関西ファミリーフィッシングの雑記帳

楽しく釣って美味しく食べる みんなで楽しむ関西の釣り情報

激安釣具セットを使うメリットとデメリット

f:id:digic:20170824175233j:plain

世の中には様々な趣味がありますが、たいがいの分野には必要なアイテムが一式揃った「初心者向けセット商品」があります。本格的なカレーに挑戦したい人のためのスパイスセットとか、油絵を始めたい人のための絵の具セットとか。

釣りにおいても同じように初心者向けセットというものが売られています。釣竿とリールのセット、それに加えて仕掛けや釣りに必要な小物類までついた至れり尽くせりなセットも。釣具屋では入り口から近いスペースで売られているのをよく目にしますね。価格帯も高くて3,000円ぐらいなので、釣具を別々に買うよりかなり安い。

釣りを始めたいけど右も左も分からない、どんな釣具を選んでいいやらさっぱり分からないという人にはお手軽で便利なセットです。

しかし果たして「釣りを始めたい」と思い立ったときにそのような釣具セットを買うのは正解なんでしょうか?20年ぶりに釣りを再開して数年、再開したとき最初に用意した釣具はまさにその釣具セットだった私がお答えします。

初めての釣りのために買うならOK 長く続けたいならNG 

有りっちゃ有り!無しっちゃ無し!

最初に結論ありきで書いてしまいます。

初めて釣りに挑戦する人で、今後続けるかどうか分からないけどお試しでやってみたいという場合にはとてもいい選択だと思います。ひととおり釣りに必要な道具が揃ってるし、全部バラバラで買うより安くなるはずです。選ぶ手間も省けるし。

しかし今後も釣りを趣味として続けていくんだという意思を持った人には正直おすすめしません。

その理由について、釣具セットのメリットとデメリットを挙げて説明します。  

初心者向け釣具セットとは

必要な道具一式がパッケージにまとめられたセット

メリットを説明する前に、初心者向け釣具セットがどういうものかイメージを合せておきましょう。 たとえばこんな商品です。

基本は釣竿とリールのセット。それに加えていくつかの仕掛けがついたセットも。より面倒見がいい商品はハサミなどの小物類もセットになっています。あとはエサさえ用意して釣り場へ行けば”とりあえず”釣りが始められます。

どんな釣りをするかに合わせてセット内容も違います。 初心者向けの商品なので、サビキ釣りを想定したセット、ちょい投げというライトな投げ釣りを想定したセット、この2種類のセットがほとんどですね。どちらも手軽に魚が釣れる釣りです。

竿とリールだけのシンプルなセットも

コンパクトな竿とリールだけセットになった1,000円前後の商品もよく売られています。この場合、仕掛けは自分で用意する必要があります。

f:id:digic:20170825110104j:plain

かくいう私も、20年ぶりの釣りをするため最初に選んだ釣具は、このタイプのリールと竿のセットでした。確かお値段980円。安い!

f:id:digic:20170824175233j:plain

このセットを使って城崎温泉の近くにある円山川河口でちょい投げ釣りをしました。そこで良型のキスを何匹も釣り上げたのはいい思い出。その時は「安い釣具セットでも十分じゃない?」なんて思ったものです。

しかしそれが半分正解、半分間違いだと気付くのはもう少し経ってからのこと。

初心者向け釣具セットのメリット

初心者向け釣具セットのメリットを挙げてみます。

  • 釣りの知識に乏しくても最低限必要な釣具が揃えられる
  • 低価格なので手を出しやすい
  • 低価格ゆえ壊したり使わなくなっても損な気持ちにならない

釣りに必要な道具が一通り揃って安い。これに尽きます。

価格帯はだいたい1,000から3,000円ぐらいですから手を出しやすいですよね。子供でも小遣いを溜めて買えない値段じゃないですし、家族で釣りをするからといって複数用意してもそれほどの出費にはなりません。

安いので万が一釣りが性に合わなくて捨てざるを得ないとしても「まあ仕方ないか」ぐらいの気分で済みます。壊してしまっても精神的なダメージは少ない。

初心者向け釣具セットのデメリット 

続いてデメリットです。

  • 作りが雑だったり耐久力が低かったりで壊れやすくトラブルになりやすい
  • スペアの仕掛けが十分に用意されていない
  • 竿が短くて使いづらいケースが出てくる

低価格で買えるほとんどのセット商品は使ってる素材が安いもので、作りが雑なことも多いです。1回使うぐらいでは大丈夫かもしれませんが、2度3度使えば高い確率で壊れる箇所がでてきます。竿のガイドが外れてラインが絡まったり、リールが回らなくなったりとか。これが私の考えうる一番のデメリット。こうなったら釣りどこではありません。安いには理由がある。

仕掛けがセットになっている場合がありますが数が足りません。仕掛けは消耗品です。海底に引っ掛けたり使ってるうちに切れたりですぐ無くなります。また、針のサイズは魚の大きさや種類に合わせる必要があるので、最初についている針のサイズでは対応できない場合もあります。

セット商品は竿の長さが1~2メートルぐらいのものが多い。短いので軽かったり振り回しやすかったりします。でも防波堤や海釣り公園で釣りをするなら海面まで結構距離があるはず。その場合はいざ魚が掛かったときにその長さでは魚を取り込むのに苦労します。長い仕掛けを投入するのもやりにくいはずです。たとえば防波堤や海釣り公園でサビキ釣りをするというなら最低でも3メートル以上の竿をおすすめします。

釣具セットを使うことで得られるものも

次に釣具を選ぶための基準にできる

どちらかというとデメリットが中心になってしまいました。

しかし実際に使ってみてデメリットをデメリットだと認識できることで、その次に選ぶ釣具があなたにとって最適なものになるかもしれません。

自分がしたい釣りをするにはちょっと短すぎたなというデメリットを感じたなら、次はより長い竿を選べばいい。ちょっと竿が硬すぎて魚が掛かってるのかどうかよく分からなかったとなればもっと穂先の柔らかい竿を選べばいい。

釣具セットがすぐに壊れてしまったからといって必ずしも損ではないと思います。その経験は次に繋がります。

安い釣具だから釣れないということはない

釣具屋を覗けば、セット商品のように1,000円台から買える竿もあれば10万円近い竿もあります。

じゃあ高い竿は魚が良く釣れて安い竿は釣れないかというとそんなことはありません。確かに高い竿の方が釣れる確率としては上になりますが、値段に比例するかというとそんなことは無い。バカ高い釣具は自己満足を満たすという要素も大きいです。

安い竿でも釣れるときは釣れます。

ただ、さきほど挙げたように作りが粗雑なせいでトラブルになりやすく、そのせいでせっかく釣った魚に逃げられてしまうことも有り得ます。

釣りを続けるつもりなら「そこそこいいもの」がオススメ

最初にも書きましたが、初めての釣りをお試しでやりたいなら釣具セットはおすすめ。これから釣りを趣味にしようと思うのなら私は別の提案をします。

それは竿もリールもそこそこいいものを選ぶこと。って、”そこそこいい”って何やねんというツッコミもあろうかと思うので具体的に挙げると竿はこの記事で紹介している竿です。 

リールはこちらの記事を参照ください。 

本気の釣り人からしたら安物といわれても仕方ない価格の竿とリールですが、コストパフォーマンス抜群の竿とリールです。これがあれば数年は釣りを楽しめるはず。

ぜひご検討ください!

当サイトは「Amazon.co.jpアソシエイト」に参加し商品の宣伝を行っています