関西ファミリーフィッシングの雑記帳

楽しく釣って美味しく食べる みんなで楽しむ関西の釣り情報

ベストシーズン!大阪湾岸ファミリーフィッシング 秋編【10月~12月】

秋到来。

関西のファミリーフィッシングにおいて9月から11月ぐらいまでの時期がベストシーズンだと断言します。

水温が高いので魚の活性が高くガツガツとエサを食う、年間を通して釣れる魚種が一番豊富、夏に釣れていた魚が順調にサイズアップ、水温が下がるにつれだんだん脂がのってきて美味しくなる魚が多数、暑くも寒くもなくアウトドアに最適な気候になる、もうメリット尽くめといえます。

デメリットといえばどの釣り場も混雑することでしょうか。

大阪湾岸における10月の釣り

お子さんがいる家庭では子供行事が多くて週末も忙しい時期ですが、合間をぬって釣りにいきましょう。この時期を逃すのはもったいないです。

10月に釣れる魚

引き続きアジサバイワシのサビキ御三家が釣れ続けるし、魚の活性が高いからなんでもかんでもサビキに掛かったりして楽しい時期です。

ざっくり挙げると、ガシラ、アイナメ、メバル、サンバソウ(石鯛の稚魚)、チヌ(の稚魚)、チャリコ(真鯛の稚魚)、ベラ、サヨリ、カワハギ、ウマヅラハギなどなど。美味しい魚も多い。サビキに掛かった魚を狙ってきたアオリイカが釣れたこともありました。

そしてこの時期ぐらいから大阪湾の陸から狙える人気ナンバーワンのターゲット、タチウオが大阪湾の湾奥で釣れ始めます。関西でのタチウオの人気は絶大で、ひとたび釣果情報が出るとファミリー向けの釣り場は大混雑必死。これが年末ぐらいまで続きます。

サゴシ(サワラの幼魚)やハマチなど大型の青物が釣れるのもこの時期。ファミリーフィッシングから少しステップアップしてルアーで狙ってみるのはいかがでしょうか?

10月の釣行記

2016年 

2015年

大阪湾岸における11月の釣り

朝晩冷え込んでくる日も増えてきますが水温はまだ高く、防寒対策をすれば意外と問題なく釣りが出来る時期です。釣れる魚も豊富でサイズもデカイ。

11月に釣れる魚

基本的に10月に釣れた魚がそのままサイズアップ。

だがしかし確実に冬の足音が聞こえ始めます。気温の低下とともに釣れる魚は日ごとに減っていき釣れ方にもムラが出てきますが、比較的大きな魚が釣れる時期なのでまだまだ楽しめます。海水は20度ほどで温かく、冷え込んだ日に水汲みバケツで海水を汲んで手を入れると温かく感じるのもこの時期ならでは。

太刀魚に関しては依然としてオンシーズン。最盛期ともいえます。北風で震え上がる日もありますが、夜通し電気ウキのタチウオ仕掛けを投げ続ける猛者はどの釣り場にもいます。まだ青物も狙えます。

11月の釣行記

2016年 

 2015年

大阪湾岸における12月の釣り

年末も差し迫り、急激に気温が下がってきます。

そろそろ水温も急坂を転げ落ちるように下がっていきますが、外気温に比べると水温の下がりはちょっと遅れるので、海の中は案外にぎやかだったりします。寒さに耐え切れず魚より先に人が釣り場から減っていくので、広く快適に釣りをするなら意外とねらい目の時期だったり。

12月に釣れる魚

日を追うにつれ徐々に可能性は下がってきますが、大阪湾の最奥、南芦屋浜や西宮ケーソンではまだタチウオの気配が残る時期。釣れればでかいドラゴン級(メーター越え)。暖冬傾向であれば、秋に釣れる魚が引き続き釣れ続いていたりします。

サビキはだんだん厳しくなってきます。イワシ類なんかは寒い時期まで釣れたりするんですが。やはり冬が到来すれば釣りのオフシーズン。お魚さんたち、一年間ありがとう。来年もよろしく。

12月の釣行記

2016年 

2015年

その他の季節は何が釣れる?

当サイトは「Amazon.co.jpアソシエイト」に参加し商品の宣伝を行っています