読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

関西ファミリーフィッシングの雑記帳

安く楽しく釣って美味しくいただく 大阪湾岸家族で楽しめる釣り情報

【釣行記】快釣サヨリと白昼のタチウオ@南芦屋浜ベランダ[2016.12.04]

釣行記 [釣場]南芦屋浜ベランダ [魚種]サヨリ [魚種]タチウオ

f:id:digic:20161205091505p:plain

11月の末に念願のドラゴン級タチウオが釣れてすっかり満足してしまったので、もう今年はあれで釣り納めにしてもいいかなと考えていました。なんせもう12月です。寒いもの。

いやしかし何かやり残したことがあるような気がするぞ?せや、今年は満足にサヨリを釣ってへん気がするわ。サヨリの最盛期はタチウオの時期と重なります。サヨリといえば南芦屋浜、同時に南芦屋浜といえばタチウオ。朝3時に行ってもタチウオ狙いの人でろくに場所が空いてないという、京阪神屈指の人気釣り場。その混雑を避けて南芦屋浜に行く機会がほとんどなかったからなあ。

そんなことを考えながら迎えた12月最初の日曜日。12月にしては最高気温が17度と暖かい日だけど午後から雨が降る予報です。この天気予報ならさすがの南芦屋浜も混雑が緩和されるのではないだろうか?行ってみてもいいんじゃないだろうか?

てな感じで行ってきました。夕方までに帰る予定でサヨリ狙いに。

27センチを筆頭にサヨリが30匹

激混みのベランダも10時台なら場所取り余裕

午前中の所要を済ませて南芦屋浜ベランダ中央の駐車場に車を停めたのが10時45分ぐらい。待つことなく入庫できて空いてる駐車スペースもたくさんあります。

2014年のシーズン中は月3回ペースで通ったこの釣場。なので経験上知っています。この時間帯は朝まずめ狙いの人が帰り始めて釣り場に余裕ができる時間帯だということを。ぱっと見で入るところが見つからないとしても、帰り支度をしている人をみつけてそのあとに入れてもらえば大丈夫。

今日も駐車場の真ん前に入っていた二人組の方々が片付けの最中だったんで、ひと声かけてあとに入れさせてもらいました。聞くと、ついさっきからサヨリが釣れ始めたとのこと。いいタイミングで来れたかも。

やはり周囲もサヨリ狙いの人だらけ。あとはファミリーでサビキ。カタクチイワシはひっきりなしに釣れてるようですがサヨリはどうかな?

正午ぐらいまでコンスタントに釣れ続く

今日は一人気ままな単独釣行なので自分の竿と仕掛けだけぱぱっと準備して11時前に第一投。天候はうす曇でうっすら日が差す感じ。水面が眩しいので偏光グラスを装着。潮はゆるくて水面のいたるところに波紋ができています。海を覗くとカタクチイワシの大きな群れ。水面近くをひっきりなしに泳いでいます。あの波紋はこいつらかな?サヨリも混じってるといいんだけど。

長く居て4時間ぐらいの予定なんで今日はアミエビブロック16切(1kg)をひとつ。そしてつけエサはイカの切り身。イカを食わない場合を考えて保険に赤アミを少々。

2投3投しているうちに気配がでてきます。

仕掛けの後ろで発生する波紋と不自然なウキの動き。 さっとアワセると掛かりました。時とおり飛び跳ねながら横にギュイーンと走る。これこれ、これがサヨリ釣りの楽しいところ。これを味わいにきた。アタリから取り込みまでが全て水面で展開され、目で楽しめるのが他の釣りにはない醍醐味ですね。

f:id:digic:20161205092219p:plain

入れ食いというほどではないですが、毎投ごとに何らかの反応あり。

とりあえず11時から12時の1時間で10匹ほど。サイズ的には25センチ前後。たまに27センチぐらいのが混じります。久々のサヨリ釣りにしてはまずまずの滑り出し。昼を過ぎるとちょっと渋くなってきました。今日はもともと夕方前に帰らなくてはいけないのと、そろそろ雨の気配もあり焦ってくる。レーダーを見る限り14時ぐらいには降り出しそう。それまで集中して数を伸ばさねは。

f:id:digic:20161205091825p:plain

最終的に25~27センチぐらいのサヨリが30匹ほど

 ムラはありますが昼を過ぎても釣れ続けます。食いが渋ったらいつもは米粒大でつけるイカを長めにとって、1センチぐらいのタラシを入れてやると効果的。13時から14時ぐらいがピークでした。

しかし14時を過ぎるとやはり雨が降り出し、徐々にその強さを増していきます。カッパを着ながら続行するもののちょうどアミエビも尽きたので14時過ぎに納竿とすることにしました。最終的に3時間半で30匹ほど。

f:id:digic:20161205091938p:plain

渋いってほどじゃないけど爆釣って感じでもなかったですね。とはいえこれでも周囲の人の倍ぐらいのペースで釣れてました。やっぱりイカちゃん最強。最盛期ならさらにこの2倍はいけるはず。 

まあこれだけあれば晩御飯には十分です。雨の中、徒歩30秒ぐらいの位置に停めた車のハッチバックを空けて荷物をピストン輸送し後片付け開始。 

自分史上最速のタチウオゲット!

30分限定タチウオチャレンジ

何往復かして残る荷物はクーラーとバケツだけ。

片付けの仕上げに散らかったアミエビをバケツで洗い流します(みんなもやろうな!)。そのアミエビが落ちた先の海面に目をやると相変わらず海面を覆い尽くさんばかりのカタクチイワシの大群。一方で雨は強さを増して、空には厚く黒い雲。ただ今時刻は14時半過ぎ。この時間にしてはかなり薄暗い。

ん?なんかこの雰囲気は夕まずめっぽいぞ。本来の日の入りはあと2時間後だけど、日の入り1時間前ぐらい暗さ。このシチュエーション、もしかして今日はタチウオの接岸が早いのでは?冬に近づくほど釣れ始めが早いし、見ての通りベイトのカタクチイワシもたっぷり。もしかするともしかするんじゃない?有り得なくもないんじゃない?

晩御飯に間に合うよう帰るとしてもあと30分は余裕で居られます。タチウオ用のタックルはあるしいっちょやってみっか!車のハッチバックを雨避けにしてロッドを組みラインを通しスナップを結ぶ。それとジグとゲッターだけ持って急いで釣り場へ逆戻り。

「遠投×底層」を狙う

明るい時間のタチウオならなるべく沖の底層がセオリー。夕方であれば沖から接岸中というイメージです。まずは28グラムのダイソージグをぶん投げます。雨が降り出して人が減ったので休日の南芦屋浜といえど自由にのびのび投げ放題。どりゃ!結構飛んだ。

飛んだはいいものの、そういえばジグでタチウオを釣ったことがありません。いやタチウオどころかサバしか釣ったことないぞ。タチウオにはゆっくり目のワンピッチジャークとフォールが有効と聞いたことあるようなないような気がするのでそんな感じでやってみます。しかしどうもしっくりきません。

ゲッターで14時台にタチウオゲット!

時間も限られていることだし、やっぱりここは使い慣れたゲッターにしよう。

サヨリの仕掛けに掛かってきたカタクチイワシをキープしていたので、それをエサにしようとクーラーから探しますがサヨリに紛れて見つからない。でも安心してください。サヨリが回ってこないなら根魚でも狙おうと数匹だけキビナゴを持ってきてましたよ。やっぱり塩締め冷凍でストックしとくと便利。 

まだ明るい時間ですが、少しでもアピールできるようダイソーケミ25もテンヤホタルでセット。つまりのところ私の標準セットです。 

f:id:digic:20161125123616p:plain

さあいけー!っと遠投。5号のゲッターなんで21グラムとキビナゴを併せて20グラム台後半でしょうか。28グラムのジグと同じぐらい飛びます。エサ持ちもいいんで全力で投げてもでえじょうぶだ。カウントしつつ底をとってから水深を把握。中の下、下の上ぐらいのタナを引くイメージで巻いていきます。

でもまあ釣れないだろうな。いくら暗くてもまだ昼だし。そんなことを考えつつ投げ続けて数投目。タイムリミットが迫った15時前です。リトリーブ中にズーンと竿が重くなった。えっ?マジですか?

そんなに強い引きではないけど、ググッと引いたりフワッと軽くなったりの引きをします。これは間違いない。アイツだ。タチウオだ。ほんとにきたよ!

水面に細長い魚影が見えました。南芦屋浜はけっこう水面まで遠いのでギリギリまで巻き上げてよいしょと引き抜き。

f:id:digic:20161205092337p:plain

時計を見ると14時55分。

サイズは指3本の80センチでたいしたことないけどこの時間に釣れたことに意味があります。15時台じゃなくて14時台なのも大事。

状況を把握してそれに対する策を考えて実行し結果が出た。釣りをしていてこんな嬉しいことはないです。浮かれて写真を撮ったけど、嬉しさで手が震えてタチウオにピントが合っていないのはご愛嬌。

その後もしばらく投げ続けて何度かアタリはありました。たまたまはぐれ1匹タチウオが釣れたというわけではなく、ちゃんと群れが接岸しようとしてたタイミングだったと思われます。

いやしかしダメもとでやってみるもんだな。そして太刀魚ゲッター最強説を改めて唱えたい。

遠くまで飛んで早く沈む。それはメタルジグとかのルアーも一緒だけど、ゲッターに付ける生エサには敵わない。まずめ時や夜中はもちろん、ゲッターなら今回のようなシチュエーションにもばっちり対応できます。ウキじゃ無理ですよね。

15時を過ぎるといよいよ雨が強くなってきて私のタイムリミットも迫ってきました。今度こそほんとに納竿。いい釣りができた。満足。

帰り際に駐車場から西側を望む。時刻は日没まで1時間となった15時45分。けっこうな雨足なのにみなさん残って釣ってらっしゃいます。

f:id:digic:20161205092437p:plain

東側も見ておきましょう。さすがに空いてる。いつもこれぐらいの人出なら快適なんですけど、通常はこの10倍ぐらいになりますからね。

f:id:digic:20161205151142p:plain

今年はいつまでタチウオが釣れ続けるでしょうか。年末にまだ釣れているようならもう1回行ってみるかな。

しかしまあ片づけしてトイレによって最後に見る光景がこれ。相変わらずヒドイ。

f:id:digic:20161205091759p:plain

みんな分かってるんだろう?ここがゴミ捨て場じゃないって。

サヨリを干物にして食す

新鮮な刺身をそのまま夕食に

タチウオと大き目のサヨリ10匹ほどはその日の晩御飯として早速刺身に。

タチウオはあんまりいいサイズではなかったですが、やはりこの時期ならではの脂のりでした。皮目を炙って食べやすくして食卓へ。家族でガツガツ食べて5分と経たずソールドアウト。

サヨリはもともと味が濃い身なうえプリプリとした弾力があります。なのでその日のうちに刺身にしても美味い。1日置いたらもっと味が濃くなってそれはそれで美味い。ただし傷みやすい魚ですぐに内臓がデロデロになるので、必ずその日のうちに内臓とエラと黒い腹膜は取り除いておきましょう。

食べきれないサヨリは一夜干しにしよう

さて、残るは25センチ前後のサヨリが20匹ほど。

f:id:digic:20161206125655p:plain

これは一夜干しにしちゃいましょう。干物は頭が付いていたほうが干物っぽいという私の固定観念があるので、頭は残して鮮度がいいうちに処理していきます。

サヨリの下処理

刺身にするにしても天ぷらにするにしても下処理が必要ですが、サヨリの場合包丁は使わずにキッチンバサミで処理できます。あとは歯ブラシがあればなお良し。

  1. まず全体をペットボトルの蓋でこすってウロコを落とします。サヨリの表皮は独特のにおいがあるので苦手な人は丁寧にやって取り除きましょう。
  2. エラ蓋を開いて下顎側のエラの付け根をキッチンバサミでチョッキン。
  3. 続いて肛門までハサミでチョキチョキしてお腹を開く。このときお腹を圧迫すると肛門からサヨリのウンチ的なもの(ビチビチ系)が噴射されるので気をつけましょう。
  4. 開けたら細長い内臓を取り除いて、頭側のエラの付け根をチョッキンしエラを除去。
  5. 続いて黒い腹膜を取り除きます。これが臭みの原因となり、見た目にもよろしくないのでキレイに取り除くべし。指でこすっても取れますが、流水をかけながら歯ブラシでこするのがオススメです。

以上でサヨリの下処理完了。頭を残さない場合は最初に胸ビレの後ろぐらいから首チョンパ(昭和フレーズ)すればエラと頭ごと処理できて楽です。

開いてから塩水に漬ける

干物や天ぷらにする場合は下処理したサヨリを開いていきます。

細長い魚なので包丁を頭から尾まで1回通すだけで開けます。干物にする場合はそのまま、天ぷらにするなら開いたあとに中骨をすき取りましょう。15センチサイズのエンピツサヨリなら開かなくても骨ごと食べられます。

続いて干物にするため塩水に漬けます。どの魚でも私はとりあえず5%の濃度にした塩水で1時間というのを基準にしています。これだと塩気が無さ過ぎるということもないし、しょっぱくて食べられないということもありません。あとはその時の経験をふまえて魚の種類や脂ののり具合で都度調整。

塩水にはお酒を足しておくとより風味豊になります。

干し網で干す

付け終わったらザルにあげて水気を切ります。あとはこれを干すだけ。

1匹ずつキッチンペーパーで水気をとって干し網に並べていきます。干し網はダイソーでも買えますよ。野菜干しって商品名で園芸コーナーにあったりします。

f:id:digic:20161206131853p:plain

風通しのいいところで一日程度陰干しします。身側の表面を指で触ってくっつかなくなったら一夜干しの出来上がり。身は半生で生ハムのような触感になっていると思います。

あとは軽く炙って食べるだけ!

出来上がりがこちらになります。表皮の銀色と下顎の先にある紅色が残っているのが新鮮なまま干物にした証拠。

f:id:digic:20161206132432p:plain

裏返すと透明感のある身がなんとも上品。

f:id:digic:20161206132749p:plain

これをこれで…

f:id:digic:20161206132841p:plain

「ゴーォォッ!」とすると。

f:id:digic:20161206132927p:plain

こうなる。

f:id:digic:20161206133005p:plain

そして食べると…美味い!(テーテッテテー♪)

いや別にバーナーで炙らなくともコンロで焼いてもいいしオーブントースターで焼いてもいいしストーブの上に置いても。身が薄いんですぐに焼けるし、鮮度がいいまま処理をしたなら軽く火が通る程度で大丈夫。

やってみると干物を作るのは意外と簡単なので、サヨリに限らずいろんな魚でお試しください。冷凍すれば保存もきくし。

2016年12月04日@南芦屋浜ベランダ釣果まとめ

それなりの数とサイズのサヨリが揃えられたので満足してたら、タチウオのおまけまで。もしかしたらと思ったら試してみるモンですね。

タチウオ終了の鍵をにぎる水温をみてると、いまのところ去年よりも若干高く推移しているようです。寒気がはいらなければもしかすると去年以上に長くタチウオ釣りが楽しめるかもしれませんね。

私はそろそろ釣り納めかな?とこの時期毎回言ってるような…

釣果情報

  • 釣行時間:2016年12月04日(11:00~15:15)
  • ポイント:南芦屋浜ベランダ
  • 天気:うす曇→くもり→雨
  • 気温:この時期としては暖かい(過去天気
  • :釣りには支障ない程度の北東風
  • 自分の釣果:タチウオ×1、サヨリ×30、カタクチイワシ×4
  • 周囲の釣果:上に同じ

料理方法

  • タチウオ:炙り刺し、骨と頭は出汁に
  • サヨリ:刺身、干物、余った骨は出汁に
  • イワシ:冷凍しタチウオのエサに

南芦屋浜 釣り場情報(2016年12月04日時点)

  • 交通手段:自動車がベスト、電車だと最寄駅からかなり距離があるためバスなどの移動手段が必要
  • 駐車場:ミズノスポーツプラザの駐車場が24時間利用可能で200円/1時間かつ上限1000円、ベランダ直近の市営駐車場は朝8時半から駐車可能で200円/1時間(最初の30分無料)上限設定無し
  • トイレ:駐車場付近に男女別トイレあり(多目的トイレも併設)
  • 安全性:1m以上のフェンスあり、いつも混雑気味なのでキャスト時は周囲に注意
  • ゴミ箱:ゴミ箱は設置されていないので必ず持ち帰ること。トイレ横のスペースはゴミ捨て場じゃない
  • 喉が渇いたら:ドリンクの自販機が砂浜の東側トイレ横にあり、ミズノスポーツプラザの駐車場にもあり
  • お腹がすいたら:中央の市営駐車場のそばにイタリアンレストランと和風カフェあり、島内にコンビニとスーパーとファミリーレストラン等もあるが徒歩で往復30分以上かかるのでちょっと遠い
  • 近隣釣具店:フィッシングマックス芦屋店が車で10分以内の距離にあり
  • コンビニ:セブンイレブンが島内にあるが徒歩で往復30分以上かかる
  • 釣りに飽きたら:西側に磯遊びが出来る場所がありカニやヤドカリなどの水棲生物や小魚が捕まえられる、砂浜があるが遊泳は禁止