関西ファミリーフィッシングの雑記帳

安く釣って美味しくいただく!家族と一緒に楽しむための初心者向け釣り情報

私が釣りを再開した理由そして20年ぶりの釣行

そうだ釣りがあるじゃないか

私が20年ぶりに釣りを再開したきっかけの一つ。それは息子が小学生になったタイミングで、何か共通の趣味でも持てればなと考えたときに「そうだ釣りがあるじゃないか!」と思い出したことです。

私も小学生当時は父親と釣りをしていました。息子は生き物大好きっ子だしぴったりじゃないか!(膝ポン!)

20年ぶりの釣りに選んだ場所は兵庫突堤 しかし…

どこで釣りしよう?

思い立ったのは2014年5月の連休。幼少期のおぼろげな記憶を掘り返すと、そろそろサビキで魚が釣れ始める季節のはずです。さてどこで釣ろう?須磨、平磯、尼崎あたりの海釣り公園が鉄板だろうけどあんまり金がかかるのもなあ。他にいいところはないかとネットで調べました。

兵庫突堤でサビキをしよう

流れ流れてフィシングマックスの釣果情報に辿り着き「兵突でカタクチイワシ爆釣!」の文字が目に。兵突って何?なになに兵庫突堤の略…場所は…ハーバーランドの近くか。車で釣り場まで乗り入れられるの?こりゃ便利!かくしてGWに兵突で釣りをすることに決めました。息子も連れて行こう。これが記念すべき20年ぶりの釣行となりました。

f:id:digic:20150511212936j:plain

20年ぶりの第一投

自宅から一時間強、やや遅めの時間に着いてしまい混雑していましたが、たまたま車一台入れそうな隙間を見つけてそこで釣りをすることに。川崎のドック前です。

早速仕掛けをセット。20年のブランクがあるのにラインの結び方は手が覚えていました。早速アミエビをカゴに詰め海に落とします。底をとってカゴを海底にコツコツ。20年ぶりの感覚。海はいいなあ。…すると早速!「おしっこ〜」と息子。

トイレがきたない

仕方ない。トイレがあるというのは調査済みだったのでテクテク歩いて探します。「あったあったここだ、うわっ!きったなぁっ!」というのが率直な感想。男子ならぱっと済ませられるでしょうが、3歳の娘を連れてここは無理だなと思いました。妻も嫌がるでしょう。釣り人のものと思われるごみの放置もひどい。アミエビのパックが散乱しています。

気を取り直し釣り場に戻ってアミエビを詰めなおす。おっと手が汚れた。20年ぶりでも相変わらずアミエビは臭い。水汲みバケツがあるので海水で洗えますが、真水で洗いたい。さっきのトイレに水道あったな…。またあそこか…。うーん。

転落注意!車にも注意!

f:id:digic:20140506103946j:plain

ふと見ると、息子が海を覗き込んでいます。あ、危ない落ちるで!と注意。港だから当然なのだけど、兵突の岸壁に柵なんてものはありません。15cm程度の車止めのみ。

垂直な岸壁、万が一落ちたら自力で上がって来れるところもない。恥ずかしながらライフジャケットも付けていない。当たり前のことですが改めて考えると海って怖いなとそのとき感じました。

f:id:digic:20150511082122j:plain

しかし釣れない。喉が乾いたし小腹も空いた、確か近くにコンビニがあったけど歩くにはちょっと遠いなあ、などと考えていると、背後でドンッと衝撃音!

振り返ると軽ワゴンとレクサスが出会い頭の衝突事故を起こしていました。港内の道路は広いし信号などあるはずもないので、運転が散漫になるのも分からなくない。海も危ないけど背後も車が通るし、子供から目が離せないなあ。

もう…帰ろう…

一方、近くではいわゆるDQN風ファミリーが釣りをしながらBBQをしていました。いやいや待て待て、ここは港だ、たぶん火気厳禁。しかもいちいち声がデカくて頻繁に子供を怒鳴りつけている。否が応でも意識がそっちに向いてしまう。う~ん不快。

依然、サビキには何の反応も無く。子供も飽きてきています。いい加減フラストレーションが溜まってきた…。俺は何をしにきたんだ…。もう…帰ろう。かくして私達は兵突を逃げ出したのでした。

なお、その時の釣果は保険で投げておいたブッコミ仕掛けに食いついたハゼ1匹のみ…。産卵後だったのでしょうか、痩せてガリガリでした。カタクチイワシは早朝の時合いだけだったようです。

f:id:digic:20140506100600j:plain

家族で釣りに行くのは大変だから場所選びが肝心だ

少なくとも現段階において兵庫突堤は私の家族での釣りに向いていないと判断しました。子供がもう少し大きくなればまた違ってくるかもしれませんが。

以降、家族と共に釣りに行く場合は、いくつかの条件を満たす釣り場に限定することに。安全なこと、トイレがあること、水道があることなどなど。たぶん、小さい子供や女性と釣りに行く場合は同じような条件を満たす必要があると思います。

というわけで、ファミリーフィッシングで重要視すべき釣り場のポイントを記事にまとめましたのでご参考に。

関連記事 

当サイトは「Amazon.co.jpアソシエイト」に参加し商品の宣伝を行っています