読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

関西ファミリーフィッシングの雑記帳

安く楽しく釣って美味しくいただく 大阪湾岸家族で楽しめる釣り情報

【初心者向け】投げて沈めて巻くだけで釣れる!進化系引き釣りテンヤ「太刀魚ゲッター」コンプリートガイド

初心者向け 釣具紹介 釣りコラム [魚種]タチウオ

f:id:digic:20160926112600p:plain

秋の関西で絶大な人気を誇る陸っぱりからのタチウオ釣り。

人気の理由は群れにさえ当たれば簡単に釣れること、長細い魚とはいえときには1メートルを超える大きさで強い引きが楽しめること、うろこがなくて料理がしやすいこと、そして美味しいこと、…などなど色々な理由が考えられます。

もう一つ考えられる人気の理由として「いろいろなアプローチで狙うことができる」ということがあります。メタルジグやバイブレーションなどのルアーで狙う、ワームを使ったワインド釣法で狙う、小魚や魚の切り身をエサにしてウキ釣りで狙う。ルアー釣り派もエサ釣り派も受け入れるこの間口の広さが人気の理由の一つ。

そんな多種多様な釣り方がある中、最も簡単でたくさんタチウオが釣れる釣り方は何かと問われれば、それは「テンヤの引き釣り」と私は答えます。

テンヤ自体は昔からある釣具ですが、そのテンヤの進化系ともいえるアイテムが2011年にシマノから発売されました。その名も「太刀魚ゲッター」。どんな釣り方でもいいからとにかく太刀魚が釣りたいという人がいたなら、私はまず太刀魚ゲッターを使った引き釣りをオススメしたい。

目次

そもそもテンヤの引き釣りってなに?

それは関西で長い歴史を持つタチウオの狙い方

まずテンヤを使ったタチウオの引き釣りがどういうものか説明します。

太刀魚テンヤはでっかい釣り針とオモリを組み合わせたようなもの。釣具屋に行けば200グラム近い船用のテンヤと20~30グラム程度の波止から遠投するテンヤが売られています。引き釣りにはもちろん波止用の軽いテンヤを使います。こんなやつ。

f:id:digic:20160927151712p:plainそのテンヤにドジョウや小型の青魚などを取り付け、さらにそれをワイヤーで固定。そして遠投。着水したら一定のタナを保って仕掛けを引いてくる。アタリがあればアワセてデカイ針を太刀魚に引っ掛けて釣り上げます。タチウオの引き釣りはエサ釣りとルアー釣りを組み合わせたような釣り方といえます。

私がこの釣り方を初めて見たのは小学校4年生のころでした。時代は1980年代半ば。今から実に30年も前です。時間は秋の夕暮れ、須磨海釣り公園にかつて存在した第2釣台沖向きがその舞台。

小学生の記憶なのでいいかげんなものかもしれませんが、覚えている限りそこでは全ての人が引き釣りをしていたと記憶しています。なのでそれよりずっと前から既に存在していた釣り方のはず。正確なことは知り得ないのでこれは憶測に過ぎませんが、少なくとも40~50年ぐらいは歴史があるんじゃないでしょうか?

長い歴史があるゆえこの釣り方は何十年も続けられているのであろう名人的な人がいます。事実、タチウオ釣りのメッカともいえる武庫川一文字の釣果情報でやたらと数を上げている人はだいたいドジョウの引き釣りです。こちらは武庫川渡船さんが掲載しているある日の釣果の一部を切り取らせてもらいました。

f:id:digic:20160927153654p:plain

確か最終便って21時だから17時から釣れ出したとして4時間ほど。それで50匹近いって驚異的。このことも「一番タチウオが釣れる釣り方は引き釣り」という根拠のひとつです。

テンヤへのエサ付けは手間がかかる

テンヤにエサをつける手順をざっくり説明しますと、

  1. 魚の腹側をテンヤの軸にあるトゲにさして半固定
  2. 細い針金で頭から尾の方向へぐるぐる巻く
  3. 尾から頭の方向へ折り返してもう一度グルグル巻いてから針金を軸などに巻いて固定

という流れになります。

実際にテンヤへエサ付けをしてみました。エサはキビナゴです。

f:id:digic:20160930093209p:plain

うわっ…私のエサ付け、下手すぎ…?

針金をきつく巻いてしまうと身が柔らかいエサは潰れてしまうし、かといって緩く巻くと取れちゃうし意外と力加減が難しい。習得するにはそれなりに慣れが必要です。慣れてもそれなりに時間がかかってしまう。エサがボロボロになって取り外すときはまたぐるぐると針金を解いていかねばなりません。

タチウオの時合いは短いので釣れるたびにこれをやってるとせっかくのチャンスを逃してしまいます。数を伸ばす名人級の人は、いくつものテンヤを用意してあらかじめエサ付けをした状態で釣り場に持ち込み時合いに備えるらしいです。

私のようなお気楽ファミリーアングラーはそこまで気合いをいれられません。でも出来るならたくさん釣りたい。でもテンヤにエサ付けするのは時間がかかってしまう。ううッ…どうすりゃいいのさ。

進化した引き釣りテンヤ「太刀魚ゲッター」

いつもながら前置きが長くなりましたが、そのジレンマを解消できるのがシマノの「太刀魚ゲッター」ってわけです。

f:id:digic:20161014135317p:plain

太刀魚ゲッターには3つのバリエーションがあります。

  • フロントフックがついた「ツイン噛む」
  • ブレードがついた「びりびり」
  • ノーマル版といえる「時短テンヤ」

それぞれ2号から8号ぐらいまでのウェイトバリエーションがあります。

ツイン噛むとびりびりにはそれぞれ付加要素があるわけですが、この記事ではノーマル版の時短テンヤを前提として解説をしたいと思います。 

シマノ 太刀魚ゲッター 時短テンヤ OO-108J グローピンク 02T 754615

シマノ 太刀魚ゲッター 時短テンヤ OO-108J グローピンク 02T 754615

 

ちなににAmazonはゲッターの品揃えがあまり良くなくて高いので最寄の釣具屋でお買い求めいただくことをオススメします。竿とリールはともかく、Amazonって仕掛け類の価格が市場価格よりかなり割高です。(2016年10月現在)

ちなみにワインド版の太刀魚ゲッターというのもあるようです。

シマノ ルアー 太刀魚ゲッター らくらくワインダーヘッド 20g OO-403L 30T ゴールド 829016
 

記事中では触れませんし、正直使っている人も見たことがありません。

太刀魚ゲッターを使うメリットそしてデメリット

太刀魚ゲッターのメリット

一般的な太刀魚テンヤと太刀魚ゲッターを比較した場合、次のようなメリットがあります。 

  • エサ付けがカンタン
  • エサ付けがスピーディ
  • エサ持ちがいい
  • カスタマイズしやすい

ええこと尽くしやん!と思われるかもしれませんがこれは事実。 

太刀魚ゲッターのデメリット 

メリットばっかり挙げると胡散臭いのでデメリットも挙げておきます。

  • ちょっと高い 

ほんとこれ!これに尽きる。ほんまにほんまに。

普通のテンヤが200円から400円ぐらいで買えるところゲッターは1,000円以上します。幸いにしてまだ経験してませんが、根がかりやキャストミス、タチウオの歯によるライン切れで失ったら大ショック間違いなし。 

実感としては無いのですが、通常のテンヤに比べるとフェイスガードやら背中側のピンやら不自然なパーツが多いので警戒心を持たれる可能性が無きにしも。

ゲッターでの引き釣りがなぜ初心者にオススメなのか?

冒頭で「とにかく太刀魚が釣りたいという人がいたなら、私はまず太刀魚ゲッターを使った引き釣りをオススメ」と書きました。さきほど書いた太刀魚ゲッターのメリットと一部重複しますが、その理由はこちら。

  • エサ付けがカンタン
  • 日没前後の時合い前にいち早く釣れる
  • 夜明前後の時合い後も狙い続けられる
  • 既存のタックルを流用しやすい
  • 投げて沈めて巻くだけだから難しいテクニックが不要

エサ付けはのちほど具体的に手順を説明しますが、普通のテンヤと比べて圧倒的にスピーディーでカンタンです。タチウオの浮き釣りもエサ付けが結構複雑だったりしますが、ゲッターはほぼワンタッチ。

夕方になるとタチウオは沖の底層から陸へ接岸してきます。なので理屈で言うと明るいうちはなるべく沖の底を狙えば周囲の誰よりも早くタチウオを釣り上げることができます。ゲッターならある程度の重さがあるため遠投ができて底に沈むのも早い。だからいち早くタチウオを釣り上げることが可能なのです。逆に朝であれば夜明け後も遠投してタチウオを狙い続けることが出来ます。ウキ釣りでは無理なことです。

既存のタックルの流用に関してはのちほど詳しく説明します。とりあえず手持ちの磯竿、投げ竿、コンパクトロッド、ルアーロッド等が流用できる可能性が高いと思ってもらえれば。リールも同様。ラインはナイロンでもPEでもとりあえずOK。

ワインドはルアーをダート(左右に頭を振る動き)をさせるためにラインをはじくような独特のアクションを習得する必要があります。ウキ釣りはウキに反応があってからアワセを入れるまでに様々な状況がありその都度適切な判断が必要になります。その点、引き釣りなら基本は投げて沈めて一定速度で巻いてくるだけ。向こうアワセで勝手に掛かることも多い。

サビキからステップアップしたいけど「タチウオ釣りは難しそうだから」と思っていたあなた、ちょっと出来るような気になってきませんか?

ゲッターでの引き釣りに必要なタックル

竿はたいがいのものが流用できるけど

極端に言うとゲッターを遠投できる竿であればそれを使って引き釣りが出来ます。お試しでやってみるなら手持ちの竿を流用できるかもしれません。

5号(約20グラム)~10号(約37グラム)程度のオモリ負荷に耐えられる竿、磯竿でいうと3号ぐらい。ライトな投げ竿でもこの程度のオモリ負荷なら問題ないですね。ルアーロッドもシーバスロッドぐらいなら大丈夫なはず。

一方で柔らかすぎる竿だとちょっと難があります。磯竿でいうと1号程度のもの、ルアーロッドでもアジングやメバリングロッドでは難しいです。でもゲッターは最小で2号のものもあるから出来なくはないのかな?この辺のタックルに詳しくないので割愛させてください。

ちなみに釣りを再開した当初の私は3号の磯竿を使って引き釣りをしていました。具体的にはこの竿です。 これは遠投仕様ですが普通の磯竿でも大丈夫。

シマノ ロッド ランドメイト 3-450PTS

シマノ ロッド ランドメイト 3-450PTS

 

竿の長さと竿のしなりを利用してかなり遠投がでました。釣れたときの抜きあげもラクラク。その辺のルアーマンより遠投できるんでけっこう気持ちよかったんですが、当然ながら長いと重量があるんで取り回しがキツイ。繰り返し遠投を続けるのはなかなかの重労働でした。翌日は筋肉痛。

 なので途中からこのシーバスロッドに乗り換えています。上のランドメイトと同じ”がんばロッド”シリーズ。5,000円程度でリーズナブルです。

シマノ ロッド ルアーマチック スピニング S86ML

シマノ ロッド ルアーマチック スピニング S86ML

 

長さも重さも遠投性能もちょうどいい。これで快適にゲッターが投げ続けられるようになりました。

個人的な意見ですが、その他の釣りにも流用できる汎用性を考慮して初心者の引き釣りにベストなのはシーバスロッドだと思います。引き釣り以外も子供に持たせるのにちょうどいい長さや軽さだし、ルアーじゃなくてエサ釣りにも使えます。胴突き仕掛けをつけて足元の根魚やカワハギを狙ったりとか。

先ほど手持ちの竿を流用できると書きましたが、慣れてくると重いとか硬いとかどこかで不満が出てくると思うので、引き釣りが性に合うと思ったらいろいろ検討してみてください。古くから引き釣りをしている人の中にはずっと磯竿を使っている方もおられるようです。

ちなみにゲッターと同じシマノ製で”太刀魚ゲッター対応”を謳っているロッドもあります。 ゲッター公式竿とも言えますね。

シマノ ロッド ソルティーアドバンス TACHIUO S806ML

シマノ ロッド ソルティーアドバンス TACHIUO S806ML

 

リールは2,000~3,000円程度のものでOK

リールはトラブル無く使える手持ちのリールがあるならまずはそれを使ってみてください。基本は投げて巻くだけなのでちょい投げで問題なく使えてるならそれでいい。 でもドラグはちゃんと機能するほうが大物とのやり取りには安心なので1,000円台の最安リールは避けたほうがいいかもしれません。

あえて例を挙げるとするならダイワやシマノの最廉価モデル2500番で十分。 

シマノ リール アリビオ 2500 3号糸付

シマノ リール アリビオ 2500 3号糸付

 

 サフィーナもおすすめ。私はこれを使ってます。

okuma(オクマ) リール サフィーナ 2500

okuma(オクマ) リール サフィーナ 2500

 

もちろんもっと上位機種をお持ちならばそれを使うにこしたことはありません。

ラインについてはPEかナイロンかの選択肢がありますが、ネット上の意見をみてもそれぞれ一長一短あって甲乙つけがたい。

ナイロンは伸びがあるから食い込みがいいとか、PEはアタリが分かりやすいとか。私自身も現段階ではどっちがいいのか決めかねてます。

私自身は、そのままスナップを外して取り替えるだけでルアーやワインドに転用できるからという理由でPEを使っています。ナイロンを使うかPEを使うかはまず個人の好みでいいのではと思います。手持ちのものを自分で試してしっくりきたほうが正解でいいのではと。

ナイロンなら3号、PEなら0.8号あればドラゴンサイズ(100センチ)まで対応できます。不安ならもう一段階太めでもいいと思います。

ゲッターはどの重さを買えばいいの?

ゲッターは2号から8号までのバリエーションがあります。グラムに直すと約8グラムから30グラムの幅で重さが選べます。

上で紹介したようなスペックの竿とリールを使う前提でいいますと、4~5号ぐらいを使うのがオススメ。5号はおよそ19グラム(3.75×5)。これにキビナゴと追加パーツの重さが加わると…

f:id:digic:20161220093845p:plain

28グラムとなりました。おおよそ1オンスってやつですね。ルアーをやる人ならピンとくる重さじゃないでしょうか?これぐらいの重量が遠投しやすく扱いやすいと思います。

風が強いときとか早く沈めたいときなんかに対応できるように重めのもの、暗い時間にゆっくりと引く必要があるときに軽いものをスペアとして携行しておくといいでしょう。

結論として実用的な太刀魚ゲッターの重さは3~5号になると思います。

その他に必要なアイテム

タチウオは歯が鋭利なため普通の太さのラインではいともカンタンに切り裂かれてしまいます。そこで一般的にはタチウオの歯があたる可能性がある箇所をワイヤーに置き換えます。

普通のテンヤにはたいがい付属してるんですが、太刀魚ゲッターには付属していません。必要であれば別途購入する必要があります。 

OWNER(オーナー) 31869 TF-W2 ワイヤーリーダー 10cm

OWNER(オーナー) 31869 TF-W2 ワイヤーリーダー 10cm

 

 ワイヤーだと警戒されるという理由から、代わりに太めの透明ラインを使うという手段もあります。自作するという選択肢もありますが、市販品もあるのでまずはそれを使ってみるのもいいですね。

PEラインを使っている場合は太めのショックリーダー(30LBぐらい)を使うという選択肢もあります。FGノットでの結束をオススメ。

クレハ(KUREHA) リーダー シーガーフロロショックリーダー 15m 30lb

クレハ(KUREHA) リーダー シーガーフロロショックリーダー 15m 30lb

 

必須かどうかというと人それぞれの考えがあると思いますが、ラインにケミホタルを付けるのも一般的です。誘いの効果は上がるだろうけど、この部分を食われてラインが切られるリスクとも隣り合わせ。

ルミカ(日本化学発光) ケミホタル37 レギュラー イエロー 2本入 3枚セット
 

私はラインが切れてゲッターを失ったらもったいないというのと、ケミホタルを付けたら仕掛けが絡みやすいという理由でラインにはケミホタルを付けません。代わりにゲッター本体に取り付けます。取り付け方はのちほど。

ゲッターにセットするエサについて

キビナゴがベストではあるけど

太刀魚ゲッターはキビナゴがセットしやすいように設計されています。キビナゴ以外の魚を付けたことで初めて分かったんですが、ストッパーの曲がり具合とかフェイスガードとかなるほどキビナゴの体形に合わせた専用設計になっているのが分かります。

f:id:digic:20160930095428p:plain

背中側のワイヤーがちょうどキビナゴの背中に沿うカーブでしょ?特に前半分。

じゃあキビナゴしかセットできないかというとそうでもなくて、小型でほっそりした魚なら使えますしそれで実際に釣れます。

代表的なものはマイワシ、ウルメイワシ、カタクチイワシのイワシ三兄弟。こやつらは釣り場で手軽にゲットできる小魚ですし、実際に自然界でタチウオのエサになっています。ウルメならキビナゴに体形が近いのでピッタリフィット、カタクチは頭でっかちで前がギチギチになりますがセット可能です。

個人的に他に使ったことがあるのはワカサギ、そしてサヨリを適当なところでカットして尾びれ側をセットしたことも。引き釣りの定番ドジョウもセットできなくはないですし、ワインド用のワームをセットするというのもアリです。

ゲッターへのセット方法

では実際にキビナゴをゲッターに付けてみましょう。公式な取り付け方は以下の通り。

f:id:digic:20160928162553p:plain

出典:太刀魚ゲッター(チャンスタイム倍増!ゲッターローテーション!)|ルアー|製品情報|シマノ -SHIMANO-

私はこれをちゃんと読まず、まずお腹側からキビナゴをセットして背中側のピンを降ろしてくる手順を踏んでいました。いつも最後のストッパーを装着するのが難しいなと思いながら。

で改めて公式ページを見たらまず背中側からセットしてるじゃないっすか。試してみたらこっちのほうがスムーズでした。なので公式手順のもとキビナゴをセットしてみます。

まずキビナゴの背中にある黒い線を目印にピンを刺していきます。

f:id:digic:20160930100025p:plain

公式には「フェイスガードの穴にキビナゴの目を合わせる」とありますが、ここはこだわらなくてもいいんじゃないかと。それより尾っぽをフリーにして動きを出すほうが重要だと思うので、小さめのキビナゴだったらちょっと後ろのほうにセットして尾が動くこをと重視してます。

はい、というわけで背中側のセット完了。

f:id:digic:20160930100512p:plain

続いて背中側のアームをお腹側に曲げてお腹にピンを刺していきます。

f:id:digic:20160930101045p:plain

最後にストッパーをメインのシャフトに引っ掛けて…

f:id:digic:20160930101250p:plain

取り付け完了。キビナゴがテロテロですが古いだけなのでご勘弁を。

f:id:digic:20160930101354p:plain

慣れればテンヤに比べてかなりスピーディーに取り付けできるはずです。

上下で固定、かつご丁寧にフェイスガードとお腹ガードまで装備しているので、テンヤに比べたらエサ持ちも良好です。ウキ釣りにキビナゴを使うと分かりますが、お腹の部分がパッカリ二つに割れやすいので腹ガードはエサ持ちにかなり貢献します。運がよければ一匹のキビナゴで複数のタチウオを釣ることも。

なお、キビナゴは釣具屋やエサ屋で買えますが実はスーパーの魚売場なんかでも普通に売られてたりします。塩で締めるとエサ持ちが良くなりますのでお試しください。 

ゲッターをカスタマイズして自分仕様に

パーツを追加して俺仕様

「さっきからゲッターの写真を何枚も載せてるけど売ってるやつと違わない?」 と疑問を持たれたあなた。よくぞ気付かれた。そうです。違います。俺仕様です。

「パパの知り合いのシマノ社員に頼んで僕専用のゲッターを作ってもらったんだ。悪いなのび太。これは3つしか無いんだ。」

というわけではなく、自分でパーツを買い足してカスタマイズしました。追加したのはこんなパーツ。

f:id:digic:20160930105930p:plain

上の写真で付けたパーツはゲッターだから付けられるというわけではなく普通のテンヤにも付けられます。

まずはトレーラーフック。ワインド用に売られているものをつけています。

太刀魚ゲッター時短テンヤは1本針。

これは手返しを重視して1本のみという意図らしいですが、下手くそな私としてはそれよりもフッキング率を上げたいのでトレーラーフックを追加したわけです。ゲッターのカスタマイズとしては定番。釣り上げたタチウオがこれに掛かっている率は高いので確実に効果があります。

フックに刺して後方でヒラヒラしているのはヤマシタのパニックベイトメバル。 

ヤマシタ(YAMASHITA) パニックベイト メバル A

ヤマシタ(YAMASHITA) パニックベイト メバル A

 

これは後方へのアピールのために付けています。

ずばりタチウオテンヤ用のベイトも売られているのですが、船用で大きいためアピール度が強過ぎと感じたのでメバル用のサイズでナチュラルなものを使ってます。効果のほどは正直分からないのですが付けてると安心感が。サイズやカラーのバリエーションがたくさんありますのでいろいろお試しください。

お腹にはテンヤホタルというホルダーを介してケミホタルの25ミリを装着し光でアピール。  

ルミカ(日本化学発光) テンヤホタル ブラック

ルミカ(日本化学発光) テンヤホタル ブラック

 
ルミカ(日本化学発光) ケミホタル25 ミニ イエロー 2本入 3枚セット

ルミカ(日本化学発光) ケミホタル25 ミニ イエロー 2本入 3枚セット

 

光モノのアピールはタチウオ釣りのセオリー。暗い夜の海の中でタチウオにゲッターを見つけてもらう手段。

上のワイヤーを利用してケミホタルを取り付けるというゲッターならではのカスタマイズ方法も定番ですが、タチウオは下からお腹に食らいつくイメージがあります。私は背中でなくお腹側にケミホタルを付けるようにしています。

釣具屋なら200円程度で売られていてホルダー3つとケミホタル3個入り。ホルダーは何度も繰り返し使えますのでお得です。

太刀魚ゲッター引き釣り仕掛けの全体図(2016年版)

今まで紹介したタックルとゲッターのカスタマイズを含めた仕掛けの全体図です。2016年のシーズン時点での私のセッティングをまとめました。

f:id:digic:20161125123616p:plain

ワイヤーは使わないという選択に落ち着きました。

予算的には竿とリールを含めこれ一式でだいたい1万円というところでしょうか。ロッドとリールは安いのから高いのまでピンキリなんでお財布とご相談ください。

ドラゴン釣れたぞ記念にこの仕掛けの詳細な紹介をしております。 くわしくはこちらを参照ください。

 針先は常に尖らせておこう 

おろそかにしがちなんですが、針先の鋭さはどんな釣りにおいても重要です。障害物に引っ掛けたり錆びたりで針先は確実に鈍っていきます。

材質がいいのか、ゲッターに使われている針は釣行後に真水で洗ってるだけなのに全く錆びる兆候がありません。ダイソーのメタルジグなんて同じことをしてるのに1回使えばフックもスプリットリングもサビサビになる…

というわけでサビはいいとして針先の尖り具合は釣行前にチェックしましょう。目安は爪に針先を突き立てて滑るか否か。爪の上を滑るようならその針先は鈍ってます。フックシャープナーや砥石で鋭く砥いでおきましょう。

第一精工 セラミック砥石

第一精工 セラミック砥石

 

これが200円程度と安くて便利。Amazonの買い物で送料無料バーの2,000円にちょっと満たないときとかに思い出してもらえれば。

太刀魚ゲッターで実際に釣ってみよう

太刀魚ゲッターでの釣り方はテンヤの引き釣りと同じ。かいつまんで説明するなら「投げて沈めて巻く」。これだけ。

先に書いたように引き釣りは長い歴史があります。それゆえ私のようにブランクが長い釣り人がその釣り方を説明するのはおこがましいのですが…すいませんやらせてください!

日没前から日の出後までタチウオが接岸している時間ならいつでも通用するのが引き釣り。中でも他の釣り方と比べて優位性があるのは朝夕まずめ。

ここでは日没1時間前ぐらいの夕まずめからタチウオを狙うことを想定して説明します。

【1】遠投して着底するまでの秒数をカウントする

大阪湾のとある場所。ある秋の夕暮れ。日没まで1時間を切り周囲はタチウオ狙いの釣り人が増えてきました。そろそろ引き釣りをはじめるとしましょう。

まだ明るいからタチウオ釣りには早いのでは?と思うかもしれませんが、ゲッターならいち早くタチウオを釣ることが可能です。せっかくなら周囲のウキ釣り師を尻目に一番乗りを目指しましょう。

まずは出来る範囲で遠投を。ゲッターはエサ持ちがいいのでフルキャストしてもまずエサが外れることはありません。

f:id:digic:20160929105711p:plain

そしたら海面にパシャっと着水した時点を0として、ゲッターが海底に着くまでの秒数を頭の中でカウントしていきます。別に口に出して数えてもいいです。

ベールを戻してラインを張った状態でテンションフォール(着底)させましょう。ちなみにフォールというのは仕掛けを沈めるということです。ラインをフリーにした状態でフォールさせてもいいですが、テンションフォールにするとラインを切られる可能性をいくらか下げられます。

着底したら竿先がフワッと持ち上がったり、張っていたラインが緩んだりします。明るい時間ならそれを目視できるのでなお良し。強い風や速い潮の流れがあると分かりにくいですが、集中して竿に伝わる違和感を感じ取ってください。

これを「底を取る」といい、他の釣りでも使う重要な基本テクニックとなります。初心者の方は必ず習得してください。

通いなれた釣り場ならだいたいどれぐらいで着底するか分かってきますが、その日の風や潮の状況で結構な誤差がでてくるので私はその日の釣り始めに毎回着底をカウントします。

このカウント作業は「水深を等分割するため自分なりのものさしを作る」作業です。なので「ここの水深はxxメートルだ」とか具体的な数字を知る必要はありません。あくまで底に着くまでの秒数さえ把握すればオッケーです。頭の中で一定のペースでカウントができる自信があるなら秒が正確である必要もありません。

私は自信が無いので腕時計のストップウォッチを使ったりします。

【2】着底後軽くシャクリを入れてからゆっくり引いてくる

f:id:digic:20160929170335p:plain

着底が確認できたら早速引き釣りを始めてみましょう。

その際、海底でゲッターを引きずったままリールを巻いてくると障害物に根掛かりして仕掛けを失い泣くことになります。海底からゲッターをピョンと飛び上がらせるイメージで竿をグイっと立ててシャクリを入れてから巻いてください。底付近は根掛かりの危険と隣り合わせなので、不安であれば大き目のシャクリをしてゲッターを十分に浮かせてから引きましょう。

タチウオは意外と捕食が下手というのが定説です。なのでゲッターを引く速度が速いとタチウオが追いつけない可能性があります。おおよそ一秒間にリールを1回転というのを目安にゆっくり巻いていきましょう。暗い時間ならなおゆっくり。一定のタナをゲッターが泳ぐように意識して。

まだ明るい時間にゲッターが目視できる水深に軽く投げてみて、巻き取りスピードの把握をしておくといいです。

足元付近まできたら底が浅いはずなので根掛かりに注意しつつゲッターを回収。まあベタ底で一投目から釣れるなんてことはまずないので落胆せず次のフェーズへ。今のは試験引きだ。次から本気出す。

【3】アタリがなければ徐々に上のタナを狙う

さて2投目以降はどう狙っていきましょう?仮に着底までのカウントが10秒だったという前提でこれを説明します。

先ほど一番底の10秒カウントから引き始めても何のアタリもありませんでした。ということは底より少し上のタナをタチウオが回遊しているのかも?と仮定してそのタナをゲッターが通るように引いてくるとしましょう。なお「タナ」というのは魚が泳いでいる層のことです。魚の種類やその時間帯によってタナは異なります。

さて「さっきより少し上のタナ」を狙うにはどうすればいいか?カンタンです。

着水してから引き始める秒数を減らすだけ。先ほど10秒で着底したところを9秒の段階で引き始めてください。これでさっきより少し上のタナを狙えます。5号ぐらいのゲッターを使っていたとしたら1メートルほど上のタナを引いてくることになるかな?

f:id:digic:20160929172126p:plainそのタナでもアタリがなければ今度は8秒、次は7秒と短縮していけばさらに浅いタナを狙うことができます。先行して釣り上げた人が「中層で釣れたよ!」と言ったなら「中層ということは4~6秒カウント付近だな」という判断ができて的確なタナを狙うこともできます。これってアタリかな?という違和感を感じたタナがあればネチネチとしつこくそのタナを攻めてみてください。

タチウオ釣りは「タナを釣る」釣りともいわれます。日没前や日の出以降は底付近、日没直後や日の出前は表層近くという傾向はあるものの、その日その日でタチウオが居るタナは異なります。夜中なんてほんとにどこに居るんだか分からない。その金脈ともいえるタナを探り当てるのがタチウオ釣り。

ウキ釣りと比べて引き釣りはそのタナを探るのに効率がいい釣り方です。沈むのが早いからカンタンに深いタナが攻められるし、浅いタナを狙うなら早めのカウントで引き始めるだけ。

【4】アタリや違和感があればとりあえずアワセる

アタリがない前提で説明を進めてきましたが、引き釣りでのタチウオのアタリはどんな感じなのか?

いろいろパターンがあるのですが、勝ちパターンは引いているときに根掛かりしたかののような重さでグーッと竿先が持っていかれるパターン。タチウオのサイズが大きいと本当に根掛かりと勘違いするぐらいで、時にはリールも巻けないほど重くなります。

その時点で既に針掛かりしていることが多く、特にアワセを意識しなくてもタチウオを釣り上げられる確立が高いです。念のため竿を立て追いアワセ入れて確実にフッキングさせといたほうがベター。

もうひとつのパターンはコツコツっとした感触がラインを通して伝わってくるパターン。あっ!今タチウオがゲッターを触ってるな!という感じが手元に伝わってきます。ナイロンラインよりPEのほうが分かりやすいはず。サビキのように小刻みに魚が震えるようなブルブルっとアタリではありません。

なんにしろ引いている過程で違和感を感じたら竿を立ててアワセてみましょう。

また「アタリっぽいんだけど反応が小さいな~おかしいな~」って疑わしい時は一旦巻くのを止めて食わせるタイミングを与えるのも手です。

ゲッターでの釣りはウキ釣りと違ってタチウオにエサを飲み込ませる釣りではありません。エサにひかれて寄ってきたタチウオを引っ掛ける釣りです。針も口の中に掛かるのではなく、口の外から上顎へ掛かっていたり、目や頭に掛かっていたりします。そのことを意識しつつアワセてください。具体的にどうすればいいか分からんけど(丸投げ)。

【5】足元付近でも釣れるので最後まで集中すること!

f:id:digic:20160930123006p:plain

ゆっくりとゲッターを引いてきて、ラインの角度から察するにもうそろそろ足元まで戻ってきそうだなという瞬間があります。その時あなたはどうしますか?

もう岸に近いからタチウオは居ないだろうし、それなら早く次のキャストをして沖を狙いたい。じゃあ早めに巻き取って回収する?

アカーン!そこチャンスタイム!

実体験から書きますが、かつては私もそうなったら気持ちは次のキャストに向いていました。緊張感ゼロで竿を持ち、惰性でリールを巻いている状態。そんな時に限ってまさかのアタリがあるんです。集中が欠けているのでもちろんアワセなんか入れられません。無残にエサが食いちぎられたゲッターを回収するのみ…

沖からずっとゲッターを追ってきたのか、たまたま足元付近に回遊していたのか。捕食が下手だからでしょうか、タチウオはエサを岸壁に追い込んで逃げ場を無くして捕食するという話も聞きます。

なので回収間際の足元付近は最後のチャンスタイム。もしかしたら最高のチャンスかも。決して気を抜かずゆっくり丁寧に引いて、瞬時にアワセを入れられる体勢でのぞみましょう。 

【6】取り込みはポーンと抜き上げる

さて、ついにタチウオを掛けました。あとは回収するだけ。

タチウオの引きの特徴なんですが、針掛かりしたときはずっしり重たいのにリールを巻いて回収している途中に「あれ?針から外れた?」と思うほど軽くなることがあります。もちろん実際にバラしていることもありますが、大概は針掛かりしてますので気を抜かずラインを張ったままリールを巻き続けてください。回収直前にまた抵抗してくることがあります。

タチウオは原則、玉網で回収することはしません。歯で網を切られることもあるし長さのわりには重量がないのでそのまま抜き上げるのが基本です。1メートル前後のサイズなら問題なく抜き上げられます。足元まで寄せられたらやや多めにラインを巻き取って竿先を海に向けて下げ、海中からポーンと抜き取るように上げてください。

見事抜き上げたらくれぐれも歯に気を付けつつ安全な方法でタチウオをつかみましょう。初めてタチウオを釣ったなら驚きや嬉しさで半ばパニック状態になっていると思いますのでくれぐれも気をつけて。不慣れならとりあえず地面に横たわらせるといいです。地面でペッタンペッタンと跳ねるタチウオを見ながらとりあえず落ち着きましょう。

タチウオをつかむには専用のハサミやワニグリップなどがあると便利です。

タカ産業(TAKA SANGYO) 太刀魚KOバサミ V?76

タカ産業(TAKA SANGYO) 太刀魚KOバサミ V?76

 

特にワニグリップミニはその他の魚全般に使えるので当ブログの超おすすめアイテムです。 今やこれ無しの釣りは考えられないほど。

わざわざそんなん買うのもったいないということであれば厚手のタオルなんかでもいいです。でもくれぐれも軍手やゴム手袋1枚程度で大丈夫と思わないでください。いとも簡単に貫通したり引き裂かれたります。血を見ることになるぜ!(経験者談)

ゲッターで釣れたタチウオから針を外す際、口の中に掛かるということはそれほどありません。なのでウキ釣りのときと比べて安全に針外しができますが、念のため慎重に作業を進めましょう。少しでも歯に当たる可能性があるならペンチなどで針外しを。さしあたり100均で売ってる金属部分が長めのやつで十分です(すぐ錆びるけど)。タチウオの動きが止まって死んだと思っててもゾンビのように動き出し口を閉じる場合があるので注意。血を見ることになるぜ!(経験者談)

底をとらずに上から攻めるパターンもあり 

以上、日没前の夕まずめからタチウオを狙う方法でした。

暗くなってからタチウオが上層に浮いてきてるだろうという状況であれば、必ずしも底を取る必要はありません。さっきとは逆に着水から1秒、次は2秒と、徐々に深いタナを攻めて行けば効率がいいです。ワインドでは釣れなくなってきた暗い時間でもゲッターなら狙えますよ。

【まとめ】引き釣りもウキ釣りもワインドもルアーも楽しい!

「引き釣り最高!太刀魚ゲッター最高!」みたいなノリで書いてきましたが、これはあくまで初心者がタチウオを確実にゲットするのに適した方法の一つということでご理解いただければ。

漁をしているわけではないのでたくさん釣るという結果だけじゃなく、その過程を楽しむのも趣味としての釣りの醍醐味です。冒頭にも書きましたが、同じ魚を狙うにしても多種多様なアプローチがあって、エサ釣り派もルアー釣り派も受け入れられるというのがタチウオ釣りの魅力。皆様におかれましては、それぞれ自分の気に入った釣り方でタチウオを狙ってください。

それではみなさんタチウオ釣りをお楽しみください!釣れたら報告してもらえると嬉しいです!