170808/20170808145354.jpg

ここ数年、京阪神地区ではゴミの放置をはじめとするマナー違反が原因で釣りが禁止になった箇所がいくつもあります。未来に釣り場を残しましょう。

周りは住宅街ということを意識する

京阪神における海釣りのメッカとなって久しい南芦屋浜ですが、本来ここは住宅を中心としたひとつの街です。2018年現在、南東部に空き地が残っていますが、確実に住宅が増えて街が完成に近づいているのを年々実感しています。決して釣り人のための場所ではありません。

ベランダから北に数十メートル進めばそこはもう閑静な高級住宅街。すぐ近くに釣り人とは何の関係ない個人の生活圏があります。特に夜釣りが中心となるタチウオ釣りではこのことを意識して欲しいと思います。

静かな夜、釣り場で大きい声を出せば住宅に十分聞こえる距離です。コンビニにでも行こうと、友人と住宅街を喋りながら歩けば騒音になります。残念ながら路上駐車が酷いこともあります。いつ警察や役所に苦情がいってもおかしくない状態です。

先ほどのゴミ問題と同じく、マナーとモラルを持って釣りをしましょう。さもなくばここも釣り禁止へまっしぐらです。 

【まとめ】手軽にタチウオ釣りを楽しもう

以上、南芦屋浜でのタチウオ釣り攻略法でした。

お住まいの場所にもよりますが、南芦屋浜ベランダは大都市近郊から手軽にアクセスできる釣り場です。

それゆえ混雑は避けられませんが、海釣り初心者が次の段階へステップアップするための環境が整っています。条件さえあえば、タチウオが爆釣なんてことも夢ではありません。施設も整っているので、ご家族連れで釣りを楽しまれるのもおすすめです。

私自身、南芦屋浜でタチウオを釣って釣りの世界が広がりました。

マナーを守ってタチウオ釣りを楽しみましょう!

当サイトは「Amazon.co.jpアソシエイト」に参加し商品の宣伝を行っています